好きでもない男に無理やりされて悶てる自分に興奮

この体験談は約 9 分で読めます。

先日あったエロい話です。
私は高校を中退して居酒屋でバイトしています。
高校を辞めると決めるまでは引きこもりだったので、引きこもりから脱出できるならなんでもいいと、親は居酒屋のバイトを許可してくれました。
バイト仲間は私より少し上の人と、中年のおばさんなので、私を可愛がってくれました。
それまで家にいてずっと1人だったのに、自分の居場所があると思うだけで私は何でも頑張れました。
毎日営業終わりまでバイトして、他の人が休みを欲しいと言えば代わりに出勤して、私は一気にたくさんのお金を手に入れました。
こうやって人に必要とされて、そしてお金まで貰えるなんて、なんて楽しいんだろう!
私の毎日は充実していました。

ある日、私はバイト仲間の大学生の男の子(翔太君)からデートに誘われました。
全然タイプの子ではなかったのでどうしようかと思いましたが、断るとバイトしにくくなると思って行くことにしました。
待ち合わせ場所に行くと、車で来ていた翔太君は私を車に乗せました。

「時々親に貸してもらってるんだ」

嬉しそうに私に言いました。
ちょっとぎこちない運転にハラハラすることもありましたが、海を目指して走りました。
翔太君はニキビがたくさんあって脂っぽい感じでしたが、窓から吹き抜ける風を受けて眩しいくらいでした。
私はといえば、本来なら楽しいデートのはずが、早く終わらないかなと時間ばかりが気になっていました。
海沿いの海岸線を走りながら、カーラジオから流れる音楽だけが救いでした。
辺りも暗くなりかけた夕暮れ、翔太君が車を道路の脇に停めました。

「ずっと瞳ちゃんのことが好きだったんだ」

翔太君が緊張しているのはよく分かりました。
前を見据えて、私たちの車を追い越して行く車を見ながら話しました。
きっとそんなことを言われるんじゃないかと思っていましたが、やっぱりでした。
私としてはそんなことを言われても何とも思っていないので、(あ、そうですか)そんな感じです。
何も言わずにいました。

「瞳ちゃんは俺のこと、どう思ってる?」

「どうって?」

「好きとか嫌いとか」

「嫌いならこんなふうに遊ばないよ」

「そ、そうだよね。じゃあ・・・」

「でも、好きなのかと言われれば、よく分からない」

「分からないんだ。どうすれば好きになってもらえるのかな?」

「それって難しいよね」

車内には何とも言えない空気が流れました。
私はそれよりもおしっこがしたくなったので、なんとか理由をつけて帰りたくなっていました。

「あのさ、そろそろ帰らない?親が心配するから」

「うん、分かってる。でも俺は瞳ちゃんと付き合いたいんだ」

「・・・」

「付き合ってから好きになってくれたらいいなって思って」

「普通は好きになってから付き合うもんじゃないの?」

「じゃあ、どうしたら好きになってくれる?」

「それは・・・分からない」

話が簡単に終わらないのは目に見えています。
もうおしっこの限界が近づいていました。

「私、トイレに行きたいんだけど」

「ごめん、そうだったんだ」

「近くのコンビニに寄ってくれない?」

「うん、分かった」

また車を走らせました。
でもだいぶ田舎なので近くにはコンビニがありません。
その辺に停めて物陰でしてしまおうか、そんな考えが頭をよぎります。
でも物陰を探しても、いい感じの所がなくて、お腹が痛くなってきました。

「どこでもいいから停めてくれる?」

「あっ、ラブホならあるよ!」

「えぇ!それは困る。・・・ああ、もうそこでいいよ。漏れちゃうから!」

古い感じの建物で、あまりお客さんが入っていないような、ちょっと不気味なラブホテルでした。
でも、そんなことを言っている場合ではないのです。
私は一刻を争うほど猶予がありませんでした。
車庫に入ると我先にと部屋のドアを開け、トイレに一目散に入りました。
トイレの蓋が開いて便座に座り、ずっと我慢していたおしっこが出た瞬間に気が付きました。

(やだ!パンティーが途中までしか下がってない)

慌ててパンティーを全部下げてから残りのおしっこをしました。
そうです、私は直前で漏らしてしまったのです。
我慢していたおしっこを出しきると、解放感が半端なかったです。
ボーっとしているのも束の間、パンティーを汚してしまった現実が私を襲いました。
とりあえず汚れたパンティーは汚物入れに捨てました。

(困ったな、帰りのパンティーがない。どうしよう・・・)

トイレを出て部屋に戻ると、翔太君が心配そうに私を見ました。

「しょうがないとはいえ、ラブホに入っちゃったね」

「うん」

私の頭の中は、好きでもない男の人とラブホに入ったことよりも、今はノーパンだということしかありませんでした。
万が一ノーパンなのがバレたら変態と思われる・・・。
それよりも、おしっこを直前で漏らしたのがバレるほうが恥ずかしい。
どちらにしても恥ずかしいことに変わりはありませんでした。
ただ救いだったのが、相手が好きでもない人だったということです。

「遅くなったら親が心配するから帰ろうか」

「少しくらいならいいじゃない。とりあえずもう少ししたら帰るって電話したら?」

「・・・そうだね」

今の時間は親が家にいないので、遅くなるとメールしておきました。

「喉が乾いたからジュース飲まない?」

翔太君が冷蔵庫からジュースを出しましたが、私は首を横に振りました。
本当は喉がカラカラでしたが、漏らしたことを思うと、悠長にジュースなんて飲む気分にはなれませんでした。
翔太君は美味しそうにジュースを飲みました。
私は1人でソファーに座り、翔太君はベッドに腰かけていました。

「瞳ちゃん、今日はエッチする気で来たの?」

突然そんなことを言われて、私は大きな声で「はぁ?」と聞き返しました。

「だって、お毛々が丸見えだもの」

おしっこをした解放感から気が緩んで足が開いていたのかと思い、スカートの裾を引っ張って両足をギュッと閉じました。

「見えたの?」

「うん、見えた。さっきからあそこの毛が丸見えだよ」

「やだ、恥ずかしい。見ないで」

「瞳ちゃん、顔が真っ赤だよ。俺とする気でパンツを穿いて来なかったの?」

「違うもん!」

「またまた~。恥ずかしがらなくてもいいんだよ。いやらしいお汁が光ってたよ」

「恥ずかしいこと言わないで!」

私は漏らしたのを白状するのはやめて、穿いて来なかったことにしました。
翔太君は私が座っているソファーの横に座ってスカートを捲ろうとしましたが、私がスカートの裾を引っ張って抵抗すると・・・。

「今更なんだよ。いいじゃないか、見せたくてノーパンなんだろ?」

「違うもん!」

「だってノーパンでお汁が光ってたの見たよ、間違いない」

「もうやめて!」

「もう1回見せて」

「恥ずかしい。無理」

「やっぱりノーパンだったのか。最初からエッチする気満々ならそう言ってよ」

そう言うと、私が両手でスカートの裾を抑えていて胸はノーマークだったのをいいことに、翔太君は胸を触り始めました。

「どこ触ってるのよ!やめて!」

片手で胸を、片手でスカートの裾を抑えましたが、スカートを捲られてしまいました。

「いやー!」

私がパンティーを穿いないのを無理やり曝け出されてしまいました。

「ほら!やっぱりそうだ。どれどれ~」

そう言って私のおまんこに手を当てました。

「ダメ!やめて!そんなのズルいよ!」

翔太君はクリトリスを触りました。
いきなりクリトリスを触られて頭がジンジン痺れました。

「クリトリスが気持ちいいって、赤くプックリ膨れてるよ」

「ああ、ダメって言ってるでしょう!」

「ほら、こんなに濡れてるのにダメってことはないだろう」

クリトリスをグリグリと触られると、私は恥ずかしさで顔が熱くなるのが分かりました。
手で隠そうとしても、おまんこを覗き込んで指を中に入れてきました。

「ダメだって、そんなことしないで、お願い」

「分かった、優しくするから、1本だけ入れるよ」

「そうじゃなくて、ダメだって」

私は抵抗しても何度もクリトリスを触ってきて、とうとうクンニまでしてきました。

「ダメダメ!ああん、もぉ~ダメだって。おしっこしたばかりで汚いし」

「瞳ちゃんのおしっこの味がする。お汁と混じっていやらしい匂いがする」

翔太君がペロペロとクンニをすると、スカートの裾を抑える力が抜けてきました。
翔太君がおまんこを舐めると気持ち良くて、好きでもない人に舐められているのに、もっと舐めてもらいたい気持ちになりました。

「ダメ、やめて。お願いだから~」

「ダメって言ってる割りにはお汁がすごいよ。気持ちいいんだね」

「そんなことないよ、嫌だもん、ダメだよ」

翔太君がクリトリスを吸いながらおまんこに指を入れると私はイキそうになりました。

「イキたいならイッていいんだよ。我慢しないで」

「イキたくなんかないもん。嫌だもん」

翔太君がおまんこを舐めながらクリトリスを刺激するので、我慢しましたがイッてしまいました。

「可愛いよ、瞳ちゃん。大好き」

好きでもない人にイカされてプライドがボロボロです。
おっぱいを服の上から揉まれて、服を脱がされました。

「嫌だって言ってるのにやめて」

そうしているうちに翔太君も裸になり、チンチンを出しました。
勃起したチンチンを舐めてとばかりに私に見せました。
私がしらんぷりをしていると・・・。

「そんなことしていいの?またイカせちゃうよ。入れてって言っても入れないよ~」

「いいもん、もうイカないもん」

またクンニしながら指を入れてきました。
少し触られるとすぐにイキました。

「お願い、もうやめて、許して」

「だめ、『お願いします、入れて下さい』って言うまでやる」

そう言って、おまんこに指を入れ掻き回しました。
気持ち良くて頭がボーっとします。
本当は入れて欲しいのに、それが言えないもどかしさ。

「ダメ、お願い、やめて。頭がおかしくなる」

「じゃあ何て言うの?」

「・・・言えない」

「言わなきゃずっとやるよ」

「分かった、お願い、入れて・・・」

「違うだろ?『瞳のいやらしいおまんこに入れて下さい』だろ?」

「もう・・・瞳のおまんこに入れて下さい」

「最初から素直に言えば、もっと気持ちいいのに~」

翔太君は正常位で入れてきました。
女性に対してとても手慣れた感じで、おまんこにチンチンをズッポリ入れました。
おまんこの中で暴れ回るチンチンに、またイッてしまいそうでした。

「あ、またイッちゃう!ダメ、そんなに動いちゃ」

気持ち良さにお汁がダラダラと出ていました。
好きでもない男性とセックスして、こんなに気持ちいいなんて、瞳の淫乱!
私の腰が勝手に動いてしまいます。
翔太君のチンチンが気持ちいい所に当たるように陰部を擦りつけるように腰を動かしました。

(気持ちいい!)

翔太君は一度チンチンを引き抜くと、私をうつ伏せにしてお尻を突き上げさせ、上の方からチンチンを突き挿しました。

「ああ~それ反則。ダメだって~本当にダメ」

構わず翔太君はチンチンを出し入れして、私のお尻を叩きました。
私は好きじゃないのに、どうして体は翔太君のことを求めてしまうの?
バックから私の気持ちいい場所を知っているかのように、ピストンしてきました。

「このままじゃ気持ち良くて出ちゃうよ」

そう言ってチンチンを引き抜くと、私にフェラするように言いました。
私は仕方なくフェラしてあげました。
翔太君は嬉しそうに私の頭を撫でました。

「瞳ちゃんってフェラが上手だね。ほら、おっぱいも触ってあげるよ」

フェラしながら、おっぱいを揉まれました。

「ああ、気持ちいい。ダメだ、出ちゃう」

私の口からチンチンを引き抜くと、今度はコンドームを被せて正常位でチンチンを入れました。
私たちは初めてキスをしました。
どうしてこんなに体の相性がいいのだろう。
翔太君はキスも上手で、舌を絡めていると興奮しました。
チンチンがおまんこに擦れて、気持ちいいのでお汁がどんどん溢れてきます。
おっぱいを舐められながらチンチンを出し入れされていると、またイキそうになりました。

「ダメ、イク、イッちゃう!」

そう言ってガクンガクンと震えました。
翔太君が優しくキスしてくれました。
私たちはキスしたまま一緒にイキました。
しばらくおまんこにチンチンを入れたまま抱き合ってからチンチンを引き抜きました。

「ほら、見て。こんなにいっぱい出たよ。瞳ちゃん、気持ち良かった~」

「ヤダ、恥ずかしい。そんなの見せないで」

「いいじゃん、気持ち良くて出たんだから」

そう言いながら私のおまんこと自分のチンチンをティッシュで拭いていました。

「俺たちって体の相性、抜群じゃない?」

「そんなことないよ」

「気持ち良かったでしょ?あんなにイッて」

「そんなにイッてないもの」

「嘘だ!何度もイッたでしょ?」

「1度だけだもん」

「こら、嘘つきにはお仕置きだぞ~」

そう言って、またおっぱいにむしゃぶりついてきました。

「ダメだよ、もう帰ろうよ~」

「『気持ち良かった』って言うまでいじめちゃう!」

またおまんこに指を入れられました。

「まだこんなに濡れてる!また入れちゃおうっと」

そう言って翔太君は半立ちのチンチンを入れてきました。

「ダメだよ~濡れてない!」

でもチンチンはスルリとおまんこに入りました。

「あー気持ちいい。瞳ちゃんのおまんこ気持ち良くて、ずっとこうしていたい」

翔太君がゆっくりとチンチンを出し入れしました。
乳首を吸われながらチンチンをおまんこに擦りつけられていると、頭がだんだん痺れてきました。
好きでもない男の人にキスされながら挿入されて、悶えている私。
天井の鏡に映るいやらしい自分の姿に興奮を覚えました。
私は格好いい男が好きなのに、格好良くもない翔太君とエッチしている。
おまんこにズップリ入れられて、何度もイッてしまう淫乱な私・・・。

「ああ、ダメ、イッちゃう!許して、お願い」

「ダメだ、『気持ちいい』って言うまでいじめちゃう」

「分かった、気持ちいい、気持ちいいからもう許して」

「じゃあ、またセックスしてくれる?」

「それとこれとは別」

今度はバックから激しくチンチンを出し入れしてきました。

「分かった、ああんダメ~、またイク。またセックスするから!」

「最初から素直に言ってくれたらいじめないのに。瞳ちゃん大好き。じゃあ一緒にいこ」

1度射精したはずなのに、元気いっぱいのチンチンを出し入れしながら、おっぱいを後ろから揉みしだいてきます。

「気持ちいいからゴムなしでするけど、お尻に出すから安心して」

そう言って後ろから高速ピストンして引き抜くと、お尻に温かい精液を感じながら私もガクンガクンと震えました。

翔太君はまだヤレそうだと言いましたが、私が本当にごめんなさいと言って、その日の晩は許してもらいました。
翔太君の性欲は底なしのようです。
私はついていけそうにないです。

それからというもの、同じお休みの日は朝から晩までセックスして、翔太君の性処理の奴隷にでもなったような日々を送っています。

タイトルとURLをコピーしました