中学時代の家庭教師の先生にクンニされたら腰が砕けた

この体験談は約 3 分で読めます。

私はこの3月に高校を卒業し、大学に入学したばかりの女子です。
そして実は性体験も、ついこの前にしたばかりです。
それは、以下、お話しする通りです。

「えれなちゃんじゃないか!」

3月の下旬、街中で突然声を掛けられました。
友達と洋服を買いに行った日の帰り、友達と別れて帰路に就いている時でした。

「先生!!」

その声の主を見ると、私が中学時代の家庭教師だった先生でした。

「はは、もう先生じゃないよ。元気だった?すっかり大人っぽくなったね」

先生とは3年ぶりの再会でした。
当時大学生だった先生も今は社会人で、私より6歳上の24歳でした。
仕事の外回り中だったようですが、カフェに入って互いの近況報告をして、話も盛り上がりました。
中学の頃は私はまだ子供でしたが、密かにこの先生のことが好きでした。

「大学入学のお祝いをしないといけないな。今度の土曜日、空いてる?」

「うん、まぁ」

それで約束の土曜日にディナーをご馳走になりました。
まだアルコール類はあまり口にしたことはなかったので、そこで出た赤ワインでほろ酔い気分になってしまいました。

「これからの4年間が一番いい時期だよ。社会人になると色々と嫌なことも多くなるしね」

「先生は彼女はいないの?」

「いやぁ、ちっともモテなくてな、だめだよなぁ・・・」

「ふーん・・・ほんとかな・・・?」

「それともえりなちゃんが彼女になってくれるかい?」

私は顔を紅潮させて何も言えませんでした。

「先生、今はどこ住んでんの?」

「学生の時よりちょっと引っ込んだけど、同じ沿線だよ」

ということは私と同じ沿線でもありました。

「ねぇ、これから行ってもいい?」

「いいけど、きったないところだよ」

私は再会して以来、学生時代よりもさらに洗練されていた先生に、ますます憧れが強くなっていました。
先生の駅は私の駅よりも下りで3駅向こうでした。

「へぇ、いいとこじゃん」

2階建のこぢんまりとしたアパートでしたが、ずっと自宅住みの私から見れば羨ましく思えました。
部屋でも話は途絶えませんでしたが、私はまた調子に乗って出されたお酒を飲んでしまい、いい気分になっていました。
受験が終わった開放感があったからかもしれません。
酔った勢いで先生の体にもたれかかっていると、先生はキスしてきました。
私にとってはこれが初めてのキスでした。

「あ・・・」

私は目を閉じて先生の首に腕を回していました。
先生の手はニットの中に入って来て、ブラウスの上から胸を弄ってきました。

「う・・・」

私は拒否できませんでした。
そのまま手はブラウスの中に入り、ブラを上げて直接乳首を愛撫されると、なんともいい気持ちがしてきて、恥ずかしいところが濡れてくるのがわかりました。
そして先生の手がスカートの中に入ってくると、「いや・・・」と私は小声で言いましたが、本当に嫌だったわけではありませんでした。
先生の指はその時穿いていたタイツの上から股間を愛撫し始め、窪みに埋没させ、その指先が上下に動きました。

「恥ずかしい・・・」

先生は何も言わず私の体を倒しました。
スカートは穿いてないも同然の短いものでしたから、すぐに先生の手はタイツとパンティの中に入ってきました。

「そこはだめ・・・」

自分でもよく触っているので、クリトリスがものすごく敏感なのはわかっていましたから、そこを指先で触られた時は腰が砕けてしまいそうでした。

「すごく濡れてるよ・・・」

指の腹でクリトリス周りをたっぷりと愛撫された後、タイツとパンティを完全に脱がされ、先生は私の足を持ち上げて大股開きにして、そこを舐めはじめました。

「い、嫌っ・・・恥ずかしいっ!」

大股開きだけでなく、腰ごとぐっと持ち上げられていたので、私のあの部分は丸見えになっていたはずです。
このポーズのまま、先生は随分長く、私のその部分を舐め続けていました。
その後のことは恥ずかしすぎて書くことはできません。

その夜は遅くなってしまいましたが、先生はちゃんと家まで送ってくれました。
あの部分に棒のようなものが、まだ入っているような感覚がしばらく続いていました。

タイトルとURLをコピーしました