授業を抜け出して、彼や彼の友達と気持ちいいこと

この体験談は約 3 分で読めます。

今から書くのは、私が16歳のときに体験した話です。

私の名前は愛菜と言います。
私は中学の頃、女子たちから酷いイジメを受けていました。
そんな私を助けてくれたのが4人組の男子でした。
廉(れん)、優太(ゆうた)、陽真(はるま)、健太(けんた)の4人です。

その4人は、学校中から怖がられているいわゆるヤンキーだったので、私が関わることなどないだろうと思っていました。
でも4人に助けられた次の日から、私は4人と一緒にいるようになり、私も学校中から怖がられるようになっちゃいました。

その後、私は一番好きだった廉に告白されて付き合うことになりました。
そして4人と私は同じ高校に入学しました。
でも中学と一緒で、授業にはたまに出るくらいで、ほとんどサボっていました。

珍しく授業に出た日のことです。
私と4人の席はめちゃくちゃ近くて、授業中でも話してました。
ふと会話が途切れたとき、私の太股に違和感を覚えたんです。
(何かな?)と思って見てみると、廉の手が私の太股をいやらしく触ってました。
太股くらいなら別によかったので、意味のわからない英単語を聞きながら、特に廉のことは気にせずにいました。

でも、廉の手が私のパンツの中に入ってきました。
慌て廉の顔を見ると、ニヤニヤしながら私の秘部を触り続けてました。
もう何回かエッチしていたので、廉は私の弱いとこを知り尽くしています。
私は弱いとこを責められて我慢できなくなり、「んっ」って声を出してしまいました。
でも廉は気にすることもなく触り続け、とうとうイキそうになってしまいました。

私「っれ、れん・・・イッ・・・イッちゃう」

廉に言うと私の腕を掴んで席を立ち、先生に「早退する」と一言言って教室を出て行きました。
校門を出て、無言のまま白い家に連れて行かれました。

私「ここって?」

廉「俺ん家」

2階に上がり、部屋に入り、ベッドに投げられて押し倒されました。
そして急に服を脱がされ、私は下着だけになりました。
廉もあっという間にパンツだけになっていました。
廉は私のブラを捲り上げて胸を舐め回してきました。

「んっ」

教室でのこともあって、声が我慢できませんでした。

廉「声、我慢すんな」

そう言って、また胸を舐め回してきました。
舐めながらパンツの中に手を入れ、私の中をぐちゅぐちゅに掻き回してきました。

私「っあ・・・れっ・・・ん・・・イク」

廉「イケよ」

イキそうになったとき、プルプルーと、廉のスマホが鳴りました。

廉「もしもし」

陽真「俺だけど、俺らも早退したから。今、廉の家の前にいんの。入るなー!」

陽真の大きい声がスピーカーじゃなくても聞こえました。

陽真「おじゃまー」

3人は部屋に入るなり、目が点になってました。
そりゃ・・・私と廉が目の前でヤってるんだから。
終わりかなと思って廉のほうを見ていると・・・。

廉「お前らも一緒にヤる?愛菜、めっちゃ気持ちいいぞ!」

きっと、そのときの私の顔って、(◎д◎)こんな感じだと思います。
でも、さすがに3人も友達の彼女とはヤらないと思ったら・・・。

3人「いいの!!!」

目を輝かせて言ったんです。

廉「おう!」

(ちーん)←私の心の声。

廉が私を押し倒してチンコを入れてきました。
そして片手には陽真のアレ、もう片手には優太のアレ、口には健太のアレ。
私は今まで味わったことのない興奮と快感に声を抑えられませんでした。

「あっあっんっ」

みんなはすごい上手くて、私はされるがまま。
何回イッたのかわからないくらい。
っていうか、ヤッてるときの記憶があまりないんです。
唯一覚えているのは、私が廉とキスをして、私の秘部は優太がクンニして、胸は片方ずつ陽真と健太が、っていうシーンと、それがすごい気持ちよかったこと。

以上、今までのエッチで一番気持ちよかった話でした。
読んでくださってありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました