彼女に浣腸されてアナル舐め&手コキで撃チン

この体験談は約 3 分で読めます。

最近、彼女の方向性が変わってきました。
今まではドМだったんですが、ホルモンバランスの変化のせいか、「私が色々やりたい」と。

そして最初に彼女が選んだのが浣腸。
私は全裸になって四つん這いにさせられます。
彼女はバケツほどもある大きなボールにお湯を入れて持ってきます。

「40度くらいが一番いっぱい入るのよ」と。

ぬるいお風呂くらいです。
彼女は医療関係に進もうかと思っていたくらいで、とても手際が良いです。
指でワセリンをアナル奥まで塗り込まれ、「口で息をして『あー』って言って」と言われたので、「あー」と言うとすっと浣腸が入ってきて、ゆっくりとお湯が注入されます。
お腹の中が温かくなってきて、結構気持ちいいものだと知りました。

「辛くなったら言ってね」

彼女は優しく言い、どんどん浣腸をします。

「いっぱい入るね、えらいえらい」とか言いながら。

6本くらい入った段階(浣腸器は100ミリリットルなので600ミリリットルくらい)で一度、便意が強くなりました。

「ちょっと出そう」

「じゃあ1回立って」

直立させられ、アナルを指で強く押さえられながら、いきなりフェラ。
気持ちよくて勃起してくると一旦便意が収まってきます。

「楽になった?」と聞かれて、「気持ちいい」と答えると・・・。

「じゃあ、また四つん這いになって」

勃起したまま四つん這いになって、100ミリリットルのガラス浣腸器で1本入れては、四つん這いのまましごかれます。
これを繰り返されるんです。
だんだん前も後ろも限界に近づいてきました。

「もう限界だよ、出ちゃう」

「どっちが我慢できないの?」

そう言ってまたしごかれます。

「どっちも限界!」

必死になって訴えるんですが・・・。

「じゃあ、どっちが出ちゃうか見てみようね」

って、また浣腸。
全身に鳥肌が立ってきて、それを見て彼女が・・・。

「どっちが限界?」

「両方だけど、漏れそうだからトイレに行かせて」

哀願するはめに。

「しょうがないなー」と言われながらトイレまで連行されます。

洋式便器に座ると彼女は目の前に立ちました。

「出そうなの?」

「出る、出る」と言うと、「あら、そう」と言って便器に座る私の脚の間に自分の脚を分け入れてきて、「さあ、出してごらん!」と。

「出さないと出て行ってあげない」と言ってお腹を押してくるんです。

こんな時なのにまだ勃起しているのに気付いた彼女は・・・。

「じゃあ、これを握っていてあげるから」

そう言って亀頭のあたりを握ります。
もう限界なので、「出るー!」と言いながらアナルを緩めると、激しく液体が出る音がしました。
それと同時に彼女は激しく亀頭をしごきます。
私は自分でも聞いたこともないような、「あーーー!」という奇声を上げて排泄しながら射精してしまいました。
彼女は「すごーい」と喜び、「終わったらきれいにしてあげるからね」と言い残してトイレから出て行きました。

それから何十分か、何度も繰り返す便意と戦い、落ち着いた頃に出ると・・・。
また彼女の前で四つん這いにされ、赤ちゃん用のお尻シートで入念に私のアナル周辺や亀頭などを拭きあげ、そしてアナルを大きく開くと、いきなりアナルに舌を入れてきて舐めあげます。
それが変に気持ちよくてまた勃起してしまった私は、アナルの奥まで舐められながら手コキでまた射精させられました。
射精する瞬間、彼女はまた亀頭を口に含み、精液を飲み干した後、お掃除フェラですべてを舐め取ってくれました。

これ、癖になりそうです。

タイトルとURLをコピーしました