セーラーコスプレでおじさんにイカされまくった

この体験談は約 5 分で読めます。

先日、お付き合いしている48歳のおじさまと愛しあってきました。
おじさまが連れて行ってくれたホテルではレンタルコスチュームがあり、セーラー服を借りました。

「これを着てくれるかな~」

若菜にはちょっとサイズがきつく、ムチムチの女学生になってしまいました。
おじさまはコンビニで白いハイソックスを買ってきていました。
紺か白か、迷ったそうです。
それで私は白いハイソックスにセーラー服・・・。
下着は白のブラジャーとパンティです。

「今日はよく見えるように部屋を明るくするからね」

ベッドでおじさまと抱き合うと、セーラー服の上から優しく撫で回してきます。
髪や背中を撫でられ、気持ち良くなってリラックスしてきました。
おじさまはそのうち、スカートの中にそっと手を入れ、お尻を撫で始めました。
どうも、スカートに手を入れている自分の眺めに興奮しているみたいです。
時々、セーラー服の上から胸を撫でたりします。
揉むのではなく撫でるだけです。

「あん・・・」

だんだん感じてきました。

「ちょっと仕切り直し」

おじさまは起き上がり、私のセーラー服をきちんと直して、乱れのないよう仰向けに横たわらせました。

「可愛いねえ・・・すぐに犯すのは勿体無い」

スカートに手を入れ、太ももを触ります。

「若菜ちゃん、初めて男にイカされちゃったのは、いつどんなふうに?」
「え・・・いつかなあ・・・指で・・・」

「指で?」
「擦られて・・・」

「クリトリスを擦られて、イカされたのかな?」
「うん・・・」

おじさまは痴漢のようにスカートの中に手を入れています。
それからスカートの前を少しだけ捲り上げ、パンティがちょっとだけ見えるようにしました。
私は白くて薄い生地のパンティーをぴったりと穿いています。
パイパンなので、おじさまが指でなぞるとエッチな割れ目がくっきり出てしまいました。
おじさまはセーラー服の上着を胸までたくし上げ、白いブラジャーを上にずらして、おっぱいの下半分を露出させてしまいました。

「はみ出たおっぱいがプリプリしてるな」

「いや~ん」

明るめの部屋の中、左右の乳首を同時に摘まれて弄られ、あっと言う間に赤く膨らんでしまいました。

「すごく硬くなった」

「あっ・・・だめ・・・あっあん・・・」

私は両手を後ろで縛られたくなって、仰向けで寝たまま両手をお尻の下に入れました。
後ろ手に縛られて乳房を張り出すような感じになります。
張った乳首に指を軽く乗せて、優しく転がすように愛撫されました。
時々、唇で乳首をチュッと吸い上げ、舌で尖りの先をくすぐられます。
気持ち良すぎて腰をクネクネさせながら、下半身がじわじわと熱くなってくるのがわかりました。

「あっあっあっ!」

軽くイキながら仰け反ると、おじさまが足を開かせてパンティを見ました。

「染みてるよ」

パンティを割れ目に食い込ませるように、上下になぞられました。

「あっ・・・あん」

「愛液が・・・たっぷり染みてビチャビチャだ」

また足を閉じられ、それからパンティを太ももの辺りまでずり下ろされました。

「おお、パイパンだ!女の子のスジが丸見えだ・・・」

私がスカートを引っ張って隠すと、おじさまはちょっとだけ捲り上げ、わざとオマンコの部分だけが見えるようにします。

「エッチ・・・」

おじさまは、スカートから覗いているおまんこの肉割れを、指で撫でたりキスしたりしていましたが、すぐにパンティを全部下ろして脱がしてしまいました。
セーラー服とハイソックスなのに、おっぱいとオマンコだけが剥き出し・・・。

「さあ、よく見えるように足を開いて」

私が足を広げると、ぴったり閉じていた肉の割れ目が左右に開きました。
腰の下に枕を入れられ、一番恥ずかしい部分がおじさまに差し出されてしまいました。
セーラー服から、乳房の下半分と肉のおまんじゅうを出している私におじさまが尋ねました。

「若菜ちゃんはどこを触られると一番感じる?」

両乳首をまた指でクルクル弄ります。

「あんっ・・・」
「おっぱい触られるのが好きかな?」

「ん・・・」
「おっぱい責めか。他にはどこ?触られるともっと感じる部分があるだろう?イカされちゃう場所が」

「・・・クリトリス・・・」
「陰核責めが好きなんだね」

おじさまはおまんじゅうに顔を近づけ、舌でクリトリスを下から擦り上げました。

「あうんっ!」

クリトリスはまだ皮に包まれて、少しだけ先を覗かせています。
足首を掴まれ、M字開脚にされました。
おまんじゅうの割れ目が最大に開きます・・・。
クリトリスの先端が、皮からちょっとだけ出ています。
その小さく尖った赤い芽をおじさまは唇で包み、舌先でくすぐりました。

「あうっ・・・あっ・・・はあっ・・・」

腰と背中が快感で痺れてきました。
足首は掴まれたままです。
M字にされたまま、クリトリスを舐められ続けました。
包皮ごと吸われ、もどかしい快感です。
時々、クリトリスの先端をピンポイントでくすぐられると、鋭い快感によがり声を上げました。

(もっと皮を剥いて弄られたい・・・)

いつの間にか足首を掴んでいた手は離され、私の腰を抱きかかえるようにしていました。
少しずつクリトリスが勃起して、露出部分は感じるのですが・・・。

「あ~んおじさま、ねえ、剥いて・・・」

「だめだ・・・イキそうでイカせない陰核責めだ」

「ああ・・・気持ち良い・・・あああっ・・・もっと・・・お願い、剥いてぇ・・・」

おじさまは散々焦らし、イカせないまま太い松茸を取り出し、私の小さい亀裂に押し当てました。
傘が大きく張っていて、ヌルヌルなのになかなか入りません。
ようやく先端部分が穴に入り込み、挿入が始まりました。

「・・・すごい・・・大きい・・・」

カリが太くて、膣口をぐいぐい押し広げながら入ってきます。

「うっ・・・入らないよう・・・」

「はい、しっかり咥えて」

おじさまが腰を進めてきます。

「あああっ・・・」

「ぎちぎちだな」

「あんっ・・・あん・・・」

おじさまの太すぎる肉棒が、私のオマンコにキツキツにはめこまれました。
おじさまの極太松茸が根元までしっかりはまり、お互いの足の付け根が密着です。
おじさまは腰を揺すり上げました。
そして大きいキノコの頭が、中をぐりぐり掻き混ぜるように愛撫してくるのです。
腰を回したり、キノコを引き抜いては入れたりされて、私は大声でよがってしまいました。

「う~ん、気持ちいいよ・・・ハイソックスがエロい」

おじさまは動きを止めてヌポッと抜きました。

「出ちゃいそうだからコンドームつけるよ」

おじさまは自分で手早く装着しました。

「これはね、すぐにイカないように厚手のコンドームなんだよ」

そう言って、再び入り口に押し当てました。
大きい松笠が、厚いコンドームでさらに太くなり・・・。

「いや~ん、入らない・・・」

ぎちぎち、ぐっぐっ、ぎゅうぎゅう、と割れ目に押し込んできます。

「あああ~ん」

「よーし」

根元まで挿入が終わると、おじさまは腰を使って揺すります。

「あっあっあっあっ」

「じっくり責めるよ。ぶ厚いのを着けたからね。入れたまま3回はイカせるか」

「いやん」

おじさまはキノコを奥まで入れるとピンクローターを取り出し、スカートを捲り上げ、クリトリスに触れさせました。

「ああ~~ん!!だめっ!!」

気持ちよくてトロけそうになります。

「毛がなくてお豆が丸見えじゃないか・・・」

ローターをクリトリスに着けたり、離したりして、焦らします。

「あああ・・・」
「うんと卑猥な言葉でお願いしなさい」

「ああん・・・もっとクリ責めして・・・イカせて・・・」
「よしよし・・・セーラー服着ていやらしい」

おじさまはオチンポを根元まで押し込み腰をこねまわしながら、指でクリトリスを摘み、皮から露出させました。

「・・・ほら」

ローターがぴたっと押し当てられ、クリトリスが高速振動させられました。

「きゃあああっ、ああ~ん・・・!」

ローターをゆっくり動かし、クリトリス全体を隈なく愛撫されます。

「あっあっ、そこ・・・イキそう・・・っ」

イキそうになるとおじさまのオチンポが押し出されそうになり、また根元までしっかり入れ直しました。

「ここかい?」

「あ~っ、だめ、あ・・・イクイク・・・イッちゃう~っ!」

身体が仰け反り、硬直しました。
おじさまはローターを止め、腰をピストンしながら乳房を掴み、硬くなった乳首を撫でます。

「ああっ・・・またイクう・・・あああ・・・」

その後も、入れたまま何回もイカされてしまいました。