叔父さんにマッサージしてもらってたら気持ちよくなって

この体験談は約 3 分で読めます。

私は20代後半、相手は母方の叔父さんで、15歳差なので40代前半。
遠方に住んでるので、会うのは数年に1回くらい。
もともと見た目も若く見えるタイプで、叔父さんっていうよりは“年の離れたお兄ちゃん”的な感覚でした。
話もしやすくて恋愛相談なんかも聞いてくれるし、甘えさせてもらえるのが嬉しくて、ついつい距離感が近くなりがちな相手でした。
(恋愛感情は皆無だったけど)

最近彼氏と別れて、せっかくの長期休暇は暇だし寂しいし、愚痴でも聞いてもらおう!と、バツイチで一人暮らしの叔父さんのところに旅行に行くことにしました。
2人で家でお酒を飲んでいたら、腰痛と猫背の話になって、マッサージとストレッチをしてくれることになったんです。
肩とか腰とか背中がひどく凝ってるので、ありがたくしてもらうことに。
2時間くらいかけて肩や背中はもちろん、デコルテあたりまでリンパマッサージをしてくれました。
まぁ上手で、痛気持ちいい感じ。

ただ問題は、私ってMなんですよね(笑)
だんだん性的にも気持ちよくなってきちゃって、なんかバレてる感じ。
あと、やたらとボディタッチが多いけど、まさか姪っ子に本気で手を出してくるとは思ってないから、こっちも軽く誘惑しちゃえくらいな感じで、スリルを楽しんでるようなところがあったんです。

冗談で、「若い女に触れて良かったねw」みたいな感じの会話をしてたんですが、そうこうしてる間も、揉んでいる手つきが明らかにエロい。
というか、普通に胸を揉んでくるし・・・。
ちょっと焦るけど、今さら「やめて」とは言えなくて。

さすがに乳首に指が触れてきたら、私も我慢できなくなるから止めようとした瞬間。
いきなり乳首を舐められ、思わず声が出てしまって。
また、それが気持気持ちよくて・・・。
しばらくは形だけ抵抗したけど、私が本気で嫌がってないのは叔父さんもわかってるからやめてくれません。

結局、服を脱がされて、全身にキスされて、舐められて、軽くイッちゃう私。
欲求不満気味だったから、すごくにヌルヌルになってるところ舐められて、溢れた蜜を啜られて。
クリを舐められながら指を入れられると、それだけでもうダメでした。
はじまった頃は、(さすがに挿入までしちゃったらまずいよね?)とか思ってたけど、もうそんなことは頭から飛んじゃってました。

でも、一応やめる機会は作らないとと思う、どこか冷静な自分もいて、「叔父さん、酔ってるの?」と聞いてみました。
そこで冷静に戻ってやめてくれればそれでいいし、それでも最後までしてくれるならラッキーみたいな感じで(笑)
まあ、明らかにシラフなのをわかってて聞いたんだけど、叔父さんに「うん、酔ってる」ってキスされながら抱き締められて、もうすごく気持ちよくて。

ここまで来たら、もうやめれないです。
そのまま生で挿入。
(生理痛の関係でピルを飲んでることを叔父も知ってるので、大丈夫だと思ったんでしょうね)
太くてちょっと苦しいけど、ゆっくり奥まで入れられるのがすごく気持ちいい。
奥をつつかれると、すぐにイッちゃう。
体位を変えながら私は何回もイッてるのに、叔父さんは全然平気そう。
そのうち私が疲れてギブアップ。
そのまま裸で一緒に寝ることに。
頭をなでなでされて、気持ちよくて寝ちゃいました。

どのくらい寝たのかわからないけど、夜中に目が覚めて横を見ると叔父さんも寝てました。
ピタってくっついてもう一度寝ようとすると、なんか手が伸びてきて胸を揉まれました。
最初は寝ぼけてるのかと思ったけど、それにしては動きが正確・・・。
寝たふりしてやがったな(笑)
全身を触られ、指でまた何回かイカされ、再び生挿入。
結局、最後はバックで背中に出されてフィニッシュ。
再びぐったりして二度寝しました。

朝、目が覚めたのは私が先でした。
私ももう大人だし、同意の上でのことだけど、やっぱり少し悩みます。

(どうしよ、気まずくない?)って。

そしたら、また叔父さんの手がモゾモゾと動きはじめて・・・背中から抱き締められる形で寝ていたので、腰のあたりに硬いのが当たってるし。
叔父さん、20代の元彼より元気かも。
結局、朝からエッチしちゃって、やっぱり私が先にギブアップ。

その後だけど、心配していたような気まずい感じにはならず、いつも通りに会話できるからちょっとひと安心。
もしも近くに住んでたら、ちょくちょく叔父さんとエッチしたくなるかも(笑)
罪悪感とかは別にないけど、叔父さんはどう思ってるのかな?
よくわかりません。

でも、もし機会があればまたしたいと思ってるあたり、ちょっとハマってますね。
叔父さんと一緒に旅行とかもしてみたいかも・・・。

タイトルとURLをコピーしました