冴えないメガネOLのもう一つの顔

この体験談は約 4 分で読めます。

入社して3年経った今でも垢抜けせず、冴えないメガネを掛けているユカリちゃん。

会社ではオレの前の席に座ってるんだけども、ついこの前、偶然にも消しゴムを落として机の中を覗き込んだところ、2cm程度の隙間からユカリちゃんの股間が見える事に気が付いた!
殆ど光量不足で見えないんだけど、タイミングが良いとデルタ地帯が拝める事に気が付いた!

冴えない女だと決め付けてたが、いやいやどうして・・・。
ストッキングは太ももまでのガータータイプだし、履いてる下着も色とりどり!
時には真っ赤なナイロンのパンティだし、ある時はレースの透け透け・・・。
レースの奥に薄っすらと見える黒い茂みはもしかしてユカリちゃんの?

オレの中でユカリちゃんの評価がゴロっと変わり、これまで女として見ていなかったものを改めてジックリと観察してみる。
確かにメガネで騙されていたがなかなか可愛い顔をしているし、胸もそこそこ(恐らくCカップ)ある。

「私、モテないんですよぉ~」って職場の飲み会の時に口癖だったが、それは恐らく容姿よりもその大人しい性格に原因があったのか。

女子中から女子大までエスカレータで進み、酒に弱いせいか職場の飲み会に義理で出席する以外はプライベートで飲みに行く事は無いらしい。

しかし何故にそんな子がこんな派手な下着を?普通は綿のパンツだろ?と思ってたんだが・・・。

ある日、残業で遅くなり、とうとう最後の一人になった時に、思い切ってゆかりちゃんの机の中やパソコンをチェックしてみた。
パソコンのパスワードは普通は分からないのだが、こっそり観察した結果『yukahime』である事が薄っすら分かってたので試してみたらアッサリと・・・。

本当に真面目な女の子らしく、机の中は仕事に関係するものばかり。
たまに私物があってもリップクリームとか可愛らしいティッシュだとか、オレの心をドキドキさせる様なものは一切無かった。
パソコンの中を見ても全く怪しいファイルは無く・・・。

(まぁ見た目通りの女の子でたまたま派手な下着が好きなだけなんだろうな。)

そう思いながら自分の興味本位でインターネットを見ていると、ふとお気に入りの、それもかなり深いところに『yukahime』とだけ書かれたURLがあるのに気がついた。

何気にクリックしてみるとネットアイドルのHPだろうか?
顔はモザイクがかかってるが、頬杖ついてにっこり笑っているであろう女性個人のHPが開いた。

はやる気持ちを制しながら、取り急ぎそのURLを紙に書き写し、ユカリちゃんのパソコンは何事も無かったかのように丁寧にシャットダウンした。

恐らくオレの想像は当たっているだろうとは思いつつ、自分のパソコンのIEを立ち上げ、震える指でさっきメモしたURLを打ち込んだ。

頬杖をついてにっこり笑っているであろう女性は、モザイクがきつく、殆ど判別はつかないが、ユカリちゃんの顔を知っているオレが見ればそれが誰なのかはすぐに分かった。
確かに女性にしてはパソコンには詳しく、また自宅でもネットをやっている事は知ってはいたが、まさか彼女にこんな趣味があったとは・・・。

TOPページからまずはダイアリーのページに移動すると、2~3日に1回のペースで日記が書いてある。

殆どがプライベートのことだが、たまに仕事のことも書いてあり、どう考えてもその日記に出てくるJと言う人物はオレのことだと理解できた。
確かに課長に注意されて半ベソかいてたのを慰めたのもオレ(J)だし、飲み会の時に彼女を家の前まで送って行ったのもオレ(J)だった。
そしてどうやら彼女はそのJのことが好きなんだってのも、文面から滲み出る表現で読み取れた。

(って・・・マジ?)

そしてもっと驚いたのが、「最近、Jさんがユカ姫の下着を覗いてるかも?」って文章・・・。

(バレてた。)

しかし・・・

「でもユカ姫は嬉しいから最近は派手な下着を着けてるんだ。だって見られてるって思ったら、恥ずかしいけど感じちゃう」

正直そのときの俺の股間は、生まれてから1番硬かったかもしれない。

どう説明して良いか分からないけども、自分ではコッソリ見ているつもりが、相手はそれを知ってて、見られるために派手な下着を着けてて、そして感じてたってのを知ったら・・・

(オレが見ている下着の奥でユカリちゃんも濡れてたの?)

・・・って想像して、これでもかってぐらいアソコが硬くなってた。

そして、こう書くと「さすがにネタだろ?」って言われそうだが、ドキドキしながら『ギャラリー』というページに移動してみると、オレがコッソリ見てた赤いパンティや、白いレースの透け透けを履いてセルフ撮影している画像があるじゃないですか・・・。

もうこの時の衝撃って言ったら、競馬で10万馬券(トロットサンダー/メイショウテゾロのマイルチャンピオンシップ)を1000円買ってて当たった時以上のものだった。

今にして思えば頭の中はパニクってたと思う。

後でユックリやれば良さそうなものを、画像を一つ一つクリックし、それを自分のPCに全て保存した。
下着姿は当然のことながら、ギャラリーにあった画像(私服姿や海水浴に行った写真)全て、そしてTOPページの頬杖をついた画像まで、彼女のHPにある画像は全て保存した。

既に終電の時刻は過ぎ、会社にポツンと残ったオレはただひたすらに画像を保存しまくってた。

会社では大人しくて目立たないユカリちゃんが、ネットの中では“ユカ姫”って呼ばれてアイドルみたいに振舞っている。
画像全ての顔にはモザイクがかかっており、どこの誰かと気付く事は無いだろうけども、オレにはそれがユカリちゃんだってはっきり分かる。

ダッチュ~の!ポーズをして胸の谷間を作った写真、M字開脚して股間を写してる写真、バックスタイルでお尻を突き出している写真・・・全部で100枚ぐらいあったろうか。

会社はネット環境がさほど良くなく、1枚の画像を取り込むのに1分以上はかかった。
それでも何かに取り憑かれたように全ての画像をDLした。

その時は本当にパニック状態になってたと思う。
普通ならどう考えてもセンズリこくんだろうけど、確かにチンポはギンギンに硬くなりっぱなしだったんだけど、でも何故か抜こうって気分にならなかった。

今でもその理由は上手く説明できない。