娘婿さんの性処理のお手伝いができる喜び

この体験談は約 3 分で読めます。

私は56歳、主人は58歳の2人暮らしです。
夫婦の営みは少なく、多くて月に2回が限度。
主人は弱いようですが、外に女がいるそうです。
昨年、私も不倫して1年足らずに十数回、初老の方とお遊びを致しましたが、あまりにも心優しい方で情が移るのが怖くなり、お別れをしたのです。

その後、昨年の11月に嫁いだ娘が無事に出産し、初孫も見たいし、娘婿さんの食事などの世話のために、喜んで娘達のアパートに駆けつけることになりました。
予定は娘が退院するまでと決めて出かけました。
まずは病院に行き、可愛い孫を見て安堵し、娘を褒めました。
初孫の喜びは言葉で表現できません。

お手伝いする用件を娘に教わり、アパートに帰りました。
可愛い娘婿さんのお世話は、朝夕の食事や掃除洗濯が中心です。
しかし自分の家ではないため、勝手気ままというわけにもいきません。
最初の日は娘婿さんも休暇を取り、夕食は外で済ませてアパートに帰り、風呂に湯を入れてから2人で出産祝いとして缶ビールを頂きました。
私はアルコールに弱いので、すぐにほんのり酔った気分でした。

娘婿さんは「先に入るよ」と言い、ブリーフ1枚になって浴室に向かったのですが、その時に気が付いたのです。
すでに勃起していたらしく、こんもりと山のようになっていたのが見えたのです。
ご無沙汰のせいか、いやらしい事を思い出してしまいました。
そっと手でオマンコを触ると、すでに濡れていました。
テレビを観るふりをしながらオナニーに耽っていると、知らぬ間に後ろに娘婿さんが黙って立っていました。
私は驚いてしまい、声も出ませんでした。

「お母さん、綺麗ですよ!俺もご無沙汰なので困っていたんです。お風呂で手で扱いて処理していましたが、もう限界です。お母さんのせいで立ったんですよ。お願いだから責任を取って欲しいです」

私は二の句が出ませんでした。
きっと本心から言っているのでしょうし、私も疼いていました。

「お風呂に入らせて・・・」

そう言って入浴して綺麗に流して、バスタオルを巻き、覚悟をして部屋に戻りました。
娘婿さんは、ソファーで缶ビール片手に勃起したオチンチンを触っていました。
私は傍に座り、覚悟を決めて言いました。

「娘には内緒にしてね。こんなオバサンでも良いなら、好きなようにして下さい。私も娘の代わりが出来るなら嬉しいわ」

「お義母さん、咥えて欲しいです」

娘婿さんは注文を付けてブリーフを脱ぎました。
いきり立った見事なチンチンを見せられると我慢できず、大きく口を開いて咥え、頭を振りました。
主人の竿より立派ですし、硬い茎部の血管は浮き上がっています。
これまで5~6人の男性と関係しましたが、若い男は初めてなのでウキウキ気分。
ひたすら頭を振っていると・・・。

「お義母さん、お返しをさせてください」

キスから始まり耳からうなじ、そして子供のように乳房を吸われ、挙句の果てはM字開脚にされてオマンコと肛門を舐められ弄られ、イッてしまいました。
朦朧としていると、バックからオマンコを押し広げるように、娘婿さんのオチンチンがヌルヌルになったオマンコに押し込まれ、腰を激しく振られました。

「お義母さん、最高だったよ」

「お手伝いが出来て、私も嬉しいわ」

そう言ってお口で綺麗にお掃除をしてあげると・・・。

「お義母さん、またお願いします」

「いいわよ、だって貴方のお手伝いに来たのだから」

私はお風呂でシャワーして隣の部屋で床に就きましたが、なかなか寝付けず、時計を見るとまだ11時。
つい、隣の娘婿さんの部屋に再び足を運んでしまいました。
娘婿さんも興奮していたのか、突然の訪問を歓迎して下さりました。
いやらしいエロビデオをセットして、私の着ている物を取り去り、自分も全裸になるとすでに半立ちになっていました。
愛撫は程々に、硬さが増したオチンチンで串刺しにされ、正常位で一度出されました。
次にはアナルを弄られ、お尻で受け入れてしまいました。
じつはアナルは経験済みなのでさほど痛みもなく挿入でき、直腸に娘婿さんの射精を受けたのです。

そのまま同じ床で一夜を過ごしました。
朝6時頃に、またオマンコに出されました。
4回も体内に若い精液を受け入ることができて、私は大満足でした。

朝食はトーストと牛乳と目玉焼きを準備して、娘婿さんは機嫌良く出社していきました。
娘が孫と退院してくるまで、まだ1週間はあります。
あと1週間もこんな毎日が続くと思うと、もちろん娘に対する罪悪感はありますが、女としての悦びを感じずにはいられませんでした。