卑猥なLINEスタンプを職場の人妻に誤送信した結果

この体験談は約 5 分で読めます。

28歳の男です。
ある福祉関係のNPO法人の専従スタッフをしています。
先日、あるミスから衝撃的な出来事に遭遇することになりました。
そのことについて書きたいと思います。

法人には、僕たちのような専従スタッフに加えて、多くのボランティアの人々が参画してくださっています。
そのうちの1人、松尾さんという40過ぎの主婦の方が、何かと僕に話し掛けてくるようになりました。
その内容は、法人の業務に関することだったり、プライベートなことだったり。
特に中学生になった息子さんの勉強のこととか、学校での生活のこととか。
それまでは僕とはほとんど話をしたことがなかった方なんですが、様々な相談を持ちかけてこられるようになったのです。
僕はその都度、誠実に対応するようにしていました。
そのうち深夜にも電話をもらうようにもなりました。
僕は内心、どうしたんだろうと思いました。
松尾さんは普段から控えめで大人しそうな方だったので、そうした積極的な振る舞いが腑に落ちませんでした。

ある時、僕はスマホのLINEの画面を見ていて、衝撃的な事実に気が付きました。
松尾さんに向けて、あるスタンプを誤送信していたのです。
そのスタンプとは、男の性器をイメージした卑猥なデザインのものでした。
僕はLINEのスタンプに凝っていて、様々なスタンプを購入して、友人とか付き合っている彼女とのやり取りに使っていました。
そして、そのエロスタンプも友人に教えてもらって、彼女や心を許せる友人にだけ面白半分に送っていました。

日々を振り返ると、その誤送信があった頃から、松尾さんが僕に接触するようになっていったのでした。
今さら誤送信について弁解するのも何だし、かと言ってそのまま放置しておくと変態男と思われてしまうかもしれないなどとあれこれ考えていました。

その日の夜も松尾さんから電話がありました。
いつになく甘ったるい声でした。
聞けば、松尾さんのご主人は電力会社の技師をしていて、数年来、単身赴任生活をしているとのこと。
松尾さんが妻として“寂しい生活”を送っていた可能性が浮上してきました。
おそらく松尾さんは、僕が松尾さんを口説こうとして、あのようないやらしいスタンプを送ってきたと早合点したのかもしれません。

「きょうは事務所にいらっしゃらなかったですね」

松尾さんの甘えたような声を聞いて僕は、(それならそれで利用してしまえ)と思いました。

「そうなんです。今日は会社回りだったんで。松尾さん、今日も事務所に来てくださったんですね。会いたかったです」

一瞬の間の後、「本当?」と松尾さん。

「本当です。すごく会いたかった」

寝酒のチューハイが後押しして、僕はさらに大胆になっていました。

「言ってはいけないことだと思うけど、素直に言わせて・・・嬉しい」と松尾さん。

少し声が震えていました。
僕の股間は急加速的に勃起し、トランクスを突き破らんばかりになりました。

「今ね、息子が、すごく成長して・・・パンパンになってて・・・松尾さんになだめてもらいたい」

「あぁぁん・・・私でいいの?」

「もちろん」

もうお互いに止まりません。

「僕、普段は真面目そうかもしれないですが、超変態なんですよ・・・」

「ええ?どんな風に超変態なの?」

松尾さんの声はキラキラしていて、かなり嬉しそうです。

「それはね、松尾さんを見ていても、『どんな裸をしてるんだろう』とか『ああ、あそこを見たい。クンニしたい』なんてことを考えていたり・・・」

「え、ええー!」

松尾さんは嬉しそうです。

「そういう松尾さんは、どうなんですか?真面目そうだけど、実際は変態じゃないんですか?」

「そんな・・・」

「恥ずかしがらないで裸になってください」

「ええー!」

僕の押しに負けた松尾さんは、どんどん本性を露わにしていきました。

「私ね・・・オナニーが大好きなの・・・するときは毎日でもするの・・・。乳首が感じるから・・・乳首弄りながら、あそこも弄ると・・・気が狂いそうになって・・・あぁぁぁ」

松尾さんはどんどん変態になっていきました。
そして僕の求めに応じて、アソコを弄ってクチュクチュ音を電話越しに聴かせてもくれました。

数日前まで全く意識したことがなかった女性と、その日、僕はホテルにいました。
部屋に入るなりお互いに裸になり、僕はお姫様抱っこで松尾さんを浴室に連れていきました。
そこでひとしきりディープキスをした後、松尾さんの敏感な体を泡まみれにして洗いまくりました。
すごい感度で、ピクピク感じまくっていました。
クリトリスの部分に泡をたっぷりつけてヌルヌルにして洗ってあげると、「もうだめー」と言いながら床面に倒れ込んでのたうち回っています。
それでも僕は許さず、あそこの泡を洗い流した後、大クンニ大会となりました。
クリトリスを集中的に舐めまくってあげると、息を切らしながら感じまくる松尾さん。
そのうち松尾さんも僕のチンポを求めてきて、奪うように勃起したチンポを掴むと、飢えた犬のように夢中でペロペロとフェラチオをしてくれました。

その後、ベッドの上で裸で抱き合い、僕は全く硬度を失うことのないチンポを松尾さんの飢えたマンコの中に入れたまま言いました。

「あのラインのスタンプ、実は誤送信だったんですよ」

「ええっ!?」

僕のチンポが松尾さんの中でピクピク動きました。

「誤送信って・・・」

「よく分からないんですけど、知らないうちに送ったみたいで。あのエロいスタンプ」

「そうだったんだ・・・」

僕はゆっくりとチンポを出し入れしながら事情を説明し、松尾さんは僕のチンポを締めつけながら聞いていました。
松尾さん曰く、案の定、僕が誘惑していると思ったそうです。
僕のことは、会った時から、いいなと思っていたそうですが、あんなスタンプを送られてきて、すっかりその気になってしまったと。
そして僕のことを思い浮かべながら、何度もオナニーをしてしまったと。
僕はその話を聞いて余計に興奮してしまい、松尾さんをズコズコ突いてしまいました。

「結果的に、こんなことになったので嬉しいです。良かったです」

僕が最高に深く入っていきながらそう言うと、松尾さんがギュッとしがみついてきました。

「私、恥ずかしい・・・」

松尾さんが顔を赤らめてそう言います。

「僕だって恥ずかしいですよ。あんな卑猥なスタンプをいきなり送り付けたんですから・・・。でも、お互いに恥ずかしい者同士、もっと恥ずかしいことしましょう」

僕は松尾さんの脚をカエルのような格好で開かせ、結合部分をまじまじと凝視しながら突き込みました。
松尾さんはアンアンよがります。

「見て見て、入ってるよ、僕のチンポが、松尾さんの・・・熟れて、やらしくて、貪欲で、ドスケベなマンコにたくさん入ってるよ、ほら・・・ほら・・・ほら・・・ほらっ!」

「あぁぁぁぁぁ!」

松尾さんは積もりに積もった欲求不満を爆発させて激しく求め、声をあげ、キスをねだってきました。
ガチガチのチンポでヌレヌレの熟女マンコの中を掻き回しながらのディープキス。
若い彼女とのセックスでは感じられない興奮を覚えました。
松尾さんも、もう僕でなければイケないとまで言ってくれます。
ひょんなことから始まった松尾さんとの関係は今も続いています。