文具店のオジサンと秘密のエッチ

この体験談は約 3 分で読めます。

私(ゆか)が小学校4年生の時でした。
シャッターだらけになった近所の商店街に文具店がありました。
私はよくそこに行っていました。

お店の奥に、10円で5分間、好きなゲームが出来るパソコンがありました。
あまりゲームが得意じゃない私でも出来るパズルゲームを楽しんでいました。
お店に私以外のお客がいないときは、文具店のオジサンがタダでプレイを延長してくれたのです。

その日も私1人、コントローラーを手にディスプレイの前に立ってゲームをしていたら、いきなりオジサンが後ろから私のパンティーの中に手を入れてきたのです。
びっくりして声が出ませんでした。
私は2年生くらいから、ワレメを指で弄って気持ち良くなるオナニーを覚えていましたが、パンティーの上から弄っていたので、他の人の・・・男の人の・・・しかも直接ワレメを弄られたのも初めてのことでした。
でも・・・すごく気持ち良かったんです。

オジサンは私を抱き上げてレジの奥に連れて行きました。
そこにあった背の倒れた椅子に私を寝かせると、オジサンは私のパンティーを脱がせて脚を広げました。
急に脚の間に、ペンチで挟まれたような痛みを感じました。
脚の方を見ると、オジサンがチンチンを脚の間に押し込んでいるのがわかりました。
これが前に友達に教えてもらって図書室の本で読んだセックスだなと思いました。

「ゆかチャン・・・可愛いな・・・気持ちええで・・・」

オジサンはうっとりした顔で言いましたが、私はワレメが痛くて、オジサンの顔が涙で滲んできました。

「お、おお・・・」

痛みがなくなりました。
オジサンがチンチンを抜いてくれたのです。

「ゴメンな・・・ゴメンな・・・痛かったんやな・・・」

そう言うとオジサンは私の脚の間に顔を寄せました。
私は、たった今まで感じていた痛みがスッと消えて、たくさんのちっちゃな指が小刻みにワレメを撫でてくれるようなくすぐったさでいっぱいになりました。
オジサンが私のワレメを舐めているんです。

(おしっこの出てくる所を舐めるなんて、嫌な臭いがするんじゃないかな?)

そう思いましたが、その気持ち良さを教えてくれたオジサンが好きになりました。
それからは時々、ゲームなんかそっちのけで文具店に行って、お店の奥でパンティーを脱ぐようになりました。

「誰にも言うたらアカンで。オレとゆかチャンだけの内緒やで」

オジサンはそう言って私のワレメを舐めてくれます。
そしてチンチンを私のワレメに突っ込んできます。
初めはあんなに痛かったのに、オジサンにワレメを舐めてもらってからチンチンを突っ込んでもらうと、それも気持ち良くなりました。

そしてある日、オジサンはチンチンを私の唇に近づけました。

「オレのチンチンも・・・舐めてくれや」

私はいつもワレメを舐めてもらっているから、おしっこの臭いを我慢しながらチンチンを舐めました。
チンチンが私の口の中で硬くなると、オジサンは口の中に指を入れてきて・・・。

「ここ、ここを舌でクチュクチュして欲しいんや」

チンチンの先っぽのくびれた所を示しました。
私が言われた通りにするとオジサンは・・・。

「おお・・・おお・・・上手やなぁ・・・ゆかチャン、チンチン上手に舐めてくれるなぁ・・・」

そう言って私の頭を強く押さえました。
直後、私の口に臭いモノが噴きつけられました。
慌てて吐き出してしまいました。
オジサンは私の口を拭いてくれました。

「ゴメンな・・・男はチンチンが一番気持ち良くなったらこんなんが出るんや・・・そやけどこれ、悪いもんと違うからな」

オジサンは私を抱き締めて言いました。

「ゆかチャンも、これから好きな男の子が出来たら、チンチンを舐めてやったらエエねんで。ゆかチャン、舐めるの上手やから、男の子は絶対ゆかチャンから離れへんようになるから。その時はチンチンから今みたいなモンが出たら、ちゃんと飲み込むんやで」

好きな男の子のチンチンを舐める!
それは私にとって、すごい憧れになりました。

タイトルとURLをコピーしました