夫には言えない私の摘み食いの過去・後編

この体験談は約 4 分で読めます。

私のあそこはもうぐっしょり。
ムズムズして、すぐに触ってもらいたい。
そんな感じだった。
彼のを確認したくてたまらなくて、私は偶然を装って彼のモノを手の甲で触った。

(カチカチ!!!)

彼はすぐに身を引き、私も、「ごめんなさい!」って謝った。
でも私の手には彼の硬くなったモノの感触が残っている。
彼氏だったら、セフレだったら、きっと私の手を持っていき、「触って」と言う。
そして私のスカートを捲り上げ、すぐに私の中に指を入れる。
私が潤っているのがわかったら、すぐに私の中に彼自身を挿入してくる。

でも彼は、触らせようとも触ろうともせず、逃げるようにトイレへと行ってしまった。
帰ってきた沢松さんは、まだ飲んでいる私の横に座り、不器用に私を抱き寄せて、「里奈ちゃん、俺、里奈ちゃん・・・」と言ったきり黙ってしまった。
しばらく2人とも黙っていましたが、「どっかで、ゆっくり飲もう」と私から提案。
一旦会社を出ました。
タクシーを拾って彼を乗せ、私の家に行きました。

「え?」と驚いて尻込みする彼に、「だって、ゆっくり飲みたいんだもん。ね!」と引っ張って部屋にあげた。

部屋に入って飲みはじめ、でも私がどんなにベタベタしても彼は手を出そうとしない。

でも、私が彼にもたれて、「おやすみ」って寝るふりをすると、彼はキスして起こそうとしてくる。
キスをしながら彼の身体に手を回し、抱き締めたりしても彼はキスだけ。
そんなことを1時間以上も繰り返し、私は完全に焦らされてる状態。
わざと私を焦らして楽しんでいるの?
ううん、そうは思えません。
かといって彼が、その先へ進むのに躊躇しているようでもない。
まさかキスだけで満足してるってことはないでしょうけれど、よくわかりません。

私は彼から始めて欲しかったけど、キスから先へ進まない彼にとうとう待ちきれなくなって、彼の下半身へ手を伸ばした。
女性にあまり慣れていない様子だったので、拒否されたらどうしようとビクビクだったけれど、ズボンの上から撫でていても逃げる様子はない。
もしかしたら、やられたかな、と思いました。
彼から始めて欲しかったのに、我慢しきれなくなって私から手を伸ばしてしまった。
彼はそれを狙っていたのかもしれません。

私はどうしようかと考えながら彼の下半身を撫で続けていた。
私に触られるままだった彼が突然動いた。
彼は私の服を剥ぎ取るように脱がせて、自分も裸になり、不器用に優しく私の身体を舐め始めた。
私の一番感じる部分を指で探って、「濡れてるね」と一言だけ。
後は顔をうずめて一生懸命舐めてくれた。
彼のを触ると、すごく硬くて太くて大きなモノだった。
私が彼のモノを口に含むと彼はちょっと驚いて、でもすぐにされるままになった。
フェラされることにも、それほど慣れていなかったみたい。
どうやら、やられたかなと勘ぐったのは、私の思い過ごしだったようです。
本当に女性経験がさほど多くはないのだなと思いました。

しばらくしゃぶっていたんですが、彼が私の口から離れて、私の足を持ち上げてゆっくり入ってきた。
ゆっくり奥まで突きながら、私の感じている顔を見ている。
不器用かもしれないけれど、女性が苦手かもしれないけれど、それでも彼はオンナの悦ぶツボを心得ていた。
喉の奥から搾り出すような喘ぎ声。
それが自分の口から発しているのだと思うと少し不思議な感じがした。
イキたくなって、(もっと速く突いて)と思っていると、彼は抜いてしまいました。

(え?)と思っていると、「避妊してないから」って。

私がどんなに甘えても、絶対に入れてくれない。
すっごい中途半端で、(身体をウズウズさせるだけさせといて酷いよ・・・)って思っていました。

そんな日から1週間後、沢松さんから電話があり、今度は彼の部屋に遊びに行った。
今までの遠慮がちが彼とは一変していた。
彼はすぐに私を裸にし、指で私を濡らし、ゴムをつけて私の中に入ってきて、突きまくってイッてしまいました。
私のことは何も考えてくれていないセックス。
なんだか悲しくなって、帰ってしまいました。

また1週間後。
名誉挽回したいと沢松さんから電話。
私はその間に彼氏やセフレと十分に潤ったセックスをしていたので、もう終わったことだったんだけど、沢松さんが必死で言うので行くことにした。
私は沢松さんとセックスしたことによって彼への興味が薄れてしまっていたんですが、やっぱり私の方から仕掛けたという罪悪感もあったしね。

その日は昼間にデートをして、夕食を食べてから彼の部屋に行った。
沢松さんは私のことを「里奈」と呼ぶようになっていた。
沢松さんに呼ばれて裸にされて彼のベッドへ入ると、私に目隠しをしようとした。
嫌がっても無視して目隠し。
諦めてされるままになっていると、手も足も縛られ、ベッドに固定されて・・・。
そして彼は無言で私の身体を舐め、クリトリスを転がし、指を入れ、私がどんどん感じるのを楽しむように愛撫していく。

「お願い、だめ、あぁ、あぁ、やめて・・・」

声をあげて感じていると・・・。

「イッてもいいよ。感じてるでしょ。気持ちいいでしょ。イキたいでしょ?」

耳を舐めながら囁きます。
愛撫だけで何度もイキ、入れて欲しくて腰を動かしていると、「『入れて』って言ってみ。入れて欲しいでしょ。言わないと入れないよ」と。
私はとうとう、「入れて!沢松さんの入れて!」と懇願してしまいました。
彼は私の足を縛っていたものを外し、足を持ち上げ入ってきました。
最初は優しく、だんだん速く、「あぁ!あぁあぁ・・・あぁぁあぁ」という私の声に合わせるように奥へと突いてきます。
彼は私の手も自由にし、座位になり、私の目隠しも外し奥へ奥へ・・・。
私は彼の突きに何度もイカされてしまいました。
どこか自信なさげだった最初の頃の彼とも、自分勝手なセックスをした彼とも違い、身も心もひとつになった、とろけるようなセックスを味わうことが出来ました。

この日から彼は私を独占しようとし、濃厚なセックスを求めようとするようになった。
そう、沢松さんは私の2人目のセックスフレンドになったのです。
こうして、3人の男達に身体を求められる充実した日々が始まりました。