爆睡中の真面目っ娘にイタズラ・後編

この体験談は約 5 分で読めます。

さあ、残すは水色のパンティーだけ。
早速パンティーの上を持ち上げてヘアーをチェック。
現れたのはパンティーに押しつぶされてぺったんこになった真っ黒なヘアー。
なんとなく薄いのをイメージしてたんだけど、意外にも結構濃い。
そのギャップがまた興奮を誘い、無意識に俺はチエのヘアーに手を伸ばしてしまった。
ざらざらした感覚がたまんない。

さあ問題はこの先だ。
こうなったら、なんとしてでもチエのアソコが見たい。
今を逃したら、もうこんなチャンス二度とないだろうし・・・。
俺はとても迷っていた。
パンティーの股間の部分をずらしてアソコを見るか、それとも勇気を出して脱がしちゃうか。
頼りのミコに相談した。

「脱がすのは、さすがにヤバいかなぁ?」

「ここまで来たらもう脱がすっきゃないっしょ」

「さすがに可哀想じゃない?」

思ってもいないことを言う俺。

「いいよ、ムカつくし。私もチエのアソコが見てみたいし」

「そうなの?まぁいくら女同士でも人のアソコなんて見る機会ないもんな」

「まぁね。チエ、ついこの前まで処女だったから、たぶんすっごいキレイだよ」

「ホントにタケシ君(チエの彼氏)が初めてなの?」

「それは間違いない。チエってモテるけど、本当にガードが堅いから」

もう俺の決心は固まっていた。

(脱がそう!)

まず、万が一起きた際に時間を稼ぐために、呼吸が苦しくならない程度に顔にタオルケットをかける。
これで罪悪感や不安は多少減る(気がするだけ?)。
ミコも手伝ってくれて、パンティーの両サイドを少しずつ下にずらしていく。
徐々に露わになるチエの黒い茂み。

(こんな可愛い顔してても、チエもやっぱりボーボーなんだなぁ)

などと当たり前のことに異様に興奮する俺。
もう喉がカラカラだった。
かなり時間をかけて、なんとかチエのパンティーは膝の下まで来た。
チエはさすがにガードが堅いというだけあって、しっかり足を閉じて眠っている。
だからまだ肝心の部分は見えていない。
ガードの堅いチエも、まさか知らないうちに信用している(はずの)友人達にこんなことされているとは思いも寄らないだろう。
チエの鉄壁のガードも、アルコールと睡魔と、信用があればイチコロ!

と、その時。
ミコがさっとチエの右足だけをパンティーから抜いてしまった。
一瞬のことだったので、足を上げた時にチエのその部分がチラッと俺の視界に入ったが、妖しげな暗闇しか確認出来なかった。

「男ってこの状態、好きでしょ?」

「ミコ、いつもパンティーを片足残しでやってんの?」

「もう、私のことはいいから!さあ、ご主人様、お食事の準備が出来ましたよ」

ミコはおどけてるが、確かに目の前にはご馳走が・・・。
あのチエが下半身全裸で眠っている。
もうこうなったらチエのアソコを拝ましてもらうしかない。
いよいよこの時が来た。
生まれてからこんなに興奮したことはない。

パンティーが残ったままの右足を膝を曲げながら、開いていく。
そして・・・ついに、ついに、チエのアソコが現れた。
ヘアーは直毛で逆三角形。
オマンコの周りにもしっかりと生い茂っている。
チエのオマンコは、やはりミコの言う通りキレイだった。
結構大きめのビラビラはしっかり閉じている。
そーっとその感触を楽しみながら開いてみる。
この時に思わずクリトリスを触ってしまったが、起きる様子はない。
中もピンクで超キレイ!

これが夢にまで見た(っけ?)、チエのオマンコかぁ。
こんな風になってんだぁ。

興奮のあまり、俺はパンツの中のチンコを握った。

「ちょっと何してんのよ?」

「いや、もう我慢出来ねぇーって」

「まじ?じゃあKのも見たーい!見せて」

ミコがすかさず俺のジャージとパンツを下ろす。

「可愛い!」

(すみません、小さいんです)

「うるせーよ。ねぇミコ、お願い!口でして」

「やだって!」

「じゃあ手は?」

しばらく考えるミコ。

「もうしょうがないなぁー」

渋々OK。
2人ともチエのオマンコに顔を近づけながらも、ミコの手は俺のをゆっくりしごいている。

(想像してみて。これって凄いアホな体勢だから)

「なんかチエって毛が濃くない?でもやっぱりアソコはキレイだね」

「俺、こんなにキレイなの見たことないんだけど。ちなみにミコのは?」

「はぁー?何言ってんの。まあ私のもキレイだけどね」

「うそつけー?」

「何それ、失礼だなぁ」

「じゃあ見せて!」

「殺すよ」

そんなやりとりをしているうちに、ついに俺の理性が吹っ飛んでしまったのか、無意識にチエのオマンコに口をつけてしまった。

「ちょっと!やりすぎると、起きるよ!」

ミコが注意する。
でも我慢出来ず、ミコにはどいてもらって俺はクンニを始めた。

「もうしょーがないなぁー」

そう言うとミコは顔を俺の下半身の方に下ろしていった。
すると次の瞬間、股間に生ぬるーい快感が・・・!
なんとミコが俺のチンコを咥えていた。
なんて凄い体勢の3人!
なんじゃこりゃあー?
“696”って言うの!
とにかく俺はチエのオマンコに集中した。
もう起きちまったらそん時だっ!

「タケシ君ごめんねぇ。彼女のオマンコ舐めさせてもらってまぁーす」

なんか、そんな自分の言葉にも興奮する。
あのチエのオマンコが、今俺だけのものになってる。
しかも本人はそれを知らない・・・。
そしてミコの素晴らしいサポートもあって、俺はあっと言う間に果ててしまった。

その後は・・・スレチだから簡潔に書く。
ミコの口を拭き、また苦労しながらチエの服を元通りに着させた。

「ミコもやらしい気分になっちゃった?」

「ちょっとはね。自分だけイキやがって!でも私は平気」

「じゃあ、やるか?」

「絶対いや!」

俺は勢いでミコに襲いかかった。
ところが、キスして、服の上から乳揉んで、強引にパンティーの中に手を入れてオマンコを触ったところで激しい抵抗にあい、あえなく断念。

「チエの代わりにやられるみたいで嫌だ」ということだった。

まぁそんなに何でもかんでも上手くはいかねーか。
でもミコは全然怒った様子もなく、笑いながら、「今日はKの本性をいっぱい見ちゃった気がする」とか言ってた。
そう言われて俺は、なんだか我に返ってしまい、異様に恥ずかしくなった。

「自分だって濡れてたくせに!」

照れ隠しに言う俺。

「怒るよっ!」

「まあ・・・とにかくありがとな」

そしてうちら2人はそれから程なくして寝てしまい、翌朝2人してチエに起こされた。

「ちょっといつまで寝てんの。早く起きなよ」

チエはもうすでに着替えていた。
上は昨夜のシャツにベージュのジャケットを着てて、下は黒のローライズのピッチピチのジーンズ。
昨日の夕方見た時はなんとも思わなかったのに、今は不思議とチエが少し色っぽく見える。
さらに、『お前の全てを見させてもらったよ』みたいな優越感もあった。

「なんか2人ともすっごい熟睡してたよ」

そうチエに言われ、俺とミコは一瞬目が合った。
たぶん2人とも同じこと思ったと思う。

『それ、こっちのセリフ!』

結局、その後、ミコとそのときの話題が出たことはない。
まあチエを見る度に思い出すし、何度も記憶を頼りに抜いたけど。
でも未だに、(あれは幻だったのかなぁ?)と感じる時がある。
それだけに悔やまれるのが、当時の俺がデジカメを持ってなかったこと!
まあこうして記憶という名のアルバムには残ってるけどねっ!