北海道行きの寝台特急の中で2人の男と

この体験談は約 3 分で読めます。

25歳のOLです。
小柄だけどバストは93のFカップです。

6月、友達と2人で北海道旅行をした時のことでした。
行きは上野から出てる寝台列車『北◯星』で行ったんです。

レストランで食事をしてると、スーツ姿の2人の男性が声を掛けてきました。
2人ともカッコよかったので一緒にご飯を食べて、おごってもらいました。
その後、サロンカーで外の景色を見ながらおしゃべりしていました。
やがて友達は眠くなったと言い、自分のベッドへ戻ってしまったんです。
私はその後もその2人と話していました。

男たちは個室をとっていました。
そこで少し飲もうよということになり、私はついて行ってしまったのです。
それがレイプの始まりだとも知らずに・・・。

男たちの個室へ行き、話をしながらビールを飲んで楽しいひと時を過ごしていました。
でも途中からいきなりエッチな話になって、私の体についてアレコレ聞いてきたんです。

「最近いつエッチした?」
「おっぱい大きいね。EかFカップでしょ?」
「乳首は大きいの?小さい?」
「毛は薄いほう?」
「ビラビラは大きい?色はまだピンク?」

などと恥ずかしい質問攻めで・・・。

私が恥ずかしがっていると、男の1人が「確かめさせて」と言っていきなり私に抱きついてきました。
もう1人も笑いながら抵抗する私の脚を抱えてベッドに押し倒しました。
1人に両手を頭の上で押さえつけられ、もう1人に馬乗りにされ、身動きできなくなりました。
馬乗りになった男が私のキャミソールを首までずり上げました。
そのとき私はブラをしていませんでした。
Fカップの生おっぱいを見るなり男たちは歓声をあげて喜びました。

馬乗りの男がおっぱいを鷲掴みにして、乳首を舐めたり摘んだりしてきました。
私はほろ酔い加減も手伝って、「いやあ・・・やめて、いやあ」と言いながらも、少しずつ感じ始めてしまいました。
もちろん恐怖もありました。
おっぱいも形が崩れちゃうかと思うくらい激しく揉まれ続けました。
色白の肌がピンクになって・・・。
馬乗りになった男が私のニットミニスカートを腰まで捲りました。
そしてピンクのパンティーをいきなりむしり取ると、脚を思い切り広げられ顔を埋められました。

「すげえ!クリが出てる!感じてるじゃん」

なんて言いながら荒々しい息をアソコへ吹きかけて、明るい電気のもとでじっくり見つめられました。
腕を押さえてる男も興奮しておっぱいを舐めています。
おっぱいを舐められ、アソコを舐められ、私の抵抗力も落ちていきました。

(ここまできたらもう抵抗できない、痛い思いはしたくないからじっとしてよう・・・)

そう思いました。
2人は私が抵抗をやめたのに気づき、そこから激しくエッチすぎるレイプ3Pが始まったんです。
痛いくらい、あざができるくらい、おっぱいを揉まれて乳首を噛まれ、気が狂うかと思うくらいアソコを舐められて指でイカされて、私の体は男たちの唾液でベトベトでした。
そうされながら代わる代わる男のペニスを口に突っ込まれ、口の中に出されたり顔にかけられたりして、私の顔は涙と精液でぐちょぐちょでした。

男たちのペニスは萎えることなく、私のアソコを突きまくりました。
四つん這いにされて、フェラをさせられながらヒップを高く突き上げられてバックで激しく攻められました。
途中、何度かフラッシュが光り、見上げると1人の男がレイプされている私をデジカメで撮っていました。
騎乗位でおっぱいを鷲掴みにされたりもしました。
もちろん中出しです・・・。
妊娠はしませんでしたが、中出しは彼にも許したことがなくて初めてのことだったのですごくショックでした。
でも、あの温かいトロリとしたものが勢いよく私の中で弾けた感覚は今でもはっきり覚えています。

結局、明け方近くまで犯され、弄られ続けました。
色々なものを挿入されました。
携帯や備え付けの細長い懐中電灯、男が持っていたバイブ・・・。
男たちは最初から誰かをレイプするためにこの列車に乗ったというんです。
カメラで痴態を収めて脅し、訴えられないようにもしていて・・・。

今となってはあんなに激しいセックスは最初で最後だと思います。
せめてもの救いは、男たちが若くてカッコよかったことです。