両親が留守の間に双子の妹と

この体験談は約 7 分で読めます。

「ふわぁ~、んだぁ?もうこんな時間か」

まだ寝たいのにと思いつつもしぶしぶ起きる。

あ、自己紹介が遅れた。
俺、啓(仮名)。
普通の平凡な高校1年生だ。
お母さんとお父さん、あと兄妹が1人いる。
はっきり言って普通の家庭だ。

起きたのは7時。
はっきり言って眠い。

「お~い啓、起きた~?」

名前を呼び捨てしているが、彼女じゃありません。
母でもなく父でもない。
じゃあ誰かって?
双子の妹です。
名前は香織(これも仮名)。
やさしい子です。
そして可愛いです。

「お兄ちゃん」って言ってくれると嬉しいんだけど、「だって同い年じゃん」って言われて却下された。
俺が先に生まれたから兄だそうだ。

「目は覚めたよ。まだ着替えてないから出てってくれないか?」

パジャマの第1ボタンを外しながら言う。

「はいはい。もうご飯出来ているから早く来ないと当たらないよ」

「へいへ~い」

上着を脱ぎながら言う俺。

っつうわけで夕方。
帰っても誰もいない。
そりゃそうだ。
親は共働きだから。
しかも何だ?
この机の上にある紙は?

(まさか・・・)

ピラッ。

『啓へ。◯日まで帰れないから、よろしく~!2人っきりだからといって香織に変なことするんじゃないよ!』

◯日って・・・。

(はっ!!いっしゅうかん!?まじか!?1週間もあいつと2人っきり!?やばいよ!耐え切れないよ!俺の欲望が!じゃなかった腹が!俺、料理できねえって!・・・ま、なんとかなるか)

なんとかなる!が俺のモットー。
意外と便利だ。

ガチャッ。

「ただいま~!」

「お帰り~」

帰ってきたから親のことを言った。

「啓と2人っきり?ヤッター!!」

(・・・ヤッター?)

「啓、あのね、私、料理できるようになったんだよ!今準備するから待ってて!」

嬉しそうに台所へ向かう香織。
料理の出来ない彼女を持つ気分ってこんなんかな・・・、と考える。
不安だ・・・。

美味い。
びっくりするほど美味い。
って言ったら小突かれた。
香織がこんなに料理ができるとは思わなかった。
夕飯食べている時、香織の顔がずっと笑っていた。
そういや、2人っきりになったのって初めてだな~。

「ごちそうさま。美味かったよ、ありがとな」

褒めると、ちょっと頬を赤くして嬉しそうに照れるんだ。
もう可愛すぎる。
ぎゅっと抱き締めたくなるような可愛らしさ!
(兄バカだ)
そういう感情を抑えて、一緒に皿を洗う。

「なんか夫婦に見えるよね。私たち」

って隣で言うんだよ。
俺なんか照れながら、「バカ、何言ってんだよ」って言うと、「あ、照れてる照れてる~!」ってからかうんだよ。
兄の威厳なし・・・。
まあ、いいんだけどね。

あの夜、飯を食い終わった後、リビングで小説を読んでいた。
香織はダイニングキッチンでテレビを観てたかな?
小1時間ぐらい経った時、キッチンにいた香織が、「お兄~ちゃ~ん♪」とか言いながらソファーに座っていた俺に後ろから抱きついてきた。
抱きついたのよりも、いつも「啓、啓」としか言わなかった香織が、いきなり「お兄ちゃん」にランクアップ!

(これは来たか!?)

・・・と思いきや、なんか酒臭い。

「お前、酒飲んだのか?」

聞くと、片手に持ってたアルミ缶を差し出しながら・・・。

「これ、冷蔵庫の中にあったから飲んでた~!」

『ギュギュッ!と絞ったグレープフルーツ』って印刷してあるのがわかった。
ちなみに、これはアルコール度4%と弱いけど、ちゃんとしたお酒だ。

「おい!これ、酒だぞ!」

「い~じゃんい~じゃ~ん。飲んじゃったもんはしょうがないし~」

わかっているのかいないのか・・・。

「ね~お兄~ちゃ~ん。お兄ちゃんは私のこと好き?」

隣に座ってきていきなり言われた。
心臓が飛び出しそうになった。

「んな!?何言ってるんだよ!」

「私は好きだよ」

爆・弾・発・言!

「だからお兄ちゃんはどう思ってるんかな~って思ったの~」

エヘヘッって言いながら肩に香織の小さい頭が乗った。
こっからは俺の思い。
いや、確かに嫌いじゃないが・・・っていうか、むしろ好きな方だ。
しかし、だからといって、そう言ってしまうと、いっそう甘えてくるしな~。
でも、「嫌い」と言ったら泣いちゃいそうだし・・・。
やっべ~、どうしよう。
・・・まあ、酒が入ってるし、ただ言ってるだけかも。
そうじゃなくても、次の日には忘れるだろう。
じゃあ、いいかな?

「う・・・ん。俺も、まあ、その、す、好き、だよ・・・」(赤面)

やっぱり恥ずかしい・・・。

「本当!?」

目を輝かせながら俺の顔を見る。

「あ、ああ・・・」

嬉しそうに言われると、なんか嬉しくなってしまう。
今度は俺の腕を抱き締めた。
香織の胸(Bかな?)が俺の腕にモロ触れる。
そして・・・。

「じゃあ、キスして?」

核降下発言!!

「はあ!?」

いきなりの発言に俺の頭は混乱した。

「何よう、好きだって言ったのは嘘だったの~?」

いや、「好き」って言葉は嘘ではない。
だから抱きつかれても何も言わない。
でも、キスはやりすぎだろ!

やっぱ兄妹だから止めておこう・・・。(←表向き)

やばい、キスしたくてたまらん!
この可愛らしい唇に触れてみたい!
兄妹なんて関係無しでやりたい!!(←本音)

すんません。
本音が勝ちました。

「わ、わかった・・・。キスするから、ちょ、ちょっと目ぇ閉じてくれないか?」

いくらなんでも目を開いたままじゃ出来やしない。

「うん!わかった!」

素直に上向き加減に顔を上げ、目を閉じた。
少しずつ顔を持っていく。
だんだん顔が近づいてくる。
もう吐息がかかる距離。
俺も目を閉じて、香織の唇に軽く触れた。
なんか浮いたような感覚に襲われた。
ちなみにキスは初めて。
実際は2分だが、俺には10分ぐらいに思えた。
ぱっと離れた。

「こ、これでいいか?」

返事がない。

「香織?」

くぅ~~~~・・・。

キスした状態で寝ていやがった。
俺は拍子抜けて、ソファーにもたれて長い溜息を吐いた。
少し気持ちが落ち着くと、香織をお姫さま抱っこで自室のベッドに運んで寝かした。
リビングに戻ろうとした時、ズボンを掴まれた。

「お兄ちゃん、一緒に寝て?」

泣きそうな声で言った。

「わかった。一緒に寝てやるから、ちょっと待ってろ」

俺はしょうがないなって顔でそう言うと、「うん・・・」ってすぐに返事した。

俺はぱっぱと全部の電気とストーブを消して、香織の入っているベッドに潜り込んだ。
入ると、すぐに、「お兄ちゃん、腕枕して?」って言われた。
やる気はなかったが、なんかここで香織を泣かしたら後々後悔しそうだったから、「ハイハイ」って感じで腕枕をしてやった。
香織は俺に近づいて、腕に頭を乗せたら、すぐに眠った。
俺もすぐに眠った。

両親は、あと3日は帰って来ない。
勉強は一応しているが、基本的にはだらだら生活の俺。
(はっきり言って俺は真面目ではありません)

今度は自室で昼寝をしようとしてた時のこと。
ベッドに横たわる。
寝たかったのに、部屋に入ってきた香織が隣に横たわった。
だいぶ慣れてきたが、やっぱりまだ恥ずかしい。

「香織、頼むから眠らしてくれ・・・」

そう頼んでみたが、「や~だ!」と案の定否定。

「ねえ、キスして?」

普通、こんなん言われると否定しまくるが、「ああ、いいぞ」って普っ通にオーケー。
軽いけど、ちゃんとしたキス。
朝起きて1回、学校に行くのに自宅の玄関で1回、帰って来て1回、飯食い終わってからしばらくして1回、んで、フィニッシュに寝る時に腕枕しながら1回。
1日に計5回もキスをしている。
キス魔かも・・・。
だから、キスするのになんも違和感がない。

「ねえ、お兄ちゃん」

家ではこう言っています。

「ん?なんだ?」

俺は仰向けになりながら言った。

「・・・ううん。なんでもない。おやすみ」

ちょっと顔を赤くして目を閉じた。

「(?)うん。おやすみ」

訳がわからないまま俺も目を閉じた。
目は閉じてるけど、意識は起きている。

「・・・んっ」

どうやら香織は起きているらしい。

「・・・あっ!」

(・・・え?)

「んっ、はぁ、はぁ、んぁっ!」

っちょ、ちょっと、ちょっと待てい!
なんや?この押し殺したような声は?

「ああっ!あっ!お、お兄、ちゃん・・・!」

待て待て待て待てぃ!!
もしかしてもしかするとぉ?

香織の声で一気に脳が覚醒した俺は、薄っすらと目を開けた。
そこには、なんかエロっぽい顔をした香織の顔が映った。
下半身辺りで、いやらしい音を立てるのとほぼ同時に声を上げていた。
そう、香織はオナニーをしていたのだ。

「お兄ちゃん、んぁ!あっああああああっ!!」

結構早くからしていたのか、もうちょっと見たかったのにイッてしまった。

「はあ・・・はあ・・・」

ぐったりしている。
俺はゆっくり目を開けた。

「・・・」

完全に目を開いたのに、香織はまだ気づいていない。

「・・・!!」

やっと気づいたのか、肩をビクッとさした。

「おはよ」

「お、おはよ・・・」

顔を真っ赤にしながら言い返した。

「何してたの?」

本当は知ってたけど、あえて聞いてみた。

「な、何って・・・、その・・・」

「オナってた?」

赤い顔を一層赤くして、俺の胸に顔を押し付けた。
目が合わせられないのだろう。
俺は香織を優しく抱いた。
しばらくして香織が顔を上げて俺を見た。
それと同時に俺はキスをした。
いつもの軽いキスじゃなく、ディープキスをしてやった。
最初は驚いていたが、ちょっとしたら受け入れてくれた。

「して欲しいか?」

香織は無言で頷いた。
ここまできたら俺はやめられません。
香織が嫌って言わない限り止めません。

「いいのか?」

「お兄ちゃんじゃないと嫌なの。だから、お願い・・・」

俺は頷いて香織の上に覆い被さった。
まずはディープキス。

「ん・・・んふ・・・」

だんだん息遣いが荒くなってきた。
ここで、ちょっと身体を浮かせて服越しに胸を揉んだ。
正直、とても柔らかかった。

「あっ!・・・」

ちょっと揉んだだけで香織は感じていた。
香織の服を脱がそうとしたら・・・。

「ごめん。お兄ちゃんも脱いで。1人じゃ恥ずかしいから・・・」

「ん、わかった」

ということで俺と香織は丸裸になった。
香織の身体は綺麗だった。
もうそれしか言いようがないくらいに。
胸はやっぱりBカップだそうで、あそこの毛は薄っすらとだが生えていた。
今度は片手で胸を揉んで、もう片方の胸を口でしてあげた。

「あっ!んぁっ!はぁっ!ああっ!」

どうやら、すごく感じているようだ。
残った手で香織のあそこに持っていく。
案の定、びしょびしょに濡れていた。
指をあそこの下から上へと撫でていくたびに・・・。

「あっ!だ、駄目!そこは!あ!ひゃあ!」

なんて可愛く叫んでいた。
もう俺のあそこはびんびんのガチガチで、入れたくてたまらなかった。
俺は、胸から手も顔も離して、俺のモノを香織のあそこに持って行った。

最後の問い。

「本当に、いいんだな?」

「う、ん・・・。入れて、お兄ちゃんのが欲しいの」

それを聞いた瞬間、俺は自分のモノの先端を入れた。

「ひう!?」

痛かったのか、香織は信じられないぐらい強く俺に抱きついた。

「香織?大丈夫か?止めるか?」

「ううん、大丈夫。我慢するから、最後までやって」

俺が少しずつ入れるたびに香織は我慢して耐えた。
最後まで入ると・・・。

「・・・入った」

「ああ・・・」

「繋がっているんだね。私たち・・・」

「うん。そうだよ。嬉しいか?」

「うん、とても・・・」

確かこんな会話をした。

「動かすよ」って言ったら頷いたので、ゆっくり動かした。

香織の中は熱くて気持ちが良かった。
射精感が来ても休みながら耐えていった。

どんどん動くスピードを速くしていくと、「お兄ちゃん・・・。お兄ちゃん・・・」って言っていた。

しばらくして香織が叫びながらイッた。
ほぼ同時だったが、中で出すのはやばいと思って出す寸前に引き抜いたら、香織の腹に大量の精子がかかった。
俺は力尽きたように香織の隣に倒れ込んだ。
香織のあそこからは、少しだが血が出ていた。

「大丈夫か?」

「うん。ありがとう。大好きだよ、お兄ちゃん」

「俺もだ」

そのまま2人して抱き合って寝た。
ちょっと前まで寝ていたのに、今はとてつもなく眠たかった。

タイトルとURLをコピーしました