逞しい彼の体に夢中です

この体験談は約 2 分で読めます。

31歳の専業主婦です。
夫に不満はありませんでした。
可愛い子供もいて世間的には幸せな家庭だと思います。

なのに、なんとなく始めた出会い系にハマってしまい、1つ年上の妻子ある男性と会うことに・・・。
送ってもらった写真は何度も見ていますが、実際の彼は胸板の厚い筋肉質の身体をしていました。
その逞しい身体を見て力強いセックスを想像したら、もう濡れてビショビショ。
私から彼の手を握り締めてホテルに誘っていました。

部屋に入ると同時に唇を重ねました。
彼は私を強く抱き締め、優しくそっと舌を入れてきました。
彼のモノがだんだんと硬く大きくなっていくのが分かります。
ベッドに行き、服を脱がされ裸になり、私の乳房を片手と口で、もう片手で私の大事な部分を・・・。
私も負けじと彼のパンツを脱がして、そそり立った大きなモノをしゃぶりました。

私の口の中でさらに巨大化していく彼・・・。
私から「入れて」と足を開き、生のまま受け入れました。
私の膣が彼の形になっていきます。
熱くて大きくて硬くて、本当にすばらしいモノでした。
夫とは比べ物になりません。

彼の割れた腹筋と厚い胸板、力強く激しい腰の動きに失神寸前でした。
何度か体位も変えましたが、どの体位でも膣の奥まで彼のモノが届きます。
子宮を突かれて何度もイッてしまいました。

彼も息遣いが荒くなり、「イッていい?」と言われ、私はもう放心状態で、「いいよ」とだけしか返事出来ませんでした。
彼の動きが速くなり、正常位で私をきつく抱き締め、私の中の奥深くで出したのです。
たくさんの熱い精子が中に広がります。
夢中で聞こえなかったのですが、「中に出していい?」と彼に聞かれてたみたいです。
彼が私の身体で射精し、精子が私の中いっぱいに満たされて、私は幸せを感じていたのです。

彼がモノを抜くと彼の精子が中から溢れ出してきました。
夫以外の男の精子を・・・それもあんなにたくさん。
後悔はしていません。

今も週に3回は彼と中出しセックスをしています。
もう彼なしではいられない身体になってしまいました。
毎回、大好きな彼にいっぱい出してもらってます。
もし妊娠したら、夫の子として産んで育てます。
そのため、時々夫にも抱かれます。
夫に抱かれたあとは彼に抱かれて、彼の精子で中を洗ってもらいます。

早く彼と会って抱かれたい・・・。