清楚なJDが穿いてたドエロの黒パンで息子を包んで

この体験談は約 3 分で読めます。

同じサークルの4人で宅飲みしてた時の話。
酒に弱い俺は開始1時間でくたばって寝てたけど、その間も他の3人は飲み続けていた。
1時間くらいして目覚めた俺はほろ酔い状態だったわけだけど、俺には酔うと人に一気飲みをせようとする悪い癖がある。
すでに2時間も飲み続けている他3人に一気を強要する俺。
止まらない一気とリバースの連鎖。
その時、俺だけは一気をせずにチビチビと飲んでいたが、結局3人はそのまま倒れるように寝てしまった。

その後、一気させた申し訳なさに、空き缶の片付けや床の掃除を1人黙々とこなしていると、ふとトイレに行きたいなぁと思った。
でも全員吐いてたし、臭いとかヤバイんだろうなーとか、流してなかったらどうしようとか考えてた時・・・。

(そういえば、直前にトイレ入ってたのは◯◯(女)だったよな)

という重大な事実を思い出した。
その瞬間まで考えもしていなかったが、結構タイプで可愛い子だったので、急に興奮してきた。
期待と緊張を胸にトイレにGO!

しかし、その子が吐いた痕跡は何一つなかった。
ガッカリしてトイレを出た俺だが、隣にある風呂の扉が目に入った。
その時、この家に入る時に、「お風呂場に物を詰め込んだから開けないでね!」と彼女に言われたことを思い出した。
部屋の前で10分ほど待たされたのだが、その間に片付けをしていたのだろう。
本人も部屋は散らかす方だと言っていたので、それらをとりあえず中に押し込んだのだろう。
そういえば、「脱いだ服とかも結構散らかしっぱなしだよー」という会話もしたっけ。

俺の足は真っ直ぐに風呂場の扉へと向かった。
一瞬良心の呵責を覚えたが、興奮した俺を止めるものは何もなかった。
そーっと、音を立てないように風呂場の扉を開けた。
中には雑誌や漫画、化粧品のポーチなどが無造作に置かれていた。
その中に使用後であろうタオルや靴下などを発見して、俺は勝利を確信した。
少し奥に進むとタオルが被せられたカゴを見つけた。

(これに間違いない!)

確信してタオルを捲ると、そこには寝巻きであろうTシャツとハーパン、普段着などが重ねられていた。
震える手で1枚1枚どかしていく。
靴下やキャミなどの下着類が現れ、さらにその下に・・・。
普段は清楚なキャラであるはずの子が身に着けていそうにない、黒のパンツとブラが発掘された。
鼻息が震え、手足が震え、息子が震え、酔ってんのかどうかも分からないくらい俺は興奮していた。

後ろをチラッと確認して、ドアを閉め忘れてたことに気づきドアを閉めた。
急にドアを開けられても言い訳が出来るレベルの所に移動してしゃがみ、まずはブラの匂いを嗅いだ。
何と言うか・・・言い表せない女の子の匂いがした。
この時点でもう息子は達しそうな勢いだった。

パンツを確認すると、クロッチ部分には白いカサカサの何かがついていた。
それが何かは童貞の俺には全く分からなかったが、不可侵の局部が見られただけで俺の理性は大変なことになった。
もう抜きたい気持ちで限界だった俺だが、さすがに風呂場で抜くわけにもいかず、ブラはポケットには収まりきらなかったので、パンツだけ獲って、また細心の注意を払って風呂場を出た。

そのままそーっとトイレのドアを開け、鍵を閉めた。
この時点で俺は勝利を確信して息子を解放した。
あそこまで成長した息子を今まで見たことがない。
そして俺は、その息子に風呂場から拝借したパンツを被せた!
イクのに10秒もかからなかった。
自分の名誉のために言うが、決して俺は早漏ではない。
だが、この時の興奮はこの先、決して味わえないだろう。

清楚で、セックスのセの字さえ知らなそうで、『自称彼氏いない歴=年齢』の美少女のドエロい黒パンが俺の息子を包んでいる。
それを上回る興奮が、この世にあるだろうか。
否!

渾身の射精を終えると、俺はそっと風呂場にパンツを戻して、何食わぬ顔で眠りに就いた。

タイトルとURLをコピーしました