清楚系美人な先輩の部屋の鍵を盗んで

この体験談は約 5 分で読めます。

今から3年前の冬。
職場の一つ年上の先輩をレイプしました。
優しくて背が高く、少し天然が入ってたけど清楚系美人って感じの結衣。
自分含め他のスタッフからも慕われていて、みんなのお姉さんって感じの人でした。
脚も綺麗で、黒のストッキングとか穿いてると、そういうのを見るのが楽しみの一つ。

でも、そのうち先輩のことを触りたいという願望が・・・。
初めは妄想の中だけでしたが、どんどんエスカレートしていき・・・。
ある日、休憩時間にこっそり先輩のキーケースから家の鍵を盗みました。

帰り際に・・・。

先輩「あれー?鍵がない」

自分「落としたんですかねー?部屋の鍵を閉めた時とか?」

結衣「う~ん、どうだろ?キーケースについてるって思ってたけど、外れちゃったのかな?」

自分「かもしれないですね。お店には無いっぽいし、マンションの部屋の周辺とかにあるかもですよ、一緒に探しましょうか?」

結衣「う~ん、でも悪いし」

自分「全然いいですよ!」

という流れで結衣の部屋番をGET!
鍵は当然見つかるはずもなく、大家さんに事情を説明して鍵を開けてもらうことに。
それからしばらくは、有休の日など、先輩が仕事でいない間に部屋に浸入して、まだ洗濯されてない下着でオナニー。
オカズはいつも、1人暮らしのこの部屋で先輩をレイプするってネタ。

こうなってくると、どんどん欲望はエスカレートしていきます。
部屋の鍵はあるし、実際に部屋に押し入って襲おうと思えばいつでもできるので、本格的に結衣をレイプする計画を練ることに。
まずは事前に、いつも何時頃に寝るのか確認。

結衣「いつも0時には寝てるかなー」

なので、決行時刻は熟睡してるだろう夜中の2時過ぎに決定。
防犯カメラなどでバレないように深めのフード、黒のサングラス、マスクで顔を隠し、体型で特定されないように厚着にして肥満体型に見えるようにして、手袋も装備。

決行当日の夜中の2時過ぎ。
ゆっくり部屋の鍵を開ける。
音がしないようにゆっくり閉めて、忍び足でベッドまで。
ベッドで寝てる結衣を見た瞬間に心臓の鼓動が速くなって、なんだか息苦しさを覚えるほど緊張してきました。

(ヤベェ、本当に来ちゃった、引き返すなら今・・・)

って思ったけど、ここまで来てしまった以上やるしかないと思ってレイプを決行することに。

静かに結衣の上に覆いかぶさって、手のひらで結衣の目を押さえる。
その瞬間に結衣が起きて、一瞬は何が起こってるか分からないって感じだったけど、すぐに事態に気づいたようです。
興奮で自分の息が激しくなるのがわかりました。
結衣も恐怖で息が震えています。
手で目隠ししながら結衣の耳元で、声質を野太くして・・・。

「騒いだら殺す」

震えながら小さく頷く結衣。
とりあえず持ってきたタオルで目隠しをし、雑誌とかを縛るときに使うロープで両手を後ろで縛る。
そして無理やりディープキス。
手袋を外して、服とブラを一緒に上げました。

(おぉ!これが結衣の!思ってたよりデケェ!)

妄想の中でしていた以上に乱暴に結衣の胸を強く揉んだり、欲望のまま乳首を吸ったり舐めたり。
すぐに勃起してきたんで、結衣のズボンとパンツも下ろします。

(うお~、結衣のマンコ!)

感動しながら触ってみると・・・。

(ん?結構濡れてる!)

嫌がりながらも身体は別なんだなとか思いながら指を入れてみると、奥まですんなり。

(なんだよ~、アソコは感じてんじゃん)と思って激しく手マンしました。

グチョグチョという音が夜中の静かな部屋に流れます。
もう我慢できなくなっていざ挿入!
さすがに結衣も足に力を入れて開かないように若干の抵抗。

「やめてぇ、やめて・・・」

小さな声で言ってきました。
興奮MAXの俺はそんなのに耳を貸さず、力ずくで無理やり股を開いて挿入!

ニュルン!

奥まですんなり入る。

(うお~、入ったぁ~、ヤベェ、あったけぇ!)

入った瞬間から激しくピストンしました!

(あぁ~ヤベェ!気持ちいい)

正直、締まりはあんまりよくないけど、めちゃめちゃヌルってるんで、数日のオナ禁と興奮とで、1発目は1分も、もたなかったと思います。

「中はイヤです・・・お願いします、中はやめてください」

とか言ってる結衣の中にビューッ!ビューッ!ビューッ!って感じで大量の精子を吐き出してやりました。

中出し後も、しばらくそのまま余韻を楽しんでから抜いて、持参したティッシュでチンポを拭きます。
結衣はシクシク泣いてました。
ちょっと罪悪感を感じたけど欲望には勝てません。
てか、むしろ泣いてる結衣にますます興奮して、チンポが回復するまで結衣の胸やマンコを触りまくって舐めまくって、すぐに復活!
クンニしても無臭だったし、(あの結衣のマンコを舐めてる!)って思うとどんどん興奮してきて、欲望のままにグチョグチョに舐めまくってやった。

で、再度挿入しようとすると、まだ抵抗してくる結衣。
その時には状況にも少し慣れてきてて、抵抗されてすんなり挿入できないことに若干イラッとしたのもあったんで、ロープを2本出した。
1本ずつ結衣の足首をベッドの端の方で結んで、カエルみたいに股をガバッと開いたままの状態に。
こうすると腰も少し浮いて、入れやすい体勢になる。
そこで再度クンニして、唾液とかでグチョグチョに濡れたところで思いっきり奥まで挿入!

結衣「うぅっ!」

って声を出してたかな、シクシク泣きながら。
突っ込むごとに、「うっ、うっ」って言ってたけど、濡れてるし、(女って嫌がりながらも身体は気持ちよくなってくんのかな?)とか考えたけど、すぐにどうでもよくなった。
俺が気持ちよければそれでいいやって。

で、レイプしてるとこの写真も撮っておこうと思って、部屋の電気を点けて写真を撮りながら腰を振ってました。
結衣は、「やめて、撮らないで」とか言ってたけど、そんなのお構いなしにある程度写真を撮ったら、今度は動画モードにしてハメ撮りに。
家でオナニーする時に必要だしね。

会社では眺めることしか出来ない綺麗な脚を舐めながら、「中で出してやる」とか「絶対に妊娠させるから」とか言ってレイプ感を出しながら2発目も正常位で犯したあと、3発目はバックでしたかったから足のロープを外して、体を無理やりひっくり返してケツから挿入!
そん時には、もうほとんど抵抗みたいなのはなかったかな。
マグロとはまた違うんだけど。
バックの方がより犯してる感じが出て、ふんわりしたお尻の感触も気持ちいいし、やっぱりレイプはバックだなと、犯しながら思ってた。
そのまま3発目はバックで終了。
AVみたいにお掃除フェラとかさせようかとも思ったけど、噛まれたら恐いんでやめた。

帰るとき、両手のロープを解いて目隠しを外してやって、「俺が帰るまで目を瞑って枕に顔をうずめてろ」と指示。
それから結衣の耳元で、「もし警察に喋ったら、今日の写真をネットや近所にバラまく」と脅しを入れて、小さく頷く結衣を後ろに見ながら部屋を出てそのまま帰宅した。

後日談だけど、結衣が、「友達が性犯罪の被害に遭って・・・」みたいな感じで俺に相談してきたことがあって、そんときは本気でゾクゾクしてた。