容姿端麗な同僚に媚薬入りコーヒーを飲ませて・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

先日、同僚のユウコを犯した。
ユウコは容姿端麗という言葉が相応しく、とても綺麗な女だった。
仕事もテキパキとこなし、「男には負けない」というのが口癖だった。
俺は何度もユウコに告白したが、ユウコが振り向くことはなかった。
ただ、それはどの社員も同じだった。
彼氏がいる気配は微塵もない。
仲間の女子社員に聞いても、「男なんていらない」と言っているようで、社員の中では・・・。

「ユウコは今まで誰とも付き合ったことがないんじゃないか?」

そんな噂まで流れていた。
しかし、それでもユウコをものにしたい男達は後を絶たなかった。
それほどまでにユウコは美しく、魅力のある女だった。

俺もそのうちの1人であったが、少しだけ違っていた。
そう、俺はユウコを犯してやりたいと思っていたからだ。

(こんな綺麗な女と一度でいいからしたい・・・)

いつの間にかそれは、犯してやりたいという気持ちに変わっていた。
ただ、ユウコは誘っても来ない。
会社全体で飲みに行ってもさっさと帰ってしまう。
そういう場面にはどうやってもならない。

(いったいどうしたらユウコを・・・)

俺はそんな事ばかりを考えていた。
いつでも犯せるように、媚薬を購入し、手錠も買った。
何せユウコは男勝り、押し倒しても逆にやられてしまう可能性もある。
念入りに念入りに考えていた。

それは突然やってきた。
その日、俺は会社に残って1人残業していた。
タバコを吸いに喫煙室へと足を運ぶと、ふと灯りが点いているのを見つけた。

(誰かいるのか?)

そっと扉を開けて中を見るとユウコが1人で残業していた。
こんなチャンスはない!
俺は頭をフル回転させて考えた。
そして思いついた。
俺はまずコーヒーを淹れた。
そしてその中に媚薬を大量に入れた。
そして悟られないよう、それをユウコに持っていった。

「よう」

「・・・」

ユウコは振り向いたが何も言わず前を向き仕事を続けた。
相変わらず冷たい態度だった。
でも、それが逆に犯してやりたいという欲望を駆り立てた。

「コーヒー淹れたんだ。良かったら飲めよ」

「・・・ありがとう」

「じゃあ」

俺はとりあえずその場を後にした。
焦る気持ちを抑えつつ、俺は廊下で待った。
1分、2分・・・、時間が経つのが遅い。
ここで焦ったら何もかもおしまいだ。
俺はぐっと我慢して待ち続けた。

10分が経った。
俺はもう我慢できなかった。
ゆっくりと扉を開けた。
ユウコは机にもたれかかるように寝ていた。
俺はゆっくりとユウコに近づいた。

「ユウコ?」

「アキラ・・・」

弱々しく声を上げるユウコ。
ふと机の上のカップを見ると、コーヒーを飲んだ跡がある。
間違いない!媚薬が効いている!

「大丈夫か?」

ユウコの体を擦った。

「体が・・・」

やはり!

「ちょっと待ってろよ」

そう言って俺はユウコを抱え上げた。
もしここで犯って、誰かに入ってこられたら元も子もない。
俺はユウコを女子更衣室へと運んだ。
こんな時間、ここなら誰も来ないだろう。
扉を開けると長椅子があった。
俺はそこにユウコを寝かせた。
そして扉の鍵を閉めた。
カチャ。

「大丈夫かぁ、ユウコ?」

「なに・・・?」

ユウコは今起きていることに疑問を感じていた。

「大丈夫じゃないかぁ」

俺はジャケットを脱ぎ捨てた。

「どういうこと・・・」
「さっき飲んだコーヒーの中にちょっと細工をしておいたんだ」

「えっ・・・」
「媚薬って知ってるか?それを飲めばどんな女も淫乱に変わる」

「何を言ってるの・・・」
「その薬のせいで体の自由がきかないんだよ」

「えっ・・・」
「さぁ、ゆっくり楽しもうぜ」

俺はシュルリとネクタイを抜いた。

(それにしても・・・)

俺はユウコの体を舐め回すように見た。
ユウコのスタイルは抜群だ。
俺はユウコの横に立つとベストのボタンを外していった。

「やめろ・・・」

そうは言ってもユウコはどうすることもできない。
ボタンを外すと俺はユウコからベストを脱がせた。
まるで人形のように動かないユウコ。

「やめろ・・・」

ふっくらとした胸の膨らみが俺の心を煽る。
次に俺はユウコのシャツのボタンを外していった。

「やめろ・・・」

俺は震える手を押さえながら、ゆっくりとボタンを外していった。
スカートからシャツを引抜くと最後のボタンも外した。
俺はゆっくりとシャツをかき分けた。

「・・・ごくっ」

ユウコの体が露わになる。
色白の体に青色のブラが眩しく光る。
すぐにでも襲いかかりたかったが、俺はぐっと心を抑えた。
俺はユウコの体からシャツを脱がせるとスカートに手を掛けた。

「やめろ・・・」

腰に手を回してホックを外すと、スカートをゆっくりと引き抜いた。
ほっそりとした足、ストッキングの下には青色の下着・・・。
俺はストッキングも脱がせた。

「さぁ、楽しませてもらうよ」

「やめろ・・・」

「今さらやめれるかよ。それに・・・ユウコもすぐに気持ちよくなるよ」

俺は指を立てユウコの唇に当てた。
唇を撫で回すと、ゆっくりと指を下ろしていった。
首から胸へと。
胸の谷間を撫でるとそのままお腹へと滑らせた。

(なんて綺麗な体なんだ・・・)

ふとユウコを見ると、俺を睨みつけていた。

「そんな怖い顔するなよ」

俺はユウコにそっと顔を近づけた。

「綺麗な顔だ。キリッとした目、すっと通った鼻筋、厚く瑞々しい唇・・・」

俺はさらにユウコに顔を近づけた。

チュッ・・・。

俺はユウコに唇を合わせた。

「んーっ・・・」

(なんて柔らかいんだ・・・)

チュッ、チュッ・・・。

俺は何度もユウコと唇を合わせた。
俺の気持ちとは裏腹にユウコの顔は苦渋に歪んでいた。

「はぁっ・・・。最高だよ、ユウコ」

「こんな事して・・・どうなるか分かってるの・・・」

「心配しなくていいよ。ユウコは何もできないんだから」

俺はユウコの頬を撫でると、ゆっくりと体を撫で回した。

「やめろ・・・」

そしてふっくらとした胸に手を当てた。

「やめろ・・・」

俺はそのままゆっくりとユウコの胸を撫で回した。
ユウコの胸は弾力のある最高の感触だった。

「ほぉら、揉むぞぉ」

「ふざけるな・・・」

俺はユウコの胸を揉んだ。

「最高だぁ、ユウコ」

「やめろ・・・」

俺はユウコの胸を揉み回した。
そして指を立て乳首を摩った。

「やめろ・・・、んっ・・・」

媚薬のせいで極度に感じやすくなっているユウコ。
俺はさらにユウコの乳首を擦った。

「んっ・・・」

ユウコの乳首はあっという間にピンと立った。
ブラの上からでもはっきりと分かる。
俺はユウコの背中に手を回し、ブラのホックを外した。

「やっ・・・」

俺はゆっくりとブラをずり上げた。

「・・・ごくっ」

綺麗な形の胸に小さな乳輪、そして乳首。
俺はユウコからブラを取った。
そしてピンと立った乳首をそっと指で触れた。

「んっ・・・」

俺はそのままゆっくりと乳首を撫で回した。

「やっ・・・、んっ・・・」

俺はピンと立った乳首を口に含んだ。

「やっ・・・」

チュッ、チュッ・・・。
俺はユウコの乳首を吸い上げた。

「んっ・・・、やめろ、んっ・・・」

そのまま右手でユウコの胸を揉んだ。
チュッ、チュッ・・・。

「んっ・・・、やっ・・・」
「はぁっ・・・、最高だぁ、ユウコ」

「ふっ・・・、ふざけないで・・・」
「ユウコだって感じてたじゃないか」

「ふざけるな・・・」
「もっと・・・、もっと、気持ちよくさせてやるよ」

ユウコの胸をぎゅっと握った。

「んっ・・・」
「ほらぁ、気持ちいいだろぉ?」

「ふざけるな・・・、許さないわよ・・・」
「そんなことを言えるのも今のうちだよ」

俺はゆっくりとユウコの体を撫でた。
そしてユウコの股間に手を当てた。

「やめろ・・・」

「ほぉら、感じるだろ?」

俺はゆっくりとユウコの股間を撫で回した。

「ふざけるな・・・」

指を立て、すっと筋をなぞる。

「んっ・・・」

「ほぉら」

ゆっくりと筋をなぞっていった。

「やめろ・・・」

言葉とは裏腹にユウコの腰はヒクヒクと動いた。

「ほぉら、もう濡れてきてるじゃないかぁ」

「ふざけるな・・・」

「ほぉら」

小刻みに指を動かした。

「やっ・・・、んっ・・・」

「ほぉら、感じてる」

「ふざ、んっ・・・、やめ、んっ・・・」

これがユウコにとって初めての体験なのか?
ということは、ユウコの唇を奪ったのも、体を見たのも、俺が初めてなのか?

「ユウコ、今までに何人と経験したんだ?」

「ふざけるな、んっ・・・」

「聞いてるんだよ。答えないとやめないぞ」

さらに激しく指を動かした。

「んっ、あっ、やっ・・・」

首をよじらせて悶えるユウコ。

「答える気になったか?」

「ふざ、んっ、あっ、んっ・・・」

ユウコは決して答えようとしなかった。
まぁ、いいか。
聞く方法はいくらでもある。
俺は指の動きを止めた。

「っ・・・、はぁっ、はぁっ・・・」

息を切らすユウコ。
俺はゆっくりとユウコの下着の中に手を入れていった。

「やめろっ・・・」

「今まで何人と経験したんだ?」

俺はまた聞いた。

「ふざけるな・・・」

ユウコはまだ答えようとしない。

「しょうがないなぁ」

俺はさらに手を下着の中に入れていった。

「やめろっ・・・」

指先にユウコの陰毛が触れた。
俺はそっと撫でた。

「やめろっ・・・」

そしてさらに手を奥へと運んだ。

ピチョ・・・。

指先にユウコの愛液が触れた。
ユウコの陰部はぐちょぐちょに濡れていた。

「こんなに濡れてるじゃないかぁ・・・」

ヒダをかき分け、クリトリスに触れた。
俺はゆっくりと撫で回した。

「やっ、んっ、あっ・・・」

「ほぉら、気持ちいいだろぉ?」

「やめろ、あっ、んっ・・・」

俺は小刻みに指を動かした。
ピチャピチャピチャ・・・。
いやらしい音が響く。

「やっ、んっ、あっ、あっ・・・」

極度に感じやすくなっているユウコ。
クリトリスの刺激にもう理性は抑えられなかった。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました