俺のデカチンを見たら顔色が変わった彼氏持ちの女・後編

この体験談は約 6 分で読めます。

愛子は俺のチンポを見て明らかに表情が変わった。
それもそのはず、俺のは勃起時に18センチあるからな。
大抵の女は入れてやれば歓喜の声を上げる。
友里も俺のチンポが良くて離れられないんだと。

愛子ちゃんの彼氏くん、彼女がこのチンポに溺れないといいね。
ほら、ドスケベな顔して俺のチンポを咥え込もうとしてるよ。

「チュク、チュル、チュパ」

「あー愛子ちゃん気持ちいいよ」

愛子の舌が俺のチンポを這っていった。
亀頭を舐め回し、根元まで舌を滑らせ、一生懸命口を開いて頬張った。
それにしても他人の女が自分のチンポを夢中でしゃぶる様は何度味わってもいいもんだね。
俺のチンポを悦ばせようと舌をベロベロ動かしてしゃぶりついてる。
マンコを疼かせて、夢中でチンポを咥えてますよ、彼氏くん。

「愛子ちゃん上手だね、凄く気持ちいいよ」

「チュパ、チュル、祐司さんの凄いおっきい」

しばらく口マンコを味わった後、そろそろ下のマンコ使ってやろうかと思っていると、例の彼氏くんからまた電話が来た。
愛子は慌てた様子で電話を持ってバスルームに消えた。
俺は近くに寄ってどんな会話をするか盗み聞きした。

「電話ごめんね、え?うん、今寝るとこだったよ。友里?うん、もう寝たみたい」

あはは、よく言うよ。
友里は同じ部屋でチンポ入れられて悦んでじゃねぇか。

「起こすと悪いからお風呂場で話してる、うん、ごめんね。もう寝ます」

あ~あ、女ってのはこうだからな。
「今日初めて会った男と寝ます」だろ?
ちゃんと言えよな。

「うん、おやすみ、また明日ね、うん、おやすみ」

可愛らしい声で彼氏くんにおやすみを言って愛子は部屋に戻ってきた。

「彼氏、大丈夫?」
「うん、『まだ寝てないの?』ってちょっと怒ってた」

「そっか、ホントに心配性なんだね」
「うん・・・」

何が「うん・・・」だか。
俺が股に顔を埋め舐めてやると、すぐに愛子は感じ始めた。
マンコからだらしない涎を垂れ流し、すぐにでもぶち込んでと言わんばかりの状態になった。
それでその時、力が抜けたのか、愛子の手に握られていた携帯が俺の足元に転がったんだよね。
俺はとっさに彼氏と通話状態にして一部始終を聞かせてやろうと思った。

愛子はソファの上、携帯は足元で死角になって見えていないのを利用して素早く彼氏にリダイヤルをした。
何が始まるかなんて想像もせず、すぐに彼氏くんは出たようだった。
最初、電話の向こうで何か言ってるようだったけど、愛子はなーんにも気付かずマンコを開いてた。

(じゃあ彼氏くん、ちゃんと聞いててね)

俺はギンギンに勃起したチンポを愛子のマンコに擦りつけた。
すると恥ずかしがってた愛子の姿は微塵もなくなって、早く欲しいと言わんばかりのスケベ顔でこっちを見てきた。

「愛子ちゃん、そろそろ入れていい?」
「はぁ、はぁ、うん、いいけど、ゴムしよ?」

「あればするんだけど、今日は無いから」
「はぁ、はぁ、大丈夫かな?」

「大丈夫だよ、ちゃんと外に出すから」
「うん」

彼氏くん聞いてますか?
愛子ちゃん、他の男に生マンコを使わせようとしてますよ。
ほら、自分で股開いた。
おチンポ下さいだってさ。
あー最高!
では、彼女のオマンコをいただきますね。

「んぁっ!おっきいっ!!!」

俺がズブリと挿入すると愛子の声が響いた。
ゆっくり動いてやると、さらに声上げて悦び始めた。
大きいと驚いていたのは最初だけで、愛子はどんどん俺のチンポに夢中になっていった。

「祐司さんの凄いよぉ」

「愛子ちゃん気持ちいい?」

「ああんっ、うん、凄い気持ちいい」

いい眺めだったな。
デカい乳が縦に揺れて、スケベ顔で喘いでんだよ。
彼氏に聞かれてるとも知らずに、「気持ちいい~」だって。
もっと色んな声を聞かせてやりたくなった。

俺は愛子の身体を起こし、ソファの上で座位で身体を味わった。
顔の目の前に来る乳を思う存分しゃぶりながらマンコを突き上げた。
愛子が上下に動く度にマンコがグチャグチャと音を立てていた。

「ああっ、奥まで入ってくる」

「愛子ちゃん、気持ちいいねぇ、ほら、もっと腰を落として根元まで飲み込んでごらん」

愛子は俺の首に手を回して掴んでゆっくり腰を沈めた。

「んああっ、やっ、待って、待って」

俺のチンポが確実に愛子の子宮口に到達していた。
俺が突こうとすると愛子は「待って」と懇願した。

「愛子ちゃん、ここを突かれたことないんだ?」

「こんなとこまで初めてだよ」

「ちょっとずつ突いてあげるから力を抜いててごらん」

何とかセックスとか言うらしいけど、そんなのは知らん。
ただ、この子宮の入り口を突いてやると、女は震えながら声を上げ始める。
俺は色んな女をこれで虜にして便器代わりに使ってきた。
彼氏くん、そこでちゃんと聞いてなよ。

「あああっ、お願い、ゆっくり」

俺は下からゆっくり愛子の子宮口を突き始めた。
ゆっくり、でも確実に奥の壁を刺激してやった。
すると俺にしがみつきながら愛子は鳴き始めた。

「あはぁ、いや、ああ、あああ」

突いてやるたびに声を上げて、マンコからはグッチョリとしたスケベ汁が溢れてきた。
怖がって根元まで咥えこもうとしてなかった愛子が、だんだん力を抜いて腰を沈め、快楽に身を委ね始めた。

「愛子ちゃん、だんだん奥が良くなってきたろ?」

「ああ、うん、気持ちいい」

俺は徐々に強めに突き上げていった。
これをやると大抵の女は夢中になって喘ぐ。
それを下から見てるのがたまらないんだよな。

「ああっ、ああっ、いいっ」

「愛子ちゃんのが凄い絡みつくよ」

「ああっ、凄いのっ、凄いよっ・・・、あああっ」

新しい便器の愛子ちゃんは俺のぶっといチンポ咥え込んで夢中になってた。
その後すぐに、「イクイク」って言って肩を震わせてイッちゃったしね。
愛子を四つん這いにさせたときに愛子の携帯を見たらまだ通話中だったからそのままにしといた。

「はぁっ、はぁっ、祐司さん、ちょっと待って」

自分がイッたから待って欲しいらしい。
そんなの知らねーよ!
俺は構わず四つん這いの愛子の尻肉を掴んでマンコに捻じ込んだ。

「ごめん、愛子ちゃん、俺も我慢出来ないよ」

「ああっ、いやっ」

あーたまらんね!
真っ白いケツが腰を打ち付けるたびに波打ってた。

「待って」とか言ってたくせいに、ちょっと突いてやるだけですぐに感じ始めるし。
俺は愛子を仰向けにひっくり返して正常位でチンポを突っ込んだ。

「あああ・・・、凄い」

俺が思う存分チンポを抜き挿しすると、愛子はマンコを締め付けて悦んでた。
突いてやりながら舌を吸ってやると夢中で舌を絡めてきたし。

(彼氏くん、マンコ目的で近づいてきた男にマンコ使われてアンアン喘いでるよ!)

隣の部屋も終わったみたいだったし、一晩中使ってやるつもりだったから、とりあえず1回抜くことにした。

「愛子ちゃん、そろそろイクね」

「あああ、うん」

バンバン突いてやって、愛子のアヘ顔、乳が揺れる様、チンポが突き刺さったマンコを充分に楽しんで俺はフィニッシュに向かった。
俺がピストンの速度を上げるとすぐに、「イク~」なんて声を上げて愛子はまたイッてた。
俺はそんなことはどうでもよくて、自分の性欲に任せてチンポを抜き挿しした。
そして最後は、マンコから引き抜いたチンポを愛子の口に突っ込んで精子をぶちまけた。

「あ~出る出る」

愛子は苦しそうな顔してたけど、構わず口マンコ。
最後まで精子搾り出して最初の便器使用を終了した。

すると、すぐ隣の部屋から良昭がチンポをおっ立てて入ってきた。
で、「たまんねぇ」なみたいなこと言って愛子にしゃぶりついた。

(彼氏くん、聞こえてますか?愛子ちゃん、もう1人のヤリチンにもやられちゃうよ)

愛子はもう身体に力が入らないみたいで、一切抵抗しない。

「愛子ちゃん、こうやって複数でしたことあるの?」

「ううん、ない」

「そっか、じゃあ今日はたくさん楽しもうねぇ」

俺はわざと彼氏に聞こえるように言って、愛子にばれないうちに電話を切った。
向こうから掛かってこないように電源も切って、愛子をベッドルームに連れていって4人で楽しんだ。
愛子は、「もうダメ、もうダメ」を連呼して喘いでた。

(でもね、彼氏くん、女は「もうダメ」ってなってからが楽しんだよ、知ってた?)

俺達はその後も思う存分やりまくって、新しい便器の愛子ちゃんを堪能した。

さて、帰国してからはしばらくは女達と連絡を取らなかったけど、愛子は当然彼氏と揉めたらしい。
詳しいことは聞いてないけど、俺はたまに愛子のマンコが使えればいいだけなので、どうでもいい。
『また会おうよ』のメールにも好感触な返事が来たから、また愛子を使った時には報告するかも。

読んでくれてありがとう。