マッサージ師のおじさんの指を締め付けちゃいました

この体験談は約 3 分で読めます。

都心の駅に併設されたデパートのマッサージ店でのことです。
元々私は肩こりが酷く、純粋にマッサージを受けにそのお店に入りました。
まだ学生の身ですし、一番安い肩のマッサージコース(20分)を表の看板で見て、施術を頼んだのです。
時間帯がお昼で間が悪かったのか、受付の人には、「できたら午後3時以降から」と言われ、施術は諦めようとしたところ、たまたま手の空いたマッサージ師のおじさんが名乗り出てくれて、受けられることになりました。

お礼を言って、仕切りのあるスペースにて施術開始。
やはりプロのマッサージだけあって肩の凝りは徐々に解れていき、私はすっかりリラックス。

「ずいぶん凝ってますね」

「なんか凝りやすい体質みたいで」

なんて軽口を叩いていると、私は違和感を覚えました。
20分のコースなのに、もう30分は経っているような気がするし、おじさんの手が明らかに私の背中ではなく胸を撫で回しています。
的確に凝りを解され、終いには胸を揉まれ、次第に呼吸の荒くなる私。
実は私、Fカップと巨乳で、肩こりの原因も胸のせいなんです。
そういえば肩揉み専用のシートに顔を伏せていたから気がつかなかったけど、お店の中にはBGMが流れるだけで他に人の気配もありません。
ようやく自分の身に何が起こっているのかわかった私ですが、不思議と恐怖はなく、期待と躊躇いが混じった気持ちでいっぱいでした。
大人しい見た目に似合わず私はエッチ好きですし、おじさんの手つきが気持ち良くて・・・。
とうとう私は小さく声を上げてしまいました。
するとおじさんの手が服の中に入ってきて、乳首をクリクリ刺激されてさらに悶える私。

「感じてるね?」

湿った息が耳にかかり、脇腹におじさんの膨らんだ股間が押しつけられます。
服の中でブラジャーをたくし上げられ、もう胸全部を弄くり回されてしまいました。

おじさんはもう待ちきれないと言わんばかりに私の手を引き、全身マッサージ施術専用の個室まで慌ただしく移動しました。
施術台に乗せられ、服を捲られるとすぐ胸にむしゃぶりつかれて、私はアンアン喘いでしまいました。
執拗に吸われ、舐められ、乳首を転がされて・・・。
もう胸ごと食べられそうな勢いで鼻息荒く私の胸を貪るおじさん。
もうすでにパンツはびちょびちょで、膝を擦り合わせてモジモジする私に気がついたおじさんにすぐさま足を大きく開かされ、ズボンとパンツを一緒に剥かれました。

おじさんは私のソコをしげしげと覗き込みました。
店内が薄暗いとは言え恥ずかしくなり、足を閉じようとすると逆にさらに大きく開かされて、指が1本入ってきました。
それは濡れそぼったソコに驚くほどスルッとスムーズに入り、すぐに物足りなくなった私は「もっと~」とねだって、指は3本になりました。
おじさんの指が私の中を好き勝手に動いています。
あっという間に弱いところを見つけられて、私のソコはおじさんの指をキュンキュン締め付けてしまいます。

プロの手によって何度か絶頂を迎えてぐったりした私におじさんが被さってきました。

「もういいかな?」

いつの間にか取り出した怒張で、すっかりぐちゃぐちゃのソコをツンツン突かれました。

「生はダメ」と言おうとすると、おじさんのアレにはすでにばっちりゴムが装着されており、断る理由もなくなりました。
でも、今になって最後の段階を許可することを躊躇う私に焦れたのか、おじさんのモノが唐突に挿入されました。
半ば犯される形になり、興奮してしまう私。
おじさんの出っ張ったお腹が私の下っ腹に当たるのも、恐ろしい速さで腰をガツガツ振られて感じきってしまい、「やめて、嫌、ダメ」と拒否するようなセリフばかりが口を出ます。
するとおじさんが私に被さり、興奮しきった呼吸が顔にかかりました。
私もおじさんにしがみつきました。

「イッちゃう、嫌、気持ちいい。おじさん、もっともっとしてぇ」

「ほんとにやらしい体してるよー。ほら、ほら、ほら!」

「あ、あ、あああ!」

それから何回やったのか。
気がつくと施術台の上で服を整えられてぼうっとしている私。
かれこれ1時間以上は行為に耽っていたと思います。
また近々、そのお店に行くつもりでいます。

タイトルとURLをコピーしました