泥酔してパンツ丸見えの姉を見たら理性が飛んだ

この体験談は約 7 分で読めます。

もう10年半、俺と姉の近親相姦生活が続いてる。

発端は俺が姉をレイプしたのが始まり。
俺は中学時代からずっときれいな姉に恋をしてた。
姉は俺だけの大切な人だって思ってた。
どうしてもその気持ちを消せなかったから、他の女に恋するなんてできなかった。
毎日姉と顔合わせてたんだから、気持ちが消えるわけがない。

もちろん悶々としてたから、姉の下着がオナニーの対象になった。
姉のパンツをこっそり1枚、2枚と盗んで宝物にしてた。
変と言われれば言い訳はできないけど。

そして、とうとう姉を独占する日が来た。
たまたま両親は出張で留守中だった。
うちは共働きで出張が多かった。

当時、俺は18歳で高校3年。
姉は21歳で女子大生。

コンパだったと思うけど、その日、姉はグデングデンになって帰って来た。
夏真っ盛りの蒸し暑い夜だったのを覚えてる。
喉が乾いたので、リビングを通ってキッチンへ行こうとしたんだけど、ソファにへたばって爆睡中の姉がいた。

「姉ちゃん、姉ちゃん、起きなよ。部屋のベッドで寝ろよ」

声をかけて揺すったが起きなかった。
しゃーねえなぁと思いながら冷蔵庫からジュース出して飲んだ。
飲みながら姉を見た。

(姉ちゃん!パンツ丸見えじゃんか!)

ミニスカートを穿いてたが、両足がだらりとソファから落ちてて、ちょうど股間がこっちを向いてた。
水色のパンツだったのを今も覚えてる。
もろにマンコを真正面から見る感じ。

(やばくないか、これ?姉ちゃん無防備すぎるだろ・・・)

ジュースを飲んでから、姉ちゃんをもう一回揺すった。
起きない。
担いで運ぶしかないかって、姉ちゃんを抱きかかえる感じで担いだ。
パンツが丸出しになってしまったけど。
必死で階段を上がって、姉の部屋まで運んで姉をベッドに寝かせた。
まだその時は変な考えはなかったし、姉ちゃんを寝かせないとって思ってた。

姉の寝顔を見た。
ピンクのポロシャツの胸に目が行った。
姉ちゃん、おっぱいでかいもんなぁ。
寝ても崩れないって、どんなおっぱいなんだ。
脱がして、さっさとベッドに寝かさないと。

以前、服を着たまま寝かせたことがあった。
翌朝、姉に怒られた。
服がしわくちゃになったってことで。
だから、「今度は脱がしてから寝かせてよ」って言われてた。
なんとかポロシャツを逃がして・・・あ、白ブラ。
ジーンズのミニスカートもせっせと脱がして・・・。

(姉ちゃん!パンツが食い込んじゃってる!マンスジ丸見え!)

マジで焦った。
で、興奮した。
こんなのめったに拝めない。
顔を近づけて、マン筋を食い入るように見てしまった。
当たり前だが俺のチンポは元気になった。
興奮が止まらなかった。
マン筋の上に手のひらを置いてみた。
無意識だった。

(あったけえ・・・やわらけえ・・・)

この瞬間、俺の中で何かが壊れたんだと思う。
姉ちゃんを俺のものするのは今しかない!チャンスだ!って。
なんでその後あんな行動をしたのか今でも意味が分からないが、俺は自分の部屋からザイル紐を持ってきて、姉の腕を片方ずつ縛って、紐をベッドの足の部分に括り付けた。
姉は万歳してるような格好で爆睡。
俺は大急ぎでTシャツとパンツを脱いで真っ裸になった。
そしてベッドにそっと乗って、姉の水色パンツをゆっくり脱がした。
アンダーヘアを見たときは完全に舞い上がった。
もう呼吸が止まらない。

(マンコが!!割れ目が!)

姉の両足を開いてマンコを眺めまくった。
そーっと襞を開いて中も見てしまった。

すげえーー!!
姉ちゃんの綺麗だ!!
きれいなピンク色だ!
これがクリちゃんか?
思ったより小さいんだなあ。

眺めながら静かに割れ目を触ったり、小陰唇を開いて中を指で触ったりした。
そのうちマンコが濡れてきたのがわかった。
見上げると姉ちゃんは爆睡中。
ゆっくりブラのホックを外しておっぱいを丸出しにした。
姉ちゃん、すげえ恰好!
たまんねえ。

(マンコに入れたい!中に出したい!姉ちゃんの中で発射したい!)

もう頭の中は、そのことしか考えなくなってた。
俺、この時はまだ童貞だった。
そして初体験の相手は姉になった。

姉の両足を抱きかかえるようにして思い切り開いて(M字開脚)、姉の股間に正座。
ヒダを開いて穴の位置を確認した。
ちゃんと開いてたから、ここが膣ってやつだってわかった。
ここに入れればいい!!
俺はブルブル震えながら亀頭を穴の部分に当てた。
呼吸が苦しかった。
そのままゆっくりと亀頭を押し込んで・・・ヌルリという感触で穴の中に亀頭が消えた。

(入った!!入った!!)

そのままゆっくりと中へ中へと入って行くのを見て興奮の絶頂だったのを覚えている。
中は狭くて、温かくて、動いていた。
なんかチンポが締め付けられるのを感じながら入れていった。

(ああ!!姉ちゃんの中っていい!姉ちゃん!俺と一緒だよ!!)

心の中で叫びながら結合部を見た。

ああ、全部入れたい!
でも起きちゃうんじゃないか?
もしも起きて暴れたら大変だから、姉ちゃんをがっちり抱き締めてから入れよう。

そんなこと考えて、両足を抱えながら姉の上に被さるように乗った。
マングリ返しで屈曲位の体勢になってた。
そんなの知らなかったけど自然になってた。
姉の顔が目の前にある!
おっぱいの柔らかさを感じた!!

(入れたい!全部!!)

そのまま腰を突き上げる感じで一気に残りを押し込んだ。

(入った!!)

その瞬間、姉が目を見開いて声をあげた!

「わーーーー!」

マンコの中が凄い力で締まった。

(やべえ!起こしちゃった!!)

焦りながらも、俺は股間を姉のマンコに押し付けた。
完全挿入!
ガチンコファック状態だった。

「何!何よーーーっ!!」

姉は状況がわからずに叫んだ。

「享一ぃ!」

「ね、姉ちゃん!!姉ちゃん!!」

「な、な、何してるの!何やってるの?!」

「姉ちゃん、俺、俺、好きだぁ!!」

「え!好き?え?ちょっと、えーーー!入ってるーーー!」

俺は姉ちゃんを見つめながら腰を動かした。
もうどうなってもいい!

「待って!!待ってぇ!やめてーーー。享一やめてーーー!なんで!なんでよーーー!」

「好きなんだよー!」

童貞が長持ちするわけない。
20秒くらいか?
射精したくなってしまった。
夢中で姉ちゃんの中を突きまくった。
もう狂ったように腰を動かした。

「やめて。中はだめーーー!だめーーー!」

「姉ちゃん!好きだ!!」

俺は叫ぶと中で大爆発した。
文字通り脳天まで快感が来た。
俺は姉を全力で抱き締めた。

「いやーーー!!」

姉、絶叫!!
俺は姉の顔を見ながら射精の快感にのめり込んでいた。

(もっと!もっと姉ちゃんに出すんだ!!)

射精のタイミングに合わせて奥へ奥へと突きまくった。
ドクンドクンと発射しているのがわかったし、今までで一番長い射精だったと思う。

「バカーー!バカバカバカ!享一出ちゃってる!中よ!中なのよーーー!やめて、やめてーーー!」

俺は無意識に姉にキスをした。
初キスも姉。

「ムム!ム!ムーーー!」

俺に口を塞がれても姉はうめき続けた。
1回目が終了。
密着状態で俺も汗だく、姉も汗だく。
終わってもずっとキスをし続けた。
どのくらいしたのか、姉が一気にグッタリとなった。
それで俺はキスをやめた。

「姉ちゃん、ごめん。俺、姉ちゃんのことがずっと好きだった。だから、だから姉ちゃんが欲しい!!」

姉はじーっと俺を見つめてた。
驚きの表情。
信じられないといった目。

「姉ちゃんしかいないんだ、俺の大切な人は」

「バカ!何言ってるの!!私はお姉ちゃんなのよ。恋人になんかなれないんだよ?」

「関係ない!!もう俺の女だ!姉ちゃんは!!」

そう言った後、姉の膣内でもう一度チンポが元気になってるのを感じた。
中でニョキニョキーーっと。
姉が目を見開いて黙った。

「姉ちゃん、我慢できない!!ごめん!!ごめん!!」

謝りながらもう一度腰を動かしてしまった。

「待って!!ダメ!ダメ!もう!!いい加減にして!!」

「姉ちゃんとなら、姉ちゃんとなら、俺死んでもいい!!」

姉は俺を見つめながら泣きだした。
俺もなんだか涙が出てきた。
でも、(姉の中にずっといたい!もっと出したい!)って気持ちは収まらず、結局この後2回も発射した。
もちろん姉の膣内奥深くに。

姉は2回目の発射以降は何も言わずにグッタリしたままだった。
でも、快感は我慢できないのか、喘ぎ声を出しながら俺の腰振りを感じてた。
3度目を発射し終わった時、姉が言った。

「もう気が済んだ?姉ちゃんでいいの?ほんとに享一は姉ちゃんを愛してくれるの?」

俺は姉ちゃんを見つめてしまった。

「姉ちゃん、俺と一緒にいてくれよぉ!頼むよぉ!大好きなんだ!マジだって」

姉は黙って俺を見た。

「頼むから俺とだけになってくれ。中学の時からずっと好きだった。姉ちゃんしか恋人にしたくない」

やっとこの時、姉は両手を縛られてるのに気が付いた。

「享一、解いてこれ、痛いから」

腕に縛っていたザイル紐を解いてあげた。

「姉ちゃん、ほんとにごめん。でも、でも、マジに俺、姉ちゃん・・・」

姉が無言で俺を抱き締めてくれた。
じーっと見つめられた。
無言だったけど、姉がわかってくれたのが伝わってきた。
無性に嬉しかった。

「享一、わかったから、気持ち」

「姉ちゃん!」

「もう乱暴はしないで。約束して。あと中出しはだめ。約束できる?」

俺は何度も頷いた。

「じゃあ、これからも享一といいよ。姉ちゃんで後悔しない?」

「うん!うん!しない!」

もう嬉しくて、そのまましばらく姉を抱き締めてた。
姉も俺を抱き締めながら頭を撫でてくれた。
このとき、ふと姉のおっぱいに目が行き、無意識に舐めたり吸ったりした。
そしたら姉も少しずつ声を出した。
俺はまた勃起してしまい、ラスト1回となって、初めて姉が絶頂する姿を見せてくれた。
俺は初めて見る姉のエクスタシーの表情に酔いしれて、さっき約束したばかりなのに我慢できずに中に発射。
でも発射と同時に姉が力いっぱい抱き締めてくれた。

そして、「もっと!もっと奥に出して!」って言ってくれた。

発射しながらも何度もキスした。
最後は姉の方からディープキスをしてくれた。
長い長いディープキスだったのを覚えてる。
終わって、この時になって姉が笑ってくれた。

「4回目もたくさん出たね。享一って凄いかも」

そのあと一緒に風呂に入った。

それからは恋人みたく俺と姉は何度もデートした。
もちろんラブホで何度も愛し合った。

今、姉は31歳、俺は28歳。
ずっと変わらない毎日。
お互いに勤め始めてからは実家を出て同居を始めた。

姉は桐谷美玲にそっくり。
体型はもう少しボリュームがあるかな。
胸はCカップだけど、俺にはちょうどいい大きさ。
お椀型の美乳。

今はピルを飲んでるから、毎回中出しOK。
俺は姉ちゃんしか知らないし、他の女は目に入らない。
姉ちゃんも彼氏不要ってなってる。
いつかは親に関係がばれると思う。
で、もしもばれたらどうするかってことを話したことがある。

「ばれたら2人で逃げよう」って姉ちゃんが言った。

「2人だけで生活できる場所に行こう」って。

それがいいのか悪いのか、結果は後にならないとわからないけど。
姉ちゃんと俺の近親愛の告白でした。

タイトルとURLをコピーしました