レイプ裁判を傍聴したら事件当日の様子がありありと

この体験談は約 4 分で読めます。

私は事務機器の販売会社に勤めていますが、まさかこんな大事件が身の回りで起きるなどとは考えたこともありませんでした。
なんと経理課の城戸さん(仮名)が、レイプ被害にあったのです。

城戸さんは20代後半。
竹内結子さん似で性格も明るく、仕事もできる魅力的な女性です。
社内でも一番人気のある女性社員でした。

そんな城戸さんが、なんの前触れもなく突然、退職してしまいました。
会社でもかん口令が敷かれているような感じでしたが、なんとなく噂は広まるもので、城戸さんがレイプされたのだと知るのに時間はかかりませんでした。
しかも犯人は職場の同僚のMだったのです。
お酒を飲ませて城戸さんを酩酊状態にしてレイプしたらしいということでした。
もちろんMは懲戒免職ですが、『法違反行為があったため懲戒免職』とだけ社内通達されました。

他にも城戸さんに想いを寄せる男はたくさんいたと思いますが、私もその1人で、Mに対するものすごい怒りと、そして少しだけ、(あの城戸さんが・・・)と、淫らな妄想をして自己嫌悪を感じたりもしました。

私はMの公判の傍聴に行きました。
この手の裁判は非公開になる場合もあると聞いていましたが、Mの裁判は公開で傍聴人も多くはなく、特段の手続きもなく普通に傍聴することができました。
本当にあまりにも簡単に傍聴できるのでびっくりしたくらいです。
被害者も加害者も退職していたせいか、会社関係で傍聴に来ていたのは私だけでした。

初めて裁判の傍聴をしましたが、よくレイプ事件では捜査や法廷がセカンドレイプだと言われたりしますが、まさにその通りだと思いました。
公判では被害者に配慮した質疑がされるというのは嘘だと思いました。
Mの弁護人は、城戸さんにそのときの様子を事細かに質問していました。

「服は自分で脱いだのか?無理やり脱がされたのか?」
「着衣のまま性行為に及んだのか、完全に全裸だったのか?」

色々と質問しました。
なかでも執拗に問い詰めたのは、城戸さんが騎乗位でしたのかどうかということでした。
酩酊状態でMに無理やり犯されたと主張する城戸さんに対して、「騎乗位でしておいて、無理やりされたと言えるのかどうか?」というような事だったと思います。

「朦朧としていた」
「逆らうのが怖かった」

などと言う城戸さんに弁護士は・・・。

「騎乗位でしたんですか?しなかったのですか?それを答えてください」

と、執拗に食い下がりました。
城戸さんは唇を噛んで辱めに耐えていましたが・・・。

「はい・・・騎乗位でも交わりました」

あの城戸さんが、公衆の面前でそんな言葉を・・・。
まるで羞恥プレイの言葉責めそのものという感じでした。

結局、Mは準強姦罪で懲役2年、なんと執行猶予付きという判決でした。
強姦罪は重罪なので執行猶予は付かないと聞いていましたが、あれは嘘です。
なんの罪もない、あの清純な城戸さんをレイプしておいて、事実上お咎めなし・・・。
こんなことってあるのでしょうか。

公判での城戸さんの証言を聞いて、そのときの様子が手に取るように判りました。
酩酊して意識朦朧としているときにラブホテルに連れ込まれました。
嫌でしたが酔っていて体に力が入らず、「何もしない」と言われて、担がれるように部屋まで運ばれてしまいました。
介抱するようなフリをしてスカートを捲られ、ショーツの中に手を入れられて意識が戻り、何度も「嫌、やめてください」と言いましたし抵抗もしましたが、やはり力が入らず、強引に性器に指を入れられてしまい怖くなってしまいました。
ずっと「嫌だ」と言い続けましたが、膣やクリトリスを執拗に指で刺激されました。

「濡れたか?」と言われれば、濡れていたかもしれませんが、絶対に合意したわけではありません。

最初は上半身は着たままの状態で強引に後ろから犯されました。
泣きながら「やめて」と頼みましたが、構わずに何度も入れられました。
そのあとは全裸にされて、正常位で両足首を持たれて犯されました。
正常位でも怖くて抵抗できませんでした。
確かに、それ以外にも色々な体位で交わりましたが、ショックで抵抗する気力が失せてしまって好きなようにされてしまっただけで、合意は絶対にしていません。

「やめて」と泣いて頼みましたが聞いてもらえず、中に射精されてしまいました。
フェラチオは無理に頭を持たれてさせられたものです。
もちろん顔を背けて拒否しましたが、性交で汚れたままの性器を顔中に擦り付けられて、怖くなって言われるままに口でさせられてしまいました。

一緒にホテルを出たのは合意だったからではなくて、陵辱されてしまったショックでどうしていいか正常な判断ができない状態だったからです。
ショーツがどうしても見当たらないので、仕方なく下半身は下着をつけずに帰りました。
彼が隠して持って帰っていたのは、後から刑事さんに聞きました。
合意でMに渡したわけではありません。
すぐに警察に連絡しなかったのも、人に知られたくないと思ったのと、ショックでどうしていいのか正常な判断ができなかったためです。
一晩考えて、どうしても許せないと思い警察に連絡しました。

それにしても、Mの野郎は死刑にしてもいいくらいなのに。
確かに仕事はなくしたし、家も引っ越さなければならなくなったよ。
でも、あの城戸さんを色々な体位て犯しまくって、お掃除フェラまでさせて、それなのに刑務所にも入らず、今もどこかでのほほんと生きているんだろ。
何かおかしくありませんか、日本の法律!

ずいぶん経ってからら、営業で回っていた会社で偶然に城戸さんと再会しました。
城戸さんは退職したあと、立ち直って別の会社で元気に働いています。
事件直後は精神的にもかなり悲惨な状態だったようですが、安心しました。
彼女が立ち直れて本当によかったと思います。

Mにはいつか天罰が下るでしょう。