スイミングスクールと思春期3

この体験談は約 2 分で読めます。

実質上、「スイミングスクールと思春期2」の続きです。
同じ投稿者です。

さて俺は中学に入ったらスイミングスクールを辞めて水泳部に入りました。
1999年です。

時代は競パンからスパッツの移行期でしたが、部の水着はバリバリのライトブルーの競パンでした。
かなりもっこりが目立つ水着でした。

さて入部してすぐ、何と先輩からチンポチェックが入りました。
水着なんて裸同然なんだからチンポが剥けてないとダメみたいでした。
さて俺を含め新入部員は6人いたが、俺以外はみんな包茎でアウト、俺だけ完全ムケチンだったので特別待遇でした。
これが伝統らしいです。

ちなみに先輩方はみんな完全にムケチンで、しかもそれなりのサイズでした。
まぁ俺の方がデカかったですが。

可哀想なことに剥けてない1年は強制的に指導が入りました。
まぁ2年、3年の先輩もこれを通ってきたらしいです。
剥けるまで試合に出れないということだったのですが、1年の奴もみんな1年の間に剥けました。

あと競パンも中の布地は取ることになってました。
ゆえに亀頭が丸わかりです。
しかもうちの中学はみんなムケチンなので、みんな亀頭丸出しでしたので試合会場では傍から見れば変な集団でした。

また練習の後には更衣室でチントレ(チンポをうっ血させて亀頭を鍛える)をみんなでして鍛えてました。

というわけで、うちの水泳部はデカチン集団と化してました。

タイトルとURLをコピーしました