ススキノの高級クラブホステスとアナルセックス

この体験談は約 6 分で読めます。

よく行くススキノのバーに飲みに行った時のこと。
当時、俺はススキノでバイトしてて、そこは仕事帰りにいつも1人で行く馴染みの店だった。
もう時間は午前3時を回っている。
いつものようにカウンターに座る俺。
隣には20代後半と思われる綺麗系のおねえさまが2人で飲んでた。
1人は白黒のシャネルのスーツで、もう1人は淡いピンクのワンピース。
どっちも結構美形っていうか、なんとなく男好きのする顔立ちだった。
気になってマスターにこっそり聞くと、ススキノで働く飲み屋のおねえさまとのこと。
なんでも『座って3万』という高級クラブのホステスらしく、まだそんな高級店を経験したことのなかった俺は、安いバーで飲んでいるにも関わらず高級クラブで飲んでいる気分になれてご機嫌だった。

そんな妄想で1人舞い上がっていると、突然おねえさま(ピンクの方)が、「あ~、このおにぃちゃん、なんか見たことあるんだよねぇ」とこちらを指して笑う。

白黒「えー、どれどれ~。ホントだ!」

ピンク「でしょ、おにぃちゃん、よくNIKKAの前でビラを配ってるでしょ?」
(※ススキノの角にNIKKAのおっさんの顔が付いてるビルがある)

俺「あっ、そうですけど。覚えててくれてるんですね」

ピンク「そりゃそうよ、こっちはお客さんの顔を覚えるのが商売だから」

(俺、お客さんじゃないっすけどw)

白黒「でもあんた(ピンク)もよく覚えてるよねぇ(笑)。ビラなんて手に取ったこともないじゃん」

俺「そうなんっすか?光栄でっす!」

てな感じで、普段は話すことなんか出来ない綺麗なおねえさまと話ができて、しかも自分のことを知っていてくれていることに多少なりとも感動を覚えたのでした。
この時までは、ただお話が出来てラッキーくらいにしか思ってなかったのですが、時間が経つにつれ、おねえさまの爆裂エロトークが炸裂しはじめ、何をとち狂ったか、ヤリたい盛りの猿状態だった俺は、(なんとかしてこのおねえさん達とやれないものか・・・)と思い始めたのです。

しばらく飲んでいるとお互いの店の話になり、こっちの店は今でいうホスト店のはしりだったもんで、営業トークも兼ねて雰囲気を伝えました。
さすがにおねえさんは俺の財布の中身を見透かしてか、「お店に遊びに来てね」とは言いませんでしたが(苦笑)
俺の働いていた店は結構滅茶苦茶で、客層としては未成年と風俗嬢しかいないような感じw
もっとも、そんな女目当てに来る男も多く、先走り汁の臭いをぷんぷんさせてましたw

そんなエロだけが取り柄みたいな店だったので、エロトークなら負けてられません。
1時間ほど経ったでしょうか、3人ともかなり酔っぱらってました。

俺「おねえさん達も毎日オヤジばっかり相手にしてるとストレス溜まるでしょ?」

この一言を皮切りに爆裂エロトークになりました。

白黒「そうなのよー!口説いてくるのはいいけど、チンポは勃つのかっていう!」

ピンク「そうそう、絶対勃たないよねー」

俺「俺だったらおねえさん達みたいに綺麗な人だったら何回やってもビンビンっすよ」

ピンク「キャー、じゃあ私で試してみるー?」

俺「マジっすか!?」

ピンク「今度、お店に来てくれたらねー」

(って、ここで営業っすか・・・ショボーン)

一旦諦めかけた俺でしたが・・・。

白黒「ううー・・・なんだか笑いすぎて酔っ払った~、フフフフ・・・」

白黒のおねえさんが何やら妖しげな笑い。

ピンク「大丈夫ぅ?」

白黒「大丈夫・・・じゃないかも・・・もう帰る」

(っておい、この中途半端な期待感はどうしてくれんだよ?)

ピンク「じゃあそうしよっか」

白黒「なんかそっちのおにいさんと盛り上がってるみたいだから1人で帰るよ。ちゃんとおにいさんの面倒を見てあげてね」

(偉いっ!白黒、貴女は女神ですか?)

ピンク「え~、ホントに大丈夫なの?」

白黒「大丈夫大丈夫。おにいさんは気にしないで、この子とゆっくり飲んでってー」

そそくさと店を出て行ってしまいました。
結局、白黒は名前すら聞かなかったw

俺「大丈夫ですかねぇ?ホントに」

ピンク「たぶん大丈夫でしょwいつものことだし」

俺「いつもなんすか?」

ピンク「私も酔うとすごいよー。次の日、覚えてなかったりするもん」

この時点ですでに時計は4時半を回っており、外も明るくなり始める頃。

(残念だけど今日はここまでか・・・)と思ったその時でした。

ピンク「これからどうすんの?もう帰る?」

俺「これからって、もう朝だし、どうしましょうか?」

ピンク「さっき言ってたでしょ、アレ」

(アレキタ---------!!)

俺「アレって?」(←とりあえず知らないフリ)

ピンク「決まってるじゃない」

(色っぺー!)

俺「あっ、アレっすねw」

ピンク「マスターお勘定~。この子の分もね」

俺「自分の分は自分で払いますよぉ」

ピンク「いいのいいの、私の方が稼いでんだから」

店の外に出るとやはり空は明るく、おねえさんと2人フラフラと歩きました。

俺「こんな時間に空いてる店とかもうないっすよ」

ピンク「じゃあ私の家行こっか」

(家キタ----------!!)

俺「マジっすか?お邪魔していいんですか?」

ピンク「いいのいいの、どうせ旦那は帰って来ないし」

(今、旦那って言った!?)

俺「あれ?今、『旦那』って聞こえたようなw」

ピンク「うん、旦那さん。ウフッ」

(聞いてないよー!)

ピンク「うちの旦那、女と一緒に出て行って、もう1年以上帰ってきてないんだ」

俺「そうなんっすか」

ピンク「だから店で働いて稼いでるってわけ」

(納得!)

俺「でも全然結婚してるようには見えないっすよ」

ピンク「ホント?嬉しいー」

俺「全然ホントっす、大体結婚してると思ってたらあんなに話してないし」

ピンク「偉い偉い」

俺の頭をなでなで。

俺「おねえさんは名前なんて言うんですか?」

ピンク「店では葵だよ」

ここでタクシーに乗り、葵さんの住むマンションへ移動。
めちゃくちゃ広くてビックリの4LDK!

葵「あぁ疲れたー」

ワンピを脱ぎ捨てるおねえさま。
下着もワンピとお揃いでピンク。
超セクシー!
着替えを横目で見ながらすでにビンビンな俺。

俺「ホント、飲み疲れたっすね」

葵「でも、これからもっと疲れちゃうかもよ、フフッ」

(ストレートにキタ--------!!)

俺「俺、頑張りまっす!」

早速、寝室のダブルベッドへ移動。
横になったおねえさまに覆い被さると、甘い香水の匂いに混じっていやらしい雌の匂いが・・・。
ディープキスから始まって、ピンクのブラを外すと、服の上からでは想像もつかないような爆乳が!
少なくともEカップくらいはあると思われる胸にむしゃぶりつく俺。

葵「ァゥゥン・・・フゥゥ・・・」

お酒が入っていたことと、エロトークですでに準備OKのおねえさま。
続いてパンツの中に指を滑り込ませると、そこはもうしっとりを3ランクくらい飛び越えてグチョグチョ。
パンストと一緒にパンツを脱がし、一気にクンニへ持ち込む俺。
それに応えるように体を折り曲げ、俺のチンチンを求めてくるおねえさま。

葵「ウーン、食べちゃうぞ~」

俺「俺、もう食べちゃってまーっす!」

しばらく横シックスナインの体勢で舐めあう2人。
無言で舐め続けていると、いやらしい吐息が聞こてくる。
このままだとイキそうになったので、おねえさまをポコチンから引き剥がし、一気に挿入しようと正常位のスタイルに構えた。

葵「ちょ、ちょっと待って」

ゴソゴソと枕元の引き出しを探るおねえさま。

(なんだ、ゴムか・・・)

葵「これ使って後ろでして」

出してきたのは、なんとローション!?

俺「こんなの使わなくたってもうヌレヌレっすよ」

この時点ではまだ『後ろ』の意味が解ってない俺。

葵「お尻でして欲しいの」

(マジッすか!?)

俺「へっ?お尻って?」

葵「私、アソコよりお尻の方が感じるんだよね」

俺「お尻ってしたことないんです」

葵「そっか、じゃあ普通にする?」

俺「いや!やってみまっす!!どうすればいいか教えて下さい!!!」

葵「最初はちょっと入りにくいかも知れないけど、指でマッサージして、だんだん広げていって・・・」

(まさかこんな展開になるなんて・・・ハァハァ・・・)

言われる通りにアナルをマッサージすると、すぐにヌルヌルとした液が・・・。
それまでアナル経験がなかった俺は、“アナルも濡れる”という驚愕の事実に慄きつつも、これから始まるであろう神聖な儀式に期待感を膨らませたのであった。

葵「もう大丈夫、ゆっくり入れてみて」

俺「はい」

ゆっくりと挿入。

葵「ぐぅぅ・・・」

葵さんは押し殺したような呻き声を漏らしながらも恍惚の表情を浮かべている。
正直、初めての感触と快感で無我夢中に腰を振る俺。
葵さんのそこはピストンを繰り返すたびに粘液を吐き出した。

俺「凄い気持ちいいよ、葵さん」

葵「んんっ、んっ、んっ」

もう失神するんじゃないかと思うくらいの反応を見せる葵さん。

俺「このままイッてもいい?」

葵「出して、中にいっぱい出して」

俺「イクよーっ、ウッッ」

はい、すぐに出ちゃいました。

葵「ハァゥー、ハァ、ンンー」

ゆっくりとチンポを抜くと、葵さんのアナルからドロリと俺のザーメンが流れ出た・・・。
この後、一緒にシャワーを浴びて昼まで寝て、寝起きにマンコで1回させてもらいました。
残念ながら葵さんとはその日限りの関係で、お店に行くこともなければ、道ですれ違うこともありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました