お医者さんごっこがただのエッチになっちゃった

この体験談は約 3 分で読めます。

高1のゆみです。
私が5年生の時でした。
兄とお風呂でふざけていたのがきっかけで、ちょっとエッチなことをするようになってしまいました。
最初はお風呂で体を触るだけだったのに、部屋でもたまにいちゃいちゃしながら、お尻とか胸を触ったりしてふざけあうことが増えました。

ある日、両親が外出している時に、兄がテレビゲームを誘ってきました。
私は兄と遊べると喜んでいました。
そこで兄が私に言ってきたんです。

「テレビゲームで負けたほうが、罰ゲームとして相手の言うこと聞く。いい?」

私は「いいよ」と返事をしました。

しかし30分後、兄が勝利でゲームは終了。
兄は、「約束だから罰ゲームね」と言いました。

「お医者さんごっこして遊ぼう」

兄にそう言われ、私は患者役をすることになりました。
私は2段ベッドの下に座らせられました。

兄「どこか痛いとこは?」

私「・・・」

(首を傾げる私)

兄「じゃあ、まず上から見ていこう」

兄が私の上着を全て脱がし、まだ大きくなっていない胸を中心に触られました。

私「くすぐった~い」

兄「患者さん、もっとちゃんと診ないとわからないので、ベッドに寝てください」

私「・・・」

(素直にベッドに寝る)

兄「じゃあ、今度は下を診ますから」

私「え~」

兄「どこか悪い所がないか診ないとわらないから」

ブルマとパンツを一緒に一気に脱がされてしまいました。
無毛のおまんこがピッタリ引っ付いた1本のスジが丸見えになってしまいました。
兄は私のおまんこを舐め始めた。
最初は脚を閉じたままの状態だったけど、脚を開かされておまんこを舐められると変な感じがしました。

私「ちょっと、くすぐったいよ~」

兄「じゃあ、ここをもっと調べるために注射をしますから、ちょっと目を閉じててください」

兄はそう言うと裸になり、私に跨がって、おまんこにちんこを押し当ててきました。

兄「今、注射をしてるからね」

兄は私を抱き締めながら、ちんこをおまんこに擦り付けていた。
しかし、すぐに限界が来たようで、私を抱き締めたまま、おまんこの外で射精してしまいました。

私「何?お兄ちゃん、オシッコ漏らしたの?」

兄「ゴメン、オシッコみたいなのが出ちゃった」

兄はティッシュで私のおまんこと自分のちんこを拭き、すぐに2人で風呂に入りました。
それからもお医者さんごっこは続き、お医者さんごっこがただのエッチになるのに時間は要りませんでした。
お風呂で兄は私に、「お風呂でオシッコを見たい」とか「おちんちんを咥えて」とか、色々言ってくるようになって、だんだんエッチになっちゃいました。

そして、エッチなことをする場所がお風呂から部屋に変わって・・・。
中1のときの私の誕生日に、お兄ちゃんと最後までしちゃいました。
まだ生理も来ていなかったので、そのまま中にいっぱい出してもらいました。

私って生理が遅くて、中2の冬まで来なかったので、ちょっと心配でした。
下の毛もほとんど生えてこなくって・・・。
妊娠の心配がなかったのは良かったんだけどね。

今は家よりもホテルでのエッチのほうが多くなってるかな。
でも兄はちょっと変態で、「セーラー服のままでエッチしたい」とか「おしっこ見たい」とかって言うので、ちょっと恥ずかしいです。
この前、車の中でパンツを脱がされて、ノーパンでコンビニへ行った後、ホテルの駐車場の陰で後ろから抱えられてオシッコをしたときは凄く恥ずかしかった。
でも、その後のエッチは最高に感じちゃった。

みんな私がこんなにエッチなことをしてるなんて知らないだろうな。
学校じゃ、猫被ってるし。
このままじゃ彼氏なんて作れないね。
まあ、お兄ちゃんがいるからしばらく彼氏はいらないけど。

タイトルとURLをコピーしました