ヘルパー先で見てしまったお孫さんのオナニー

この体験談は約 7 分で読めます。

ヘルパーの仕事を始めて、早3年が経ちました。
某介護事業所ですが、まだまだ小さく、私を含め6名ほどで運営されています。
社長はいつも営業に出ているのですが、現状ではなんとか黒字を続けてはいるようで、従業員同士は家族的な付き合いをしています。

私は朝から夕方まで、特別のキャンセルがない限り、どこかの家に訪問し、身の回りのことをしています。
国の政策がおかしいのかどうかわかりませんが、高齢者は必死に生きているといった感じで、ヘルパーという仕事は必要だと感じ、誇りを持って仕事をしています。

週に2回くらい行っている、ある高齢者家庭があるのですが、不覚にも私はそこで罪(?)を犯してしまったんです。
いつもはその家庭は、おじいちゃん1人が家にいて、家族の方は仕事でいないのですが、ちょうどその日は、お孫さんの学校が休みで家にいたんです。

私が2階の掃除をしようと階段を上がっていくと、なんだか変な声が聞こえるんです。
その声は、どう考えても女性の喘ぎ声なんです。
そっとドアに耳をつけると、やっぱり喘ぎ声でした。

私は48歳になりますが、恥ずかしながら月に1~2回くらいは主人とセックスをしています。
たまにはオナニーもします。

ドアに耳をつけていると、さらに女性の喘ぎ声で、「イク~、助けて~・・・」と聞こえたんです。
なんかすごく体がゾクゾクしてきて、エッチな気分になってきてしまったんです。
ドアに耳を押し当てていると、鍵が掛かっていなかったように、ドアを開けてしまったんです。

「あっ、すみません・・・」

時すでに遅し。
下半身裸のお孫さんが、エッチなビデオを観ながらオナニーしていました。

「な、何?いたんですか?」

「はい、ヘルパーの仕事で・・・」

なんともバツが悪い雰囲気で、お互いにどうしたらいいのか分からずに、お孫さんは急いでズボンを穿き、私はすぐにドアを閉めました。

私の心臓はバクバク鳴っていました。
初めてなんです。
男性のオナニーを見たのは・・・。
ドアを閉めてもドキドキして、その場から動けずにいると・・・。

「あの~、入って来てもらえますか?」

「い、いいんですか?」

そしてドアを開けると、お孫さんはニコっとして・・・。

「見つかっちゃいましたね」
「いいえ、いいんですよ、お若いんですから・・・」

「あとどのくらいでじいちゃんの介護は終わりますか?」
「あ、はい、・・・もう終わったようなもんですが・・・」

「お願いがあるんです」
「私でできることなら聞きますが・・・」

「僕のしてたとこ、見ましたよね?」
「は、はい・・・、でも・・・」

「良かったら、抜いてもらえませんか?」
「は?私がですか?」

「はい、手だけでもいいんです。お願いです」

お孫さんは、土下座して頼んできました。
私も少しムラムラしていました。
でも、もちろん断りました。
それでもしつこくお願いされたので、とうとう部屋の中に入り、ドアを静かに閉めました。
私の悪い癖で、頼まれると断れないんです。
それに息子と同じくらいの年齢で、男というよりも母性を揺り動かされてしまって・・・。

「じゃあ、少しだけなら・・・」

「ありがとうございます」

その時の嬉しそうな彼の笑顔は今でも忘れられません。
しかし、このまま手で触るのも不衛生かなと思い、1階でタオルをお湯で濡らせてきて、とりあえず綺麗に拭くことにしたんです。
私はヘルパーなので、高齢者の男性の入浴の介助もしていましたので、それと同じと思えば、そんなに難しくはないかと自分に言い聞かせ、お孫さんのズボンを下げました。
すると顔の前に、主人のアレよりもだいぶ大きくて硬いペニスが現れました。
それを見たとき、瞬時に想像してしまいました。

(アソコにこれを入れられたら、どんなに気持ちいいんだろう・・・)

アソコが濡れてきたのが、はっきりとわかりました。
そっと硬直したペニスに触れました。
見たまんまのカチカチで、ペニスを下に向けようとしても、すぐに上に向くんです。

「痛かったら、言ってね」

恐る恐る手を上下に動かすと、すごく激しく脈を打ち、すごい勢いで立っているんです。
主人のペニスとは明らかに勢いが違います。

「あ~、気持ちいいです」

「ほんとに?すごい硬いわ」

「あ~、気持ちいい、ツバをつけてもらえませんか」

言われるままに唾液をいっぱいペニスに垂らしました。
クチュクチュと音がして、ずっと滑らかに上下運動できるんです。
ヌルッ、ヌルッ、という感じで滑らかに動き、ペニスはさらに脈を打ち、お孫さんは上を向いて、私の手の刺激を心から味わっているようでした。

「イク時は言ってね」
「あ、はい、あ~、もうすぐイキそうです」

「もっと速くするわよ」
「あ~、いや、ちょっと待って」

私の手を、お孫さんは慌てて止めました。

「どうかした?」

「いや、その、できたら、口でして欲しいんですけど・・・」

「え、口で?」

少し考えましたが、お孫さんが可愛くて、私は何も言わずに、そっと口にペニスを含みました。

「あ~、すごい、温かい」

ゆっくりと顔を上下させ、そして舌で亀頭をペロペロと舐めました。
おそらく口に含んでから30~40秒くらいだったと思います。
お孫さんは私の頭をぐっと掴んで・・・。

「あ~、だめだ、イクっ、イクっ、ああああ~っ」

もう見なくてもわかるくらいに大量のドロドロの精子が口の奥に飛び出てきたんです。

「う、ううう~、あああ~」

全部出たのでしょうか、ペニスを口から抜いて、口の中の精子をティッシュに吐き出しました。

「すごかったわ、とっても濃い精子だったわね」

「う、うん、溜まってたから・・・」

お孫さんは急に恥ずかしそうにズボンを穿きました。
でも・・・私の体は火照ったままなんです。

「これで終わり?」

「は?終わりって・・・いや、その・・・」

「まだズボンを穿いちゃだめ、さあ脱いで」

私は高齢者を介護するようにズボンを脱がせ、トレーナーの上も脱がせました。
すると、結構筋肉質な体なんです。
それを見ただけで、さらに私のアソコは濡れてきました。

「私のおっぱい見たい?」
「え、あ、その~・・・」

「見たくないの?」
「いえ、見たいです」

私はエプロンを取り、会社から支給されている制服を脱ぐと、上半身だけ下着姿になりました。

「うわ~、おばさんのおっぱい大きいね」

「女は年を取ると大きくなるの、触ってみる?」

「う、うん・・・」

私は彼にブラのホックを外すように言いました。
少しもたついたみたいですが、ブラが外れると、ポロンとおっぱいがこぼれ出てきました。
彼は後ろから私の豊満なおっぱいを鷲掴みにします。

「あ、う~ん、優しく揉んでね」
「こうですか?」

「う~ん、そうよ、気持ちいいわよ」
「すごいですよ、手の平じゃ収まらないですよ」

「乳首も摘んで」

2本の指で乳首を摘まれると、私の体に電気が走り始めました。
強く揉まれたり弱く揉まれたり、その強弱がすごく気持ちよくて・・・。
そしてお尻には、早くも彼のペニスが回復してくるのがはっきりとわかりました。
お尻に当たるたびに、挿入を催促されているような感じがしました。
お孫さんのペニスが硬直しているのをお尻で感じ、私は入れて欲しくて我慢できなくなりました。

「入れてみる?」

ちょっと小悪魔っぽく言ってみると・・・。

「う、うん、でも俺、まだ体験したことないし・・・」

「いいの、私が教えてあげるから」

まずはお孫さんの服をすべて脱がせました。
なかなかの筋肉質で、ペニスだけがすごく大人びて見えました。
そのままベッドに寝かせてからカーテンを閉め、私も服を脱いでいきました。

「なんかすごくいやらしい体ですね」

「もう~、あんまり見ないで、恥ずかしいでしょ」

私も布団に潜り込み、ゆっくりとキスをして、ペニスをもう一度シコシコしながら馬乗りになり、握ったペニスをおまんこへゆっくりと挿入していきました。

「あ~、ああ~ん、硬いわ~、すごいわ~」

「う、うう~、あ~、気持ちいいよ、すごくいい」

「こんなの久しぶり、もっと奥まで入れてもいい?」

徐々に硬直した熱いペニスが私の中へ入ってきます。
ヌルヌルのおまんこは久しぶりのペニスに喜んで、愛液が大量に出てきます。
次の瞬間、お孫さんがいきなり腰に力を入れて突き上げてきたんです。

「ああ~、いい~」

「気持ちいいよ、もっと動かしてもいい?」

「いや、だめ、まだよ、あああ~、だめ~」

硬直したペニスが子宮を突き上げ、その度に体中に電気が走り、もうどうにかなりそうになっていました。
私も負けじと腰を前後に振り、込み上げてくる快感を感じながら、気持ちよさそうなお孫さんの顔を見つめました。
次の瞬間・・・。

「ああああ~っ、だめ~、イクっ、あああああ~っ」

我慢しようと思っていたのですが、あまりの快感に力が入らず、絶頂を迎えてしまいました。
そのまま私はお孫さんに抱きつくように倒れ込ました。
お孫さんはまだ腰を振り続けていました。
そして体勢を変えて私が下になり、お孫さんを受け入れやすいように大きく足を広げられると、彼は気持ちよさそうに腰を振り始めました。

「あ~ん、あ~ん、気持ちいいわ、そうよ、もっと突いて~」

「あ~、すごい、すごくいい、気持ちよすぎる・・・」

「私もよ、すごくいいわ、もっと、もっと~」

私は叫び声のような声をあげていました。
この若いペニスを思いっきり堪能したいと心から思っていました。

「あ~、だめだ、おばさん、イキそうだよ」

「いいわ、全部ちょうだい、中でイッて~」

「イキそうだよ、ああああ~っ、ああ~っ」

私はお孫さんの精子をすべて受け入れました。
彼がイク瞬間におまんこから引き抜いて欲しくなかったので、そのままお孫さんの腰を掴み、離れないように私も必死でした。
やがてお孫さんは私に倒れ込んできました。
そのままの状態でどのくらいの時間が経ったでしょうか、私はすごく幸せを感じていました。
主人とはまったく違う、力強い肉体を抱き締め、射精してもすぐには衰えないペニスをおまんこでしっかりと締め付けて、セックスの余韻を感じていました。

「ありがとう、すごくよかった」
「私もすごくよかったわ、こんなセックスは久しぶり」

「これは2人だけの内緒だよね?」
「もちろん。でも、またしてくれる?」

「はい」

お互い服を着て、何事もなかったように1階に下りていきました。
おじいちゃんは私を待ち侘びていたようで、すぐにトイレに連れて行きましたが、やはり10代のペニスと80代のペニスは全く違いました。
そして、こんな私は介護士失格だなと思ったりもして・・・。

若い時から私は、人よりも性欲が強いことを自覚していました。
結婚して主人としかセックスをしなくなって、主人が仕事で疲れている時は、こっそりオナニーをしていました。
でも、これからはセックスに困らなくて済みそうです。
今では週に1度、ラブホテルでお孫さんとセックスをするようになりました。