スナックの美人巨乳ママと念願のエッチ

この体験談は約 3 分で読めます。

私は44歳のサラリーマンです。
10年前の12月の出来事です。

当時35歳だった私は結婚を意識した彼女と別れ、寂しさを癒す為に最寄駅の飲み屋街のスナックに通いました。
その店でチーママの優里(35歳)と出逢いました。
年齢を感じさせないボディと色気に一目惚れでした。
優里にはタクシー運転手のダンナがいました。
ダンナの給料が安く、ダンナの勤務時間が夕方から朝で、子供もいないのでスナック勤めをしていました。
優里は自慢の巨乳を見せつける衣装で男性客を楽しませてくれました。
胸の谷間は当たり前に見えていて、ブラジャーもちょくちょく見えてました。
タイトスカートから覗くムチッとした脚線美も目の保養になりました。

いつの間にか前のママが引退して、雇われですが優里はママになりました。

(セクシーで美人な優里ママとエッチしたい)

そんな願望を心に秘めて、私を含め、男性客は店に通っていました。

優里と出逢って2年が過ぎた12月、私は急に転勤になりました。
仙台の人間が病気で長期入院となり、その補充でした。
会社の引き継ぎやら飲み会が続き、優里の店に顔を出せたのは28日でした。
優里ママに転勤を報告しました。
優里はとても驚き、そして悲しんでくれました。
私も優里に会えなくなる現実に、改めて寂しくなりました。

「青田さん!送別会しましょ!」

閉店後に優里に誘われ、2人で居酒屋に行きました。
個室に入り、バカ話や思いで話で盛り上がりました。
優里に奢ってもらいました。
夜の2時なので優里を送っていくことに。
歩いて10分くらいの小綺麗なマンションが優里夫婦の住まいでした。

「コーヒーでも飲んでく?」

優里の誘いにドキッとしました。

「ダンナがいない深夜にお邪魔していいの?」

「青田さんって意気地なしなのかな?」

「そ、そんな事ないよ!」

私は意地になり部屋に上がりました。
そして15分後にはキスをしていました。

「青田さん・・・寂しくなる」

「俺もママと会えなくて寂しいよ・・・」

舌を絡ませあうキスでした。
優里ママのキスの味・・・。
早くも勃起していました。
愛撫を継続しながら服を脱がすと90センチを越える巨乳を包んでいる黒いブラジャーが現れました。

(す、凄い・・・)

生唾ものでした。
タイトスカートも脱がすと、薄いブラックのストッキングの下に黒いブラジャーとお揃いの黒いパンティでした。
優里の白い足とブラックのストッキングの色が混じりあいエロさ倍増で私はフル勃起でした。
ブラジャーを外すと乳首と乳輪にニップレスを貼っていました。

「優里ママ・・・ニップレス貼ってるんだ?」

「一応・・・ムネチラの服でサービスしてるから・・・万が一に備えて(笑)」

「このニップレスの中を何人の客が見たいと思ってるか・・・」

「青田さんに見られるの?」

「ニップレスの中の乳首と乳輪の色と形を何度想像したか・・・。俺も全ての客も・・・」

「あ・・・青田さんに見られる・・・」

私はニップレスの縁に指を持っていきました。

(優里の乳首を見ていいのか?ダンナがいる人妻の乳首を見ていいのか?)

一瞬躊躇しました。

「青田さん・・・見ていいよ。お客に見られるの、青田さんが初めてだよ・・・」

嬉しい言葉に興奮して、遂にニップレスを剥がしました。
優里の乳輪は巨乳の為に少し大きいですが許容範囲です。
乳首と乳輪の色は薄茶色でした。

「優里!これが優里のおっぱいか!こんな色と形をしてたんだ!」

夢中でしゃぶり尽くしました。

「あん!あ・・・お客さんに見られた・・・あなた、御免なさい・・・」

優里も感じていました。
ストッキングとパンティも脱がして優里のフルヌードを目に焼き付けました!

その日から10年。
私も40歳で仙台の営業所の女子社員(32歳)と結婚しました。
妻は真面目で可愛い女性ですが、優里とのエッチを越える興奮はありません。
やはり背徳のエッチには敵いませんね。