会社を辞めたら2人の女とやれた・第4話[完]

この体験談は約 8 分で読めます。

思いっきりBを抱き締めます。
グイグイと抱き締めながら舌を絡み合わせて・・・手を背中に這わせます。
すかさずブラのホックを外し、背中に手のひらを這わせていきます。

「んんぅ・・・ん・・・」

軽く身をよじるB・・・でも逃げるような感じじゃありません。
私とBの体の間でブラが外れて遊んでいます。
そこからあのオッパイが・・・。
ラブホの薄っぺらい寝巻きなんて、ないも同然。
片手を前に回してオッパイを・・・。
おおう、手に余る!
弾力がある!
もう乳首が立ってる!

「あんぅ・・・」

私は体をずらして胸元に顔を落としこみました。
仰向けではなく横を向いているので自然と谷間が出来てます。
その谷間に舌を這わせて・・・乳首に突撃。
舌先をすぼめて乳首をつんつん。

「あ・・・や・・・んぅ・・・」

嫌じゃないでしょう、これは。
この反応を見て胸にむしゃぶりつきます。
もう、ほんと、むしゃぶりつきたくなるようないエロいオッパイでして。
顔を押しつけると押し返してくる・・・。

「あ・・・やんぅ・・・んぅ・・・」

だんだん大きくなる喘ぎ声は、Aより少し低め。
普段、男っぽく振る舞ってるだけに、それがまた。
胸をたっぷりしゃぶりながら背中に回した手を下に。
丸いお尻を撫で回して、ショーツを脱がせます。
するするとショーツを下げて・・・お尻から合わせ目の奥に指を・・・。

(濡れてるぅぅーーーーーー!)

舌を胸から離して、おへその舌に侵攻させます。
体を下げつつ足を押し開いて・・・邪魔な掛け布団はポイ。
目の前にはBの薄い茂みとすでに光ってる襞!
ビラビラはそんなに大きくなくて、でもちょこんと顔を出してるクリ・・・。
クリにキス。
吸い込むようにキス。

「ひぃぃんんぃ・・・や・・・やぁぁぅ・・・」

ビクンとBの体が跳ねました。
構わずクリにディープキスです。
指で薄い襞をかき分けて、温かく濡れた奥に突入。
これは狭い。
中指でいっぱいです。

「あ・・・やぁぁんぅ・・・んぅはぁぁ・・・」

もうたまりません。
ぐちゅぐちゅの襞の奥で指が締め付けられてます。
指を奥に残したまま、体をズリ上げて、オッパイにもう一度キス。
それから唇にディープキス・・・。
さっきより温かくなった舌を絡め合いながら指を出し入れ・・・。

「やんぅ・・・はぁぁんぅんんぅ・・・んくぅ・・・」

(はう・・・)

Bの手が、私の燃えるモノを・・・すりすりと・・・。
どこかぎこちない手つきが、また萌えます。

(こ、これは、もう、いいでしょう?)

私はBの体が仰向けになるように肩を押しつけると、そのままのしかかります。
Bの足は自然に開いてます。
指を抜いて・・・ヌトヌトです・・・。
キスしたまま宛って・・・ぐいっと押し込みます。

「はぁぁんぅ・・・んぅ・・・あ・・・」

(キツい・・・)

ぎゅうっと締め付けられながら、私のモノが入っていきます。
狭いけど、よく濡れてるのか・・・中が動いてるみたいに包み込んでくれます。
私は体を起こすとBを見下ろしました。
入ってるだけでこの快感!
仰向けでも崩れないオッパイもデンジャラス。
Bの両手を取って、おへその上辺りで交差させます。
オッパイが強調されて・・・すばらしい風景が。
そのまま腰を動かし始めると・・・揺れる胸!

「あ・・・や・・・あんぅ・・・はぁぁやぁ・・・」

動きに合わせてプルプルと揺れる胸。
喘ぐB・・・さらにぐいぐい締め付けてくる・・・。
んぽんぽ・・・と入ってるところから音が聞こえてきそうです。

(こ、このままではイッてしまう・・・体勢を変えないと・・・)

私はBの上にのしかかると背中に手を回して抱き上げました。
対面座位です。
目の前で揺れる素晴らしきオッパイ。
これはしゃぶりつくしかありません。
でも、こうなるとBの腰の動きがぎこちない。
おかげで少し持ちそうですが・・・Bの腰に手を回して動きを促しました。

「や・・・やぁぁんぅ・・・せ・・・先輩・・・」

腰の動きがぎこちないのが、また・・・これもいい・・・。
私はそのまま仰向けになりました。
今度は騎乗位です。
おおう・・・下から見る揺れる胸もまた絶品。
腰のくびれもその胸を強調してます。
ぎこちない腰の動きに任せながらも時々下から突き上げて・・・。

「やぁぁぁんぅ・・・はぁ・・・んぅあ・・・んぅ・・・」

手を伸ばして胸を揉みしだきます。
まさに揉みしだくという表現はこのためにあるもの。
手のひらを押し返してくる感触がたまりません。

「あんぅ・・・R・・・せんぱぁいぃ・・・」

(これを社長も味わったのか・・・)

しばらくそうしていると、また奥がぎゅうっとキツくなってきて・・・。
このままじゃイッてしまいます・・・。
と、そこで気がつきました。
生です。
ヤバイです。
このままイクわけにもいきません。
私は体をずらして、んぽっと抜きました。

「やんぅ・・・」

Bの下から体を抜きます。
Bはそのままうつ伏せになりました。
やや不安を感じながらもベッドサイドにあったゴムを素早く装着。

(よし・・・バックだ・・・)

私はBの後ろにまわり、まん丸のお尻に手を回しました。
合わせ目から見える襞からは・・・垂れてます・・・白濁した粘液が・・・太股まで濡らしてます。
腰を持ち上げて四つん這いに・・・あてがって・・・押し込んで・・・。

「はぁぁんぅ・・・」

入ることは入ったけれど、なんか感じが違います。
奥まで入らない・・・。
というか、動くとすぐに抜けそうに・・・。
気が付きました。
Bの足が長すぎるんです。
私が膝をついていると、Bの腰の位置が高くて合わないんです。
私だって175センチあるのに・・・。
こうなれば、あれです。
私は立ち上がると足を広げて四股を踏むような姿勢に。
そのままゴー!
Bの腰を抱えてガスガス突きます。
これなら奥まで・・・。

「やぁぁぁんぅはぁっぁんぅやぁぁぁ・・・」

一際大きくなったBの声・・・。

「あ・・・やぁぁぁんぅ・・・だ・・・だめぇ・・・」

何がだめなんでしょう?
というかこれ、動きが激しくて私もだめです・・・。
Bがベッドに顔を押しつけてシーツを掴んでます。

「やぁぁ・・・あぁぁぁんぅ・・・はぁぁ・・・だめだめぇ・・・。し・・・しんじゃ・・・うぅ・・・」

死にますか、そうですか。
私も昇天します。

「ひやぁぁぁんぅ・・・」

思いっきり奥に突き入れたところで果てました。
自分でもびっくりするくらい、びゅーぅっと出ました。
そんなことはないでしょうが、ゴムが破れたかと思うくらい・・・。
そのままBの背中に覆い被さって・・・ぬぽんと抜けました。
見るとほんとにたくさん出てます・・・。
Bの横に寝転がると、Bは私の方を見てます・・・頬が赤くなってて・・・。

「はあぁ・・・R先輩・・・」

またキスをしました。
しばらくキスを交わして、それからゴムを外して・・・。
ソファに移って煙草を一服。
真っ裸でソファに座るのはマヌケです。
Bはゆっくりベッドの上に起きあがって、ぺたんと座ってます。

「治った?」

「ううん・・・まだ・・・」

「じゃ、シャワー浴びようか」

Bは頷きました。
Bの手を取ってバスルームへ。
シャワーを出して、ついでにバスタブにもお湯を張ります。
まだぼうっとしてるBにシャワーを浴びせて、全身アワアワで撫でるように洗います。

「あ・・・んぅ・・・」

時々小さく喘ぎ声が。
20代前半の肌です。
お湯を弾いて・・・泡も流れるように。
シャワーで泡を全部洗い流すと・・・。

「今度は私が洗う・・・」

願ったり叶ったり。
私はいわゆるスケベ椅子に座りました。
Bはぎこちない手つきで私の体を泡で撫で回します。
正直、くすぐったいんですが、その手が私のモノを・・・。
このぎこちなさがまたいい!

(彼氏がいるはずなんだけど、そんなに男性経験はないのかな?)と思いました。

で、泡を流し終わる頃にバスタブにお湯が溜まりました。
私が先に入ります。
後からBが。
向かい合って、足と足が絡み合って。

「なんだか・・・こういうの変・・・」

何が?
いきなり2人で風呂に入ってるこ?
いきなりエッチしちゃったこと?

「そうか?」

なんて言いつつBを引き寄せます。
Bの体の向きを変えてお腹に手を回します。
私の上に重なるように座らせて・・・お尻の割れ目に私のモノが当たる感じ。
早くも半勃起状態です。
お腹に回した手をゆっくりオッパイに。
気がつくと・・・オッパイが浮いてます。
びゅーてほー。
そのままオッパイを掴んで揉みます。
乳首を摘みます。
耳を甘噛み・・・。

「あ・・・んぅ・・・だめ・・・さっきしたばっかり・・・」

そう言いながら抵抗してません。
片手を下に。
お湯じゃないぬめりが。
狭い中に指を突っ込んで掻き回します。
親指でクリを擦りながら。

「あ・・・やんぅ・・・んぅ・・・だめ・・・」

もう息が荒くなってます・・・こうなったらさっきやり残したことを。
私は立ち上がるとバスタブの縁に腰掛けました。

「してくれる?」

Bの耳を触りながら、ゆっくり誘導します。
半立ちですが、これならなんとか。

「うん・・・」

Bはちろっと舌を出しました。
その舌先で・・・ぺろっとカリを。
柔らかい唇も当たります。
でも、どこかぎこちない。
慣れてないんでしょうか?
ならば、やることは一つ。

「もっと舌を出して・・・袋のところから舐め上げて」

「はい・・・」

素直です。
ぬろろっと舌が袋から上がってきます。

「で、舌で巻き取るみたいにして・・・」

温かい舌が舐め上がってきます。
あっという間に戦闘準備OK。

「それでゆっくり含んで・・・」

唇にパンパンに張っている頭が挟まれて・・・おおう。

「そのまま・・・奥まで・・・」

「んんくぅ・・・」

入りました・・・これは・・・いい・・・。
そのままゆっくり上下させます。

「中で舌を使って・・・」

「んんぅ・・・んんく・・・はぁぁ・・・」

やっぱり慣れてないんでしょう・・・。

「あんまり、こういうのしたことない?」

「んんぅ・・・そうでもないけど・・・」

でもやっぱりぎこちないのは事実。

「今まで何人くらいとしたの?」

「さ・・・3人目・・・」

この体、可愛い顔・・・モテるだろうに。
待て、その3人の中に社長は入ってるのか?

「社長も入れて?」

Bが首を振りました。

「あれは・・・忘れたいから」

そう言ってBはまた私のモノを含みます。

「社長には、これ、した?」

Bが首を振ります。

「だって・・・いきなり押し倒されて・・・だから・・・」

これ以上聞くのは酷でしょう。

「俺は・・・いいの?」

「うん・・・こうしてると忘れるから・・・」

こんなこと言われて平気な男がいますか?
もうたまりませんよ。

「おいで」

私は立ち上がるとBをバスタブから手を引いて外に出しました。

「そこに手を突いて」

ベッドルームの方のガラス壁に手を突かせます。

「お尻、突き出して・・・ちょっと膝曲げて」

そして突っ込みます。
さっきより少し柔らかくなってるような。
でもキツいのは変わりません。

「や・・・あぁぁぁぁんぅ・・・」

こうなると一気です。
膝を曲げさせてるので高さも大丈夫。
全力で突きます。

「や・・・やぁぁんぅ・・・はぁぁんぅあ・・・」

ガスガス突きまくりです。
さっき出してるので、少々激しくてもしばらくは持ちそうです。

「あ・・・やぁっぁあ・・・は・・・はげし・・・いいぃんぅ・・・こわれ・・・そ・・・んぅ・・・やぁぁ・・・」

振り返ろうとするBの顔に濡れた髪がへばりついて色気が出てます。
もうこのまま一気に突っ走ります。

「あ・・・やぁぁんぅ・・・ま・・・また・・・んぅ・・・し・・・死んじゃうよぉ・・・んぅ・・・はぁ・・・」

どうやらBはイクときに「死んじゃう」と表現するようです・・・。
構いません。
ここまで来ればどうなったって。
休むことなく突き続けて・・・。

「あ・・・だめぇ・・・ほんとに・・・また・・・またぁ・・・し・・・死んじゃ・・・やぁぁぁんぅ・・・」

イク寸前に抜いて、お尻にぶっかけました。
Bはそのまま床に崩れ落ちて荒い息をしてます。
太股がピクピク痙攣していて・・・。

「イッた・・・?」

「殺されたぁ・・・」

こういう言われ方は初めて。
で、Bはお尻にかかった私の白いのを指で掬って・・・。

「あったかいぃ・・・」

思わず抱き締めます。
で、そのまま2人で体を拭いて、ベッドで抱き合って眠りました。

翌朝、目が覚めて、もう1回。
で、朝の1回が終わったとき。

「・・・私・・・何回しました?」

(はい?まさか覚えてないと?)

「覚えてないの?」

「今のエッチの途中から・・・」

「なんだ、全然覚えてないんだ?」

思わず顔が笑ってしまいました。

「・・・何回したんですか?」

「教えない」

悪戯心が芽生えます。

「え・・・わかんないくらい?」

「さぁ?」

Bが笑ってます。

「しょうがないですよね・・・」

「嫌だった?」

「ううん」

Bが首を振りました。
時計を見ると、もうすぐ10時、チェックアウトしないと。

「そうだ、お前、会社は?」

Bは少し首を傾げてから・・・。

「今日は休む」

それからラブホを出て、平日サービスタイムのラブホに入り直して・・・。
5時までやりまくりました。
重点的にフェラを教えながら。

で、夜。
家に帰る途中でマナーモードにしていた携帯に着信があることに気がついたんですよ。
Aからでした・・・。
帰ってから電話しようと家に入ると・・・。
なんか流しがキレイ。
そして万年こたつの上にA4の紙が。

『結局、帰ってこなかったね。待ってたのに』

結果から言うと、Bとは1年ほど、半恋人半セフレでした。
結局、Bは2ヶ月後に会社を辞めてフリーターになりました。
社長は知らぬ存ぜぬでしたね。
ちなみにAは・・・今の嫁さんです。
AはBとのことは全然知りません。

長文駄文、失礼しました。

タイトルとURLをコピーしました