ヤリマンになった元同級生と・後編

この体験談は約 6 分で読めます。

あくる日から高校で玲子と会っても、何事もなかった様子でいつも通りだった。
特に話しかけたりもしなかった。
玲子には悪いが、俺の中でヤリマンだと噂の玲子とヤったことを知られたくなかった、ってこともある。
だから誰にも話していない。
玲子は学校では“汚れた女”という感じに見られていたからだ。
俺はそんな風に見てなかったけど、親友にも言わなかった。

何日か後、玲子に、「今日の21時に私ん家の近くの公園に来て」と早口で言われた。
21時に原チャリで公園へ。

玲子「ようっ!久しぶり・・・」

俺「おーっ!今日はどこ行く?」

玲子は原チャリの後ろに乗った。
適当に走ったが、田舎なので特に行きたい所なんてない。
そんなことより俺の頭の中は玲子とのセックスでいっぱいだった。
田んぼしかない場所の自販機の所で停まり、2人でジュースを飲みながらタバコを吸った。

「玲子、どこ行く?」

「あんたん家は・・・無理?」

「いいけど・・・いいのか?」

「ぅん・・・いいよ・・・」

俺の部屋は1階で裏側なんで玲子を部屋の窓から入れた。

「部屋キレイじゃん、意外」

「そうか?」

玲子の手を引いて抱き寄せた。
キスをして服も脱がせた。

「親・・・大丈夫・・・?」

「来ない・・・大丈夫・・・」

布団で玲子の身体を抱いた。
玲子のマンコから石鹸の匂いがした。

(風呂に入ってきたのか・・・)

実は俺もやるつもりで風呂に入っていた。

オッパイを揉みまくり舐めまくり、マンコも思う存分舐めてやった。
玲子も俺の身体を舐めたりフェラチオをいっぱいしてくれた。
その後は正常位やらバックやら騎乗やら、思いつくのは何でもやった。
でも家なんで声があまり出せないのは残念だった。
結局5発も抜かれて、玲子も何回かイッて気が済んで、やっと2人は落ち着いた(笑)

「玲子ってヤリマンなのか?」

そう聞こうと思ったけど、関係が壊れそうだからやめた。
帰りに、「玲子・・・また誘っていいか?」と聞くと、「今日は私が誘ったんじゃん・・・」って言われた。
そっか、玲子も俺とヤりたいってことだよな。

「じゃあ・・・明日は?」

「いいよ・・・小学校の校門に20時でいい?」

「わかった・・・」

玲子をまた窓から出して原チャリで送った。
帰宅したら思い出してチンポが勃った。

次の日、小学校に20時に迎えに行った。
校門の裏側に玲子は隠れていた。

「今日もあんたん家・・・大丈夫?」

「ごめん・・・今日は親戚が来てっからダメだ」

とりあえず玲子を後ろに乗せて裏道を走った。
また学校でヤろうとも考えたけど・・・セックスする場所ってなかなか無いよな。

「ねっ・・・海は?」

「海はヤンキーがいるし・・・お前がさらわれたら困る・・・」

国道の旧道をチンチラ走ってるとガソリンスタンドがあって店は閉まっていた。
裏に回ると死角で見えない。

「ここなら大丈夫かな・・・?」

コンクリートの壁と車の奥。
近くには民家もないから心配なかった。
待ち侘びたキスをして、セックスをした。
玲子はいつもスカートだから楽でいい。

「玲子・・・風呂入って来た?」

「うん・・・。何で・・・?」

言わなかったけど、俺は玲子のお尻の穴を舐めてみたかった。
玲子を立ちバックの格好にさせて、大きなお尻を鷲掴みにして顔を埋めて、恐る恐るお尻の穴を舐めた。

「ちょっ・・・ぁっ・・・やだっ・・・やめっ・・・ぁっぁんぁんぁん・・・」

お尻の穴を舌でレロレロした。
口では嫌がっているけど大した抵抗はなかった。
マンコからタラっと汁が垂れてる。
クリトリスを指で転がした。

「やっ!あん、あん」

かなり感じてる・・・。

「あっ、・・・イキそっ!」

大きいお尻をガクガク揺らした。
その姿が超可愛かった。
たぶん俺はお尻フェチなんだと思う・・・。

「んんんっんぐっ、ジュ、ジュ」

興奮したまま玲子はフェラチオに夢中だった。
タマ袋の裏までベロベロ舐める玲子。
今日はフェラでイキそうだ。

「れ、玲子・・・イキそっ!あっイクっ!」

「んんんんっっっっ!んんんん!!!」

玲子は口からチンポを離さない。
俺は玲子の口にドバドバと出してしまった。

「ごめん・・・イッちゃった・・・」

「んんんんっ!んぐっ!」

(えっ!?)

「お前・・・飲んだの・・・?」

「うんっ・・・だって・・・あたしのだって・・・あんた飲むじゃん・・・」

こいつヤバい!
ってか超嬉しい!
何だこれ?
玲子に超嬉しいとか?
俺は変な高揚感で玲子をバックでメチャメチャ突いた。

「あんあんあんあんっ!イクイクイクぅっ!」

AVの見様見真似で駅弁をした。
玲子は小さくて軽かったから奥までバシバシ突いた。

「あんあんあんあんっ!ぁぁぁぁぁんんんん!!!イクイクイッくぅぅぅぅぅ!!」

俺も3回くらい出して、最後は玲子に飲んでもらった。

「はあはあ・・・そんなんしたら・・・あたしの壊れちゃう・・・バカっ・・・」

俺は16歳でセックスを覚えてやめられなくなっていた。

「ねっ・・・また・・・しようよ・・・」

「俺も・・・お前としたい・・・」

セックスから始まった玲子との関係。
最初はやりたいだけだったけど、だんだん情が湧いていた。

俺たちは暇さえさればセックスしていた。
俺の部屋、外・・・。
お互いにやりたくなったら会う玲子と俺。
2人はセックスするだけの仲だった。
だけど会えない日もある。
そのときは玲子が、「今日はダメ、ごめん」と言う。
それは週に2回くらいあったけど何の用事かはわからない。
ただ、嫌な予感はあった・・・。

玲子が会えないって日。
友達の家から原チャリで帰る途中、信号待ちでガラの悪い車が絡んできた。

「原チャリは端を走れ!このガキがっ!」

助手席に男が1人、後ろに女が3人いて、隠れていたのは玲子だった・・・。
車の運転が出来るってことは俺より2つか3つ上。

(誰だ、こいつら?)

知らない顔だった。

「なんだっ?ガキっ!文句あんのかっ!?」

「なんだよっ!俺がなんかしたかっ!」

いきなり男が降りてきて、原チャリごと蹴り倒された。
俺は喧嘩とか弱かったし、ビビっちまった。

「やめなよっ・・・警察が来るよっ・・・」

知らない女が言うと、男は原チャリを蹴って行ってしまった。

(これか・・・玲子が付き合ってる奴らって・・・)

すっかり意気消沈した俺はトボトボと家に帰った。
なんか悔しくて寝れなかった。

(明日、玲子に会ったら嫌だな・・・)

次の日、玲子は学校に来なかった。

(あいつらと泊まりでやりまくりか・・・ちっ!)

付き合ってるわけじゃないけど、なんとなく彼女を取られたみたいで面白くなかった。

やっぱり玲子はそういう女なのかな?
でも俺だって会ってやるだけだから同じか・・・。
もう玲子と会うのはやめよう・・・。

翌日、玲子と学校で会った。

「今日・・・会えたら・・・小学校に21時に来て・・・」

俺は行かなかった。
気になったけど、俺も他のみんなと同じように、玲子を汚れた女扱いした。

時間は21時30分・・・。
やっぱり気になった。
俺は小学校に向かった。
途中で玲子らしき女が歩いていた。

「なんで来ないの?バカっ!」

「なんでって?あの男はなんだよっ!あんなの相手にやってんのか?」

「あの人達にはもう会わない!」

何を怒ってるんだ、俺は?
もともと玲子はそんな女なんだから、やれたらいいじゃん。

俺は玲子を原チャリに乗せ、前に一度行った送電線の鉄塔へ行った。
すぐに玲子を脱がせて、やりたい放題やった。
玲子も夢中で腰を振っていた。

「ぁぁぁぁぁんんんん!!!ぁんぁんぁんぁんぁんぁぁっぁっぁっんっ!!!」

玲子は俺に遊ばれて、壊れたオモチャみたいにガクガクなってた。

「いいっ!イクイクイク、イクぅっ!」

俺はまだ何かに怒っていて、玲子のマンコを指で掻きて回して乱暴にぶち込んだ。
玲子は抵抗せずに、されるがままに受け入れている。
苛立ってるせいか射精感が湧いてこないから、思う存分にいじめてやった。

「ぁんだめっ、もぅっ・・・壊れちゃう・・・ぁん・・・だめっだめっ・・・もぅっ・・・またイク!」

「だめだめ」とか言って、イッてんじゃんか・・・。
結局はヤリマンなんだよな・・・。
気持ち良くてヨガってるだけ。
女なんてしたたかなもんだ。
気持ちよかったら誰のチンポだっていいんだろ?
昨日だって、あいつらにやられてイキまくってたんだろ?

俺もイキそうになった。
玲子にフェラチオさせて、口に精子を吐き出してやった。

「はぁはぁ・・・んぐっ・・・なんでそんなふうにするの・・・怒ってんの?」

俺は何も答えなかった。
自分でも酷いやつだと思った。

俺もアイツらと同じ・・・玲子はオモチャ・・・。

いつもは気の強い玲子でさすがに落ち込んで半泣き状態。
原チャリで送って家の近くに降ろして帰した。
それからは玲子とは何もなくなった・・・。

タイトルとURLをコピーしました