人妻になっていた高校時代のマドンナと

この体験談は約 3 分で読めます。

つい最近の話です。
高校卒業10年の区切りということで、地元でクラス会がありました。
東京の大学→東京の会社の私は久しぶりの仲間との再会にウキウキでした。

目的は高校時代ずっと好きだった◯◯尚子でした。
地元は田舎なので結婚が早く、24歳で人妻になったと聞いてました。
成人式に会っているので8年ぶりに尚子を見ました。
可愛い女子高生が綺麗な大人の女性になっていました。
制服とソックスの可愛い女の子が、スーツとストッキングにハイヒールが似合う素敵な女性になっていました。

2次会はカラオケのお決まりのパターンで、クラス会は11時にお開きとなりました。
この後は野郎共でスナックかなと思ってたら、尚子が1人でいました。

「女性陣はほとんどママだから帰っちゃった。私は実家に娘を預けたからまだ平気なんだけどな~」

(チャンス!!)

「それじゃあ俺と飲みに行こうよ」

「いいの?男性陣で行かなくても?」

「平気だよ!◯◯と飲む方が楽しいよ!」

私と尚子は2人でバーに行きました。
そこで、お互いの近況報告をしました。
高校を卒業して地元の信金に就職して同僚と24歳で結婚。
現在は3歳の娘がいて、専業主婦。

「飲みに付き合ってくれてありがとう!ちゃんと母親してるから夜遊びなんて久しぶり!それに◯◯って旧姓で呼ばれるのも若返った感じで嬉しいな」

尚子はご機嫌でした。
私は爽やかな青年を演じながら、実は尚子をエロい目で見ていました。
テーブル席の対面に見える尚子のストッキング越しの脚。
タイトスカートはやや短く、今にも奥が見えそうでドキドキでした。
おっぱいもスーツの上からでも大きいと分かりました。

尚子はかなり飲んで愚痴っていました。
主人が仕事人間であまりかまってくれないみたいでした。

バーで1時間半くらい飲んで店を出ました。
尚子はかなり酔っていて、大胆にも腕を組んできました。
胸が腕に当たり、私は勃起してしまいました。

「◯◯、ちょっと休んでいかない?」

「あーエッチ!休むだけならいいよ(笑)」

15分後、私と尚子はラブホの部屋にいました。
信じられませんでした。
あの尚子と俺がラブホに・・・。
私は我慢出来ずにキスをしました。

「ああん・・・休むだけなのに・・・」

尚子は私の舌の侵入を拒んでいましたが、やがて受け入れました。

「あ・・・あん」

首筋と耳たぶへの愛撫を繰り返し、スーツとブラウスを脱がしました。
推定90センチのおっぱいを包んでいる白いブラジャーが現れました。

(尚子のブラジャー・・・)

それだけでも感激でした。
ブラジャーだけになった尚子の上半身の柔肌に舌を這わせました。

「あ・・・あん・・・ああ」

タイトスカートを脱がすと、ブラジャーとお揃いの白いパンティがベージュのストッキング越しに見えました。

あの尚子のパンティ!
好きだった女のパンティ!

もう超興奮でした。
高校時代テニスで鍛えた尚子の脚はムチッとしていて、ベージュのストッキングとのコントラストがたまらなく萌えでした。
ストッキング越しの脚を、付け根、太もも、ふくらはぎ、そしてつま先に足裏・・・。
隅から隅まで尚子の足を味わいました。

「ああん・・・ストッキング・・・が、俺君の唾液で濡れちゃう・・・」

「ラブホなんだからストッキングは売ってるよ。後で買うから!」

尚子の股間に顔を埋めてストッキング越しのパンティ舐め舐め!
フェロモンの匂いがしました。

さあ、いよいよ、おっぱいとご対面だ!
高校時代のオナペット、尚子のおっぱいが見れる!
乳首と乳輪の色と形をついに!

その時でした。
尚子のスマホが鳴り、実家から娘が高熱を出したとの連絡・・・。
尚子は慌てて帰って行きました。
肝心な部分を見れなかった悔しさはありましたが、憧れの尚子の下着姿を拝み、柔肌と脚を愛撫した喜びは、今も思い出すと萌えてしまいます。
でもやっぱり尚子のおっぱいとアソコ見たかった!
というか、やりたかった!

タイトルとURLをコピーしました