妻の妹とコタツで生セックス

この体験談は約 3 分で読めます。

俺は42歳、妻は35歳。
去年の1月、妻の妹(里美、30歳)を呼び、家で鍋をつつきながら酒を飲むことにした。
酒も回り、里美はエロトークに。

「私、最近全然してないんだ。欲求不満だよ。お姉さん、誰か紹介して。お義兄さんみたいな人」

「え?俺みたいなのでいいの?」

隣に座っている里美が、こたつの中で俺の下半身を触ってきた。
びっくりしてチラ見すると、里美はポーカフェイス。
そのうち酔いが回り、いつの間にか俺は寝てしまった。

喉が渇きで目が覚めた。
部屋は豆電球の薄明かりだけ、すでに鍋は片付けられ、妻は寝室で眠ったようだ。
ふと見ると、里美がこたつの中でオナニーしていた。

「アア・・・お義兄さん、アア・・・いい」

(え?!俺をオカズにオナニー?)

里美を観察していると、薄目を開けて目が合い、俺に抱きついてきた。
そして俺の耳元で囁いた。

「お義兄さん、私を抱いて」

「寝てたんじゃないの?」

「お義兄さんの寝顔を見ながら自分でしてたの」

「まずいだろ、明美(妻)もいるし」

「お姉ちゃんならイビキをかいて寝てるよ」

確かに寝室からイビキが聞こえる。

「だめだよ、里美ちゃん」

「私、お義兄さんが好きなの」

「でも明美の妹だし」

「じゃあなんで、ここはガチガチになってるの?」

いつの間にか俺の下半身は脱がされ、里美にしごかれていた。
さすがにたまらなくなり、俺は里美を抱いてキスをした。
舌を入れるとすぐに里美も絡めてきた。
里美のあそこはびちゃびちゃだった。

「里美ちゃん、感じてるの?」

「うん。お義兄さんの舐めさせて」

俺のチンポからは我慢汁が溢れていた。
この状況に興奮した俺は、69にして里美のおまんこを舐め回した。

「アア・・・、お義兄さん、気持ちいい!」

クリを摘んだり、腟の中に舌を入れたり。
そのたびに溢れる里美のマン汁を飲み干した。

「アア・・・、お義兄さん、もう入れて?」

正常位にして里美のおまんこに静かに肉棒を差し込んだ。

「お義兄さんのが入ってくる・・・」

根元まで差し込むと・・・。

「ああ、気持ちいい!アン、いい!」

里美が大きな声をあげ始めた。
妻が起きるとまずいので、キスで里美の口を塞いだ。
腰を振りながら舌を絡め、唾液を飲ませた。

「お義兄さん、イキそう。アア・・・」

「俺もイキそうだよ」

「来て。お義兄さん!」

「イク!」

肉棒を抜こうとした瞬間、腰に足を絡められ、里美の中に出してしまった。

「ウウッ・・・」

ドピュ、ドピュ、ドクドク・・・。

「アア・・・。お義兄さんの精子がいっぱい入ってくる」

「ヤバいよ、ヤバいって」

「大丈夫。私、ピル飲んでるから」

ほっとしたが、妻の妹としてしまった・・・。
罪悪感に駆られながら、今も里美との関係は続いている。

タイトルとURLをコピーしました