めっちゃ敏感だったミニスカJK

この体験談は約 4 分で読めます。

私の乗るバスに、たまにミニスカのバカっぽいJKが乗ってきます。
携帯にはオモチャじゃらじゃら、大型鏡で間抜けな顔を見て前髪を直している、典型的な頭悪そうな女の子。
顔は童顔で、定期をこっそり見たら、『◯◯紗江、17歳』。

(へー、紗江ちゃんか。可愛いなあ)と横顔を眺めていました。

背は160cmくらいで、いいカラダしてるんです。
制服の上からでも分かる上を向いた乳房(Cカップはありそう)や、張りのあるプリッとしたお尻が何ともいやらしい感じ。

そして駅のエスカレーターで制服のミニスカートを下から覗いたら、なんと生パン!
凄いですよ!
白地に赤いハートの超可愛いパンティーが、おはよう!って言ってます。
ありえね~って思いました。
今はみんなショートスパッツとかで防御してるじゃないですか。
それが生パンティーですよ!
この世知辛い世の中に、こんな幸せがあったなんて。
僕はもう(痴漢しよう!)って心に決めました。

JKをマークして電車に乗り込むと、開かないドアのコーナーへ。
速攻バック位置を獲得し、混雑を待ちました。
来た来た、満員状態。
すかさずJKの右側のべスポジを確保。
そしておもむろにお仕事開始。
手の甲で反応チェック。
無反応。

(イケる!)

よだれが出る瞬間ですね。
同志の皆さんお分かりでしょう?
痴漢する瞬間の、あの極度の緊張感!

スカートの中にはすぐに手が入りました。
滑るような太ももです。
内股をくすぐるようにサワサワ。
JKの足が内股になって、彼女はそっと目を閉じました。
完璧です。
感じたんです。

お尻からパンティーを触りました。
忘れません、あの感触!
柔らかく薄いコットンで、プリップリのお尻。
サイドが小さいスキャンティータイプなんです!
下着フェチな僕が一番好きなパンティーのタイプを、この子は穿いているんです。
駅のエスカレーターで下から覗いて見えた、あの白地に赤いハートの超カワイイパンティーを、今、僕は触っているんです。
もう最高!

お尻の間からお股を擦る。
JKは俯いて耐えています。
時折、顔をクッと上げるんです。
明らかに感じています。
今度は手を前に移動させて、いよいよ恥部を愛撫。
スカートをたくし上げてスベスベした太ももを触って、指が徐々に下着に触れようと上がっていきます。
ついに前から陰部に指が到達しました。
小さなパンティーを、その形や大きさを確かめるように充分に触って、前からオマンコの部分へ指を下ろしていきます・・・。
JKは掴まっていたポールをぎゅっと掴み直しました。
クリ付近やマンスジを中指で擦っていると、なんとポールを掴んでいたJKの人差し指がカリカリと掻くような仕草をしてるんです!
僕にはわかります。

これって、『そうやってクリをもっといじめて!』ってサインです!

速攻、中指の先で下着の上からクリをコチョコチョとくすぐりました。
すると、俯いているJKがニコッと微笑んだのです。

まるで、『そう!そうやって触って!』って言っているようです。

小さなパンティーの中心が熱くなってきて、JKが自ら足を開いてくれました。
直接触って欲しいサインです。
おへその辺りからパンティーの中へ指を・・・。
薄い恥毛。
柔らかい恥丘。
オマンコへ指が到達すると、そこはもう大洪水!
ヌルッとしたジュースが溢れています。
プックリと膨らんだクリを指の腹で優しくこねてあげると、JKは「ハウッ!」と息を呑んで唇を噛んで耐えています。
やっぱりクリトリスは感じるんですね。
JKの唇が震えているんですよ!
クリを優しく優しく触ります。
触れるか触れないか程度の強さです。
そして、転がしたり、くすぐったり、潰したり、マンスジを上下になぞってみたり・・・。

充分にクリをいじめていたら、JKの腰が前後に動き始めました。
指を入れて欲しいサインです。
それではいよいよ膣に指を・・・。
膣の入り口を掻き回していると、JKは口を半開きにして僕の指を待っていました。
指が・・・ヌプリッって感じで、17歳の膣に刺さりました。
JKは、「ハア~」って深いため息を吐いて、顔を仰け反らせました。
膣を掻き回し、クリをくすぐり、オマンコ全体を揉むように愛撫しました。
止め処なく流れるJKの愛液。
僕はこの子のオマンコがどんな味がするのか確かめたくて、途中で指を抜いて、その指をしゃぶってみました。
ちょっとしょっぱい感じですが、さすが17歳のオマンコの味です。

(超美味しい!)

JKは指が抜かれたので、『エッ・・・』って感じで、キョトンとしていました。
でも僕が自分の膣に入っていた指をしゃぶっているのが分かると、顔を真っ赤にして、『恥ずかしい!』って感じで俯いてしまいました。

指をキレイに舐めてから、再度スカートの中へ。
待ってましたと言わんばかりに、JKはお腹を引っ込めて、僕の手を自分の性器へ導いてくれます。
すぐに膣の中へ指を入れて出し入れしました。
クチュクチュ鳴っているJKのオマンコ。
大きく腫れあがったクリ。
だんだんJKの息遣いが荒くなってきました。
イク準備をしているのです。
僕はクリと膣を交互にいじめて、最後は膣の中のGスポットをグリグリ攻めてやりました。
JKは、「ハッ、ハッ、ハッ・・・、アウッ!」と必死に喘ぎ声をこらえています。
本当に可愛くて美味しいですね、17歳って!

そして最後の時を迎えました。
JKは全身を硬直させて、足を突っ張って膝をガクガクッと痙攣させて、「アウウッツ!」と唸ってイキました。
ガクッと膝から崩れ落ちる小さな体を抱き締めて、倒れないように支えてあげました。

その後も到着駅まで、小さなパンティーの上からオマンコを触って、お尻を触って、胸も触って・・・。
JKはただただ僕のなすがままでした。
こんなに美味しい体験は久々です。
これから徐々に調教して、近いうちにラブホで僕のイチモツを、あの可愛いオマンコにぶち込むつもりです。
最高な出会いでした。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました