高校生の俺にとって従姉は“歩く生殖器”だった

この体験談は約 2 分で読めます。

従姉に中3で童貞を卒業させてもらって、それからはいつでもやらせてくれるようになった従姉は、セフレと言うよりも“歩くオマンコ”のような存在でした。

特に従姉は生理前はエッチしたくなるようで、「お姉さんが上になってやりたい」なんて甘えた声で言ってきます。
風呂上がりなど、バスタオル1枚で俺の部屋に来るのですが、両親がいるので69までしかできません。
それでも最高でした。
おかげでフェラチオ大好き人間になっちゃいました。

最初はDカップだった従姉の胸も、俺が毎日揉んでいたせいか、いつの間にかFカップに。
そりゃそうだよな、ほぼ毎日エッチしてたんだもん。
特に高校3年間の性欲が増大する時期は、全ての性欲を従姉に受け止めてもらいました。

これは高校2年の夏休みにやったことです。
両親が3日間田舎に帰り、従姉2人きりで過ごす今までで一番長い時間でした。
両親が1万円を置いていってくれたので、3ダースで1000円のコンドームを2つ、買っておきました。
朝、両親が出かけるのを見届けると、お互いに待ちきれないようにスッポンポンに・・・。
そのまま朝飯前に2回戦でした。

お互いに全裸で過ごし、口移しでジュースを飲んだりして朝飯を食べると、またムラムラしてきて3回戦目に突入。
結局、昼までに5回もやっちゃいました。

やや疲れてきたので真っ裸で昼寝・・・1時間くらいかな。
俺が先に起きたらまたしたくなり、寝ている従姉に挿入。
起きてきた従姉が、「あー」と声をあげてよがってました。
夕方までに、また3回もしちゃいました。
ここまでで8回も射精。
ほとんど空撃ちになったので、ついに生挿入が解禁されました。
従姉も、何回もイッちゃったそうです。

9回目は生で!
発射寸前に抜きましたが、もうほとんど出ないので、今度は中出しも解禁されました。
記念すべき10回目は夕食を口移しで食べてからやりました。

その後、一緒にお風呂に入りながら、浴槽の縁でダッコちゃんスタイルで1発、バックで1発。
ここまでで12回の射精。
ちなみに中3の頃、16回の最高記録を作ったのですが、高2ともなると少しは長持ちするようになり、記録更新はできませんでした。

でも、一番気持ちよかったのは、両親が留守にしたこの2泊3日でした。
2日目も3日目も同じように、サルのようにやりまくりました。

タイトルとURLをコピーしました