痛がることなく生でアナルセックスをしていた彼女

この体験談は約 3 分で読めます。

この前、仕事の同僚であり、僕の彼女である理恵のセックスを見てしまいました。
21時頃にレジ締めをやった後、同じチェーン店のお店の前を通過して帰るんですが、見慣れた彼女の車が停まっていました。

(もう店は閉まっているのにどうしたのかな?)

僕は車を路駐して気づかれないように、バックヤード側のシャッターから店を覗きに入りました。
このS店は店長が山田先輩(既婚者)で、僕はよく応援で来るので合鍵を持っていました。
店の中は閉店後で電気が消えていて暗く、奥の事務室だけが明かりが点いていて、事務室は腰の高さから上は全部ガラスでした。

(まさか・・・)

そう思い、事務所を覗いてみようと思いました。
事務所から少し離れたところにバックヤードがあり、そこからは事務室が丸見えでした。

僕が覗いた時にはすでに理恵は全裸で、山田先輩は椅子に座っていて、その前に跪いて理恵はフェラをしていて、お尻の穴が丸見えでした。
顔を上下するたびに見慣れた理恵の肛門が開いたり閉じたりしていました。
山田先輩の竿の側面を舐めたり、先端の部分をチロチロと舌先で舐めたり、ズズッと音を立てて吸い込んだり、時間をかけて理恵はフェラしていました。

(オレの時よりも丁寧じゃないかよ・・・)

理恵は興奮しているのか愛撫された後なのか、アソコの毛は濡れていました。

(山田先輩と理恵は仲がいいと同僚からは聞いていたけど、仲がいいにも程があるだろ・・・)

もう言葉も出ませんでした。
山田先輩は35歳で、結婚していて子供もいるのに、赤黒く光ったモノを理恵に生のまま挿入しました。
21歳の理恵はスレンダーで胸はAカップくらいですが、お尻はそこそこ大きくて、プリンとしたいいケツをしています。
山田先輩はそのお尻を掴みながら、立ちバックで腰をガンガン振っていました。

理恵「奥、奥に当たってるっ・・・山田先輩、もっと・・・もっとっ・・・。理恵気持ちいいのっ・・・あっあっ・・・山田先輩、理恵イッちゃいそうなの。あんっ・・・もうだめ・・・理恵イッていい?山田先輩、理恵イッていい?・・・イクッ・・・」

立ちバックの体勢で理恵がイッたのを見届けると、山田先輩は「中でイクぞ」と言い、腰を振るのが速くなりました。

理恵「今日は(赤ちゃんが)できちゃうかも知れないからダメっ。お尻の穴の中ならいいよっ、理恵のお尻の穴に出してっ!」

普段の僕とのセックスでは考えられないような言葉。
僕にはアナルを舐めるのも許してくれないのに・・・。

山田先輩は理恵のお尻にオチンチンを入れると、後ろから小ぶりな胸を揉みながら腰を振り始めました。
理恵は痛がらずに山田先輩のモノを肛門で受け入れています。

(もしかして何度もアナルでやらせてるのかな・・・)

そう思ってしまいました。

「ああっ、理恵っ愛してるよっ。理恵のお尻の穴でイクよっ!すごい締まる・・・」

山田先輩はすぐに理恵のアナルに中出ししました。
オチンチンを抜いた後もしばらく理恵の肛門はガボっと開いたままで、そこから茶色く濁った精子が流れ出てきて、お尻の周りも茶色い液が飛び散っていました。

とても興奮しましたが、さすがに理恵とはすぐに別れました。

タイトルとURLをコピーしました