生物の時間に同級生のパンツを手鏡で覗き見

この体験談は約 3 分で読めます。

規制がおおらかだった古き良き時代の話です。

当時の私は高校生で、アイドルのパンチラ目当てに『投稿写真』とか『スーパー写真塾』とかの投稿系エロ本を読み漁っていたのですが、そこで初めて“逆さ撮り”の写真に出会って衝撃を受けました。

元々パンチラが大好きで、普段から階段のすれ違いを利用して覗いたり、全校集会で体育座りをしている女子のパンチラを狙っていたのですが、逆さ撮りの完全無防備な状態で写し出される絶景に勃起が止まりませんでした。
そして投稿者の『後ろからそっと近づけば楽勝』のコメントを真に受けて、私もクラスメイトのパンツを撮ってやると鼻息を荒くしていました。

しかし当時はデジカメなんか無く、カメラといえば“写るんです”の時代でした。
まだ撮ってもいないのに、(逆さ撮りなんか現像してくれるのかな?そもそもこんなの現像したら捕まるんじゃないの?)なんて余計な心配をした結果、(手鏡で覗けばいいじゃん!)の結果に到達し、これだけのためにポケットサイズの手鏡を購入しちゃいました。

しかし、いざ実行となると楽勝なタイミングなどなく・・・。

(ばれたらクラスメイトから白い目で見られるんだろうな)
(ひょっとしたら退学かな)

なんて考えが頭に浮かんで、なかなか行動に踏み切れない日々を送ってきました。

しかしチャンスは突然巡ってくるものです。
その日は生物室での授業で、顕微鏡で微生物を観察する内容でした。
生物の先生は名前順に座席を並べて、2人1組で顕微鏡を観察するように指示しました。
顕微鏡と机の高さの関係で、みんな立った状態で顕微鏡を覗いています。

私は名字の関係で席は最後尾。
ペアの相手は当時憧れていた山中さんでした。
山中さんはちょっとぽっちゃりしてましたが、八重歯がとてもキュートで、男女ともに好かれる女の子でした。

・後ろは誰もいない。
・視線は顕微鏡に集中。
・相手は憧れの山中さん。

(今しかない!)

私はポケットに忍ばせた手鏡を握り締めました。
しかし念には念を入れて、一つ細工をすることにしました。
とりあえず私が顕微鏡で観察することにします。
ここであえて顕微鏡の倍率をめちゃくちゃにして、スライドもずらして、何も映らない状況を作り出しました。

「あれ~、何にも見つかんないんだけどー」

そう呟く私に、「交代、交代」とはしゃぐ山中さん。

まんまと罠にかかりました。
私と交替して顕微鏡を覗く山中さん。
ちょっと前屈みの姿勢で真剣に顕微鏡を弄ってます。
これ以上ないシチュエーションを受けて、緊張と興奮で震えながら山中さんのスカートの下に手鏡を差し込みました。

手鏡には憧れの山中さんの純白パンツが映し出されました。
しかもパンツが小さいのか、それとも山中さんのお尻が大きいのか、パンツがかなり食い込んでます。
時間にしてわずか5秒くらいだったと思いますが、私は少しずつ手鏡の角度を変えて山中さんのパンツを堪能しました。

(山中さんのパンツ、山中さんのパンツ)

心の中で何度も繰り返していると、我慢汁が溢れてパンツがビチョビチョになりました。
自分が覗かれてるなんて夢にも思ってない山中さんは真剣に顕微鏡に向かい合い・・・。

「あ!いた!見えた!」

そう言って俺に笑顔向けてくれました。
至福です。
見たのは私のほうなのに(笑)

私は、(パンツ覗いちゃってゴメンね)という10%の罪悪感と、それをはるかに上回る(食い込みパンツ、見ーちゃった!!)という90%の征服感で胸がいっぱいになり、授業終了後、急いでトイレの個室に入り、初めて学校でオナニーをしてしまいました。

もしも今、私が高校生だったら、色んなカメラを駆使して盗撮しまくるのかな?
で、調子乗りすぎて捕まるのかな?
そんなこと思いながらビールを飲んでるおっさんの思い出話でした。

タイトルとURLをコピーしました