彼氏とのセックスとは違う快感でした

この体験談は約 3 分で読めます。

マッサージ店でのことです。
名古屋市内のマッサージ店で、初めて入った店でした。
マッサージ師さんは全員女性でした。
男性にマッサージしてもらいたかった私は、ちょっとがっかりしました。

オイルコース90分を頼み、シャワーを浴び、全裸でベッドにうつ伏せになると、20代後半のマッサージ師さんが、「タオルは必要ですか?」と聞いてきました。
普通は何も言わなくてもかけてくれるのに不思議だなと思いながら、(相手が女性でも、見られるとちょっとは感じるかも?)と思い、「タオルはいりません」と答えました。

肩から順にオイルが塗られ、優しいマッサージが始まりました。
肩、背中、腰、足と続いていきます。
途中で眠くなりウトウトしていると、「仰向けになってください」とのこと。

全裸で仰向け、しかもタオルなし!

最初は恥ずかしかったけど、そのうちなんとも感じなくなりました。
マッサージも気持ちよく、またウトウトしてしまいました。
ふと目が覚めると、彼女は私のオッパイを優しく揉んでいました。
大きく包み込むようにゆっくり揉んでいました。
時々乳首に親指が当たり、ちょっと弾くようにされるとと、体の中にぴくっ!ぴくっ!と小さな快感が走ります。
そのうち小さく声を出してしまいました。
彼女が小声で「気持ちいいですか?」と聞いてきたので、正直に「気持ちいいです」と答えました。

彼女はそのままオッパイのマッサージを続け、次に脇腹からおヘソにかけて優しくマッサージしていきます。
オッパイのマッサージが気持ちよかったので少しがっかりしていると、「お客様のバストは素敵ですね」と話しかけられました。
オッパイは自分でも形はいいと思っていましたが、面と向かって言われるとかなり照れます。

でも嬉しくて、「そうですか?そう言われると嬉しいです」って答えると、「マッサージが一通り終わったら、もう一度触ってもいいですか?」と聞かれました。
さっきのオッパイマッサージが気持ちよかったので、またしてもらえると思ったら嬉しくなり、「いいですよ、さっきのマッサージとっても気持ちよかったですから」と返事しました。
彼女は「ありがとうございます」と言い、お腹のマッサージを続けました。

その後、足のマッサージをしました。
つま先、ふくらはぎ、太ももまで来ました。
太もものマッサージのときに彼女の指があそこに触れます。
最初は微かに、そのうち触れっぱなしに。
それがとても気持ちよくて思わず声が出てしまいました。

彼女は慌てて、「これを咥えてください」とタオルを渡しました。

もう言われるままにタオルを咥え、声を殺していると、彼女の指は完全にあそこをマッサージ。
クチュクチュとエッチな音がしていましたが、もうそんなのはどうでもいいって感じです。
片手はあそこ、もう片手はオッパイを揉まれ、完全にイッてしまいました。
彼氏とのセックスとは違う快感でした。

私がイッた後、彼女は私の口からタオルを取り、キスしました。
ちょっと驚いたのですが、彼女の唇の柔らかさがキスの驚きをかき消しました。
それまで私はレズなんて気持ち悪いと思っていましたが、彼女は可愛いと美人の両方を持ち合わせた素敵な女性でした。
そんな彼女からされた今回のことは、私には気持ち悪いことではなく、逆に嬉しいことでした。

彼女は何事もなかったかのように、「お約束通り、バストを触ってもいいですか?」と聞くので、「はい、お願いします」と答えました。
またさっきと同じように、優しくゆっくり揉んでくれました。

時間は20分ほどオーバーしていましたが、追加料金は取られず、ポイントカードには通常の倍のスタンプが押してありました。
こういう気持ちのいい体験は、男性相手でしかありえないと思っていた私にとって、今回のことは予想外でした。

私は彼女の名前をチェックして、1週間後に再びその店に行き、彼女を指名しました。
彼女は私のことを覚えてくれていて、また来店したことを喜んでくれました。
それから私は1~2週間に1回はその店に行き、彼女を指名しています。

携帯電話の番号とメアドを交換し、最近は店の定休日に彼女の家で会うようになりました。
後から知ったのですが、彼女はその店の店長さんでした。
最初に私が店に入った時、私に同じ匂いを感じたそうです。
どうやら私にもレズの素質があったようです。
最近は彼氏とも別れ、彼女とのセックスを楽しんでいます。