温かくてめっちゃ緩い母のおまんこ

この体験談は約 3 分で読めます。

あれは1年前。
まさに事故とも言える出来事だった。
僕はその夜、AVを観て1人で盛り上がっていた。
その時、カラオケボックスに行ってた母からの電話。
タクシーで帰ると言ってたのに、結局迎えに来いと言う。
カラオケボックスに行くと母と近所の奥さん2人が異様に盛り上がっていた。

奥さんたちを送って家に戻ると、まだ興奮冷めやらぬ母がビールを持って僕の部屋に来た。
親父は出張でいない。
マジメで堅苦しい性格の親父は、いるだけで空気が重くなる感じ。
父がいないと母は弾ける。
小柄だけど、ちょっぴり太めで、可愛い感じの母。
いつもタイトミニっぽいスカートを穿いてる。
普段はそれほどエロく感じないけど、酔っ払って吐く吐息はエロく感じた。

「またエッチなの観てたんでしょう?アタシも見たーい」

いつもはうざいから出て行けと言う僕だけど、その夜は悪戯心が湧いた。
母にバイブや電マで責められまくりのビデオを見せてやった。
僕のベッドに越し掛けて、「え、あは、あはは」と喜んで観ている。
僕は無性に母のスカートの中に手を入れたい衝動に駆られた。
しかし、さすがにそんなことは出来ないので、ふざけて腰を揉んだ。

「きゃあ、エッチぃ」

「もう寝ろよ」

「いいじゃない、もっと観せてよ」

思わず後ろから引きずり倒し、母を抱き締めてしまった。
勢いで胸を弄る。

「あん、やめてぇ」

いい匂いがした。
首筋に唇を寄せた。

「きゃっ」

ブラウスの中に手を入れて、直接胸を触る。
乳首を摘んだ。

「あ、やん」

咄嗟に逃げようとした母を乱暴に引き寄せる。

「母さんが悪いんだからね・・・」

そう言って下に手を伸ばした。
あの部分を指先で擦る。
下着とパンス越しだけど濡れてきたような気がした。
さっとパンストごと下着を剥ぎ取った。
そしてうつ伏せにして指を差し込んだ。

「母さんが悪いんだから・・・」

「そう、私が悪いよね・・・」

母を四つん這いにして指の本数を増やした。
温かくて、そしてめっちゃ緩いおまんこ。
指3本でも楽々。
そしてペニス挿入した。

「アア、ちょっと、それはダメ!」

かまわず突っ込む。
めちゃくちゃに腰を動かした。

突くたびに「あん、あん・・・」と声を漏らす母。

やがて僕は頂点に達して母の背中に出した。
突っ伏したまま動かない母。
後悔はほんの一瞬で、背中の精子を拭き取ると、また僕は母のあそこを弄り始めた。
またすぐに勃起してきたので、今度は前から入れようと思い、母をひっくり返した。
母は上気したなんとも言えないエロい顔をしていた。

「ちょっと待って」

母は上も全て脱いで全裸になった。

「もう、だめでしょ?ちゃんとコンドームして」

さっきの「ダメ!」はそういう意味だったのか・・・。
母の言う通り、母のタンスからコンドームを持ってきた。
必死に突き上げる。

「ああ、いい!凄く、いい!」

母も時々腰を振った。

「すけべだな」

「あんたが悪いんでしょ」

2回目が終わった。
まだいけると思ったが、凄く疲れて眠くなった。
僕は母の身体を触りながら眠りに就いた。

起きたら昼前だった。
母は家事を済ませてテレビを観ていた。

「なんか食べる?」

「うん、でもその前に・・・」

僕はジャージ姿の母に襲いかかかった。

タイトルとURLをコピーしました