僕の下半身を笑った女医と看護婦と5人の女子

この体験談は約 5 分で読めます。

最高に恥ずかしかった出来事を小説風に書いてみます。

僕の名前は『瑞樹(仮名)』。
それは放課後の全校運動の時間だった。
僕の小学校では、下校の前にみんなで運動をする決まりだった。
6年生の中で女の子も含めて一番身長が低い僕は運動が苦手で、なんとかサボろうと思ったんだけれど、頭の中まで筋肉でできているような体育教師に見つかって、罰としてゴールキーパーにさせられたんだ。
みんなのシュートを怖がって逃げていた僕を体育教師が後ろから捕まえて、「怖がるんじゃない!男だろ!」と、動けないようにしてしまった。

次のシュートは絵里の番だ。
絵里は6年生の女子のくせに身長が160センチもあって、運動神経もバツグンだった。

「さあ、いくわよ。瑞樹クン、泣かないでね!くす!」

「女のくせに生意気だぞ!お前のへなちょこシュートなんかで泣くわけないだろ!」

本当はちょっと怖かったんだけれど、女子なんかに負けていられない。

「え?瑞樹クンって男子だっけ?そんなにちっちゃくて可愛いのに!あはは!」

僕は頭の中がカーッ!となった。
そして・・・絵里の蹴ったシュートはうなりをあげて飛んできて、僕の・・・僕の・・・あの・・・おち・・・おちんちんに当たってしまった!
思わずうずくまってしまった僕は、学校に一番近いクリニックに運ばれた。
院長はまだ若い女医さんのひとみ先生だ。
絵里をはじめ5人の女子が、“おちんちんを押さえて唸っている僕を笑った”という罰で、下校できずに病院に付き添ってきていた。
ひとみ先生は、僕の目や脳を検査した後にこう言った。

「それじゃ、ちょっとおちんちんも診るね」

待合室から診察室が丸見えなので、看護婦の美和さんが診察室のドアを閉めようとすると・・・。

「あっ・・・男の子だから閉めなくてもいいわよ」

ひとみ先生が言った。

「そ・・・そんな・・・困ります・・・」

慌てて僕が言うと、ひとみ先生は、「子供のくせに何恥ずかしがってるのよ。さっさと脱ぎなさい」と相手にしてくれない。

美和さんまで、「そうですね・・・ボク、男の子でしょ!」と一緒になって言ってきた。
待合室から、くすくすと、絵里たちの笑い声が聞こえた。
僕がきっ!と絵里たちを睨んでも、「あらあら、こわぁ~い・・・くすくす」と、笑うのをやめない。

「ほら、いつまでもボク1人の診察をしてるわけにはいかないんだから。ぐずぐずしないの!」

再びひとみ先生に叱られてしまった。
僕は仕方なく待合室の方にお尻を向けて、おちんちんが見えないようにして、目を瞑ってブリーフを脱いだ。

「見てみて~!可愛いお尻!」
「真っ白!女の子みたい~!」

待合室から絵里たちの囁きが聞こえた。
僕は真っ赤になって屈辱に耐えながらも、(おちんちんを見られるのはひとみ先生さんや美和さんだから、今だけ我慢しよう)と、早く終わらせることだけを祈っていた。
ひとみ先生は女の子たちの声を聞くと優しく微笑んでいた。
美和さんが僕の体操服の裾を掴むと、グッと上に捲り上げた。
ひとみ先生が、「どれどれ~」と僕のおちんちんを真正面から覗き込んだ。

「あら、瑞樹クン、可愛いおちんちんしてるのね~!まだ先っぽまで皮が被ってるじゃないの~!」

いきなりひとみ先生が大声をあげた。
一瞬、目を見開いて、静かになった絵里たちは次の瞬間・・・。

「あはははは!」
「ねえ、聞いた聞いた~?瑞樹ったら、おちんちん、まだ皮を被ってるんですって!」
「くすくす・・・女医さんにおちんちん見られちゃったんだ~!」

美和さんにまで、「本当に可愛いおちんちんですね。まだつるつるで綺麗ね!」と言われた。
待合室の女子は目をきらきらさせて、ひとみ先生や美和さんの言うことを聞き逃すまいと一生懸命だ。

「おちんちんの先っぽの皮まで真っ白ね」
「つるつるのお股にちょこんと付いた可愛い包茎ちんちんだわ!」

遠慮無く、僕のおちんちんの様子を大声でしゃべっている。
それが全部、絵里たちに聞こえている。

「可愛いおちんちんって・・・えっと・・・これくらいかな?きゃはは!」

絵里が親指と人差し指で長さを示して、他の女子に見せている。

「普段、生意気言ってるくせに、女医さんや看護婦さんにブリーフを脱がされて、おちんちんまで見られちゃうんだ~!」

ひとみ先生の目が絵里たちに向いた。

「6年生にもなれば、あなたたち女の子は、大人のカラダになりかけているけれど、男の子なんてまだまだ子供なのよ。同級生の女子の前だから強がっているけれど、本当はまだまだ可愛いものよ。こんなおちんちんなんて見ても、誰も怖くないから。ほら、よく幼稚園の男の子がおちんちん丸出しで遊んでいるでしょ?あれと同じよ!」

僕は耐えられなくなって、「そんなことありません!もう僕だって大人です!」と訴えた。
ひとみ先生と美和さんは顔を見合わせて、それから大声で笑い出した。

「何言ってるのよ。こんなに可愛いおちんちんして大人なの?笑っちゃうわよ。おちんちんの先っぽできゅって皮が閉じて、尖ってるじゃない!きれいなつるつるおちんちんなのに、なに見栄張ってるの?あはは!」

まるで相手にされない・・・。
同級生の女子が聞いているのに・・・。
それも一番聞かれたくない絵里たちのグループ・・・。

「瑞樹クンは、まだまだ子供なんだから、恥ずかしがらなくていいわよ」と美和さんが言った。

ひとみ先生も、「こんな可愛いおちんちんなんだから、逆に自慢してもいいくらいよ」と言った。
思わず絵里たちが、「先生、瑞樹クンのおちんちんって、そんなに可愛いんですか?」「本当にまだ皮を被ったおちんちんなんですか?」と聞いてきた。

「そうよ。今あたしの目の前にあるから間違いないわ」

そう言うとひとみ先生はしばらく考えて、「そうだ!あなたたちも見てみれば?」と言った!
僕は頭を殴られたくらいのショックを受けた。
よりによって同級生の絵里たちにおちんちんを見られちゃうなんて!
絵里たちも、「ええ~っ!いいんですか?男子のおちんちんなんて見ちゃって!」と驚いていた。

「大丈夫よ。まだまだ子供だって言ったでしょ?子供のおちんちん見たってなんてことないわよ。幼稚園の男の子なんて、女子がいてもおちんちん丸出しにしてるでしょ?あれと同じだから」

僕は思わずおちんちんを隠そうとしたが、それよりも一瞬早く、美和さんが僕の腕を後ろで押さえてしまった。

「さあ、こっちに入ってもいいわよ」

最初は待合室の椅子から少しずつお尻を浮かせつつあった絵里たちも、ダーッと診察室に入ってきた。
僕は・・・もう・・・真っ赤になって目を瞑った!
しばらくして・・・。

「かっわゆ~い!」
「あらあら~・・ほんとに皮被ってる~!」
「瑞樹クンのおちんちん見ちゃった!かっわいい~!あはは!」

薄目を開けてみると、さっきまで一緒に授業を受けていた5人の女子が、目をきらきらさせた笑顔で僕のおちんちんに見入っていた。
中には、下から覗くように見ている女子もいる。

「ほんとだ~・・・男子ってまだこんなに子供なんだ~!」
「あたしたちとは全然違うね」
「うんうん、少なくとも瑞樹は、まだまだお子ちゃまってことだね」
「ねぇ瑞樹くん、こんなに可愛い、まだまだつるつるのおちんちんしてるのに、『女のくせに』とか生意気言ってたの~?くすくす・・・」
「これからはあたしたちのこと、『お姉様』って呼んでね!あはは!」

おわり。

タイトルとURLをコピーしました