友達の整体師に母へ性感マッサージの依頼

この体験談は約 4 分で読めます。

高校時代の部活仲間の友人は4年前に整体師に転職して、ある近所の施設で整体師として働いてます。

彼の自慢は、夫婦向けの掲示板サイトで「マッサージから性感に」との募集をして、応募のあった夫婦に出向き、旦那さんの前で奥さんをイカせるという遊びを趣味としてしているというものです。
当初僕はそんな話を信じられなかったのですが、実際に彼の携帯メールには問い合わせや、待ち合わせの時間場所の内容が入っている以上嘘とは思えず、内容を詳しく聞いていると彼は生真面目な性格らしく、旦那さんとの事前の打ち合わせで様々な嗜好に親切に対応していることがわかりました。
僕はこのサイトを見ながら自分の母親の性に対しての異常なまでの興味があったので、彼に自分の母親に対しての施術を頼みました。

彼も趣味であるなら簡単に受けてくれると思ったのですが、彼曰く「自分の奥さんが他人に感じさせられてるときの旦那さんの嫉妬と、奥さんが旦那の前で感じないように我慢しているのを突破して大声を上げる瞬間に満足感がある」とのことで、乗り気とは到底言えない反応に意外な感じを受けました。

しかし僕は、自分の母親に対する性的な思いを打ち明けたことで、彼は彼が言う「事前打ち合わせ」をすることにしました。
打ち合わせは飲みながらとはいうものの、彼らしく真面目に細かいところまで言って来ましたが、概略は母に事前に整体施術のことを話しておくことと、強引なことはしないで流れでいけるところまでにするということでした。

事前打ち合わせ通り、偶然水曜日は彼も僕も仕事が休みで、父のいない昼の時間に整体師の友人が来るので昼食の準備と、肩こりで悩んでる母に友人に相談してみることを勧めました。

当日はリビングで昼食後、母のいる前で肩こりの話題にもっていきました。
友人は母の肩を押さえながら肩こりの原因について背骨や骨盤の歪みの話題になり、何気に母を触る姿を見た僕はすでに勃起して平静を装うのに苦労しました。
友人は話をしながら自然な雰囲気で、リビングの隣の和室に座布団を3枚並べてうつ伏せになるように母を促しました。
母は戸惑いながらも友人のプロ意識のようなものを感じたのか、それに従って横になりました。
友人はごく自然な顔で僕にバスタオルを1枚用意するように指示して、僕が手渡すとそれを母の上にかけて、解剖学的な会話(?)をしながらバスタオルの上から肩と背骨を押し始めました。
母が途中笑いながら「痛い」とか、「効く」とか言い始めて、和んできたときに彼が母にジーパンからジャージに履き替えて来るように促しました。
母は疑いもなく自室でパジャマにしてるジャージに履き替え戻ってきました。

再びうつ伏せで横になった母にバスタオルをかけて、昔話をしながらそのバスタオルの上から指を背中を滑らせるように押していきました。
そのうち彼の手は足裏からふくらはぎを揉み始め、その時はバスタオルの移動をしないで素手でジャージの上から揉み始めました。
彼の手が太ももに移動してきた時には、バスタオルの上からではなくバスタオルの中に手を潜らせて足の付け根あたりまで手を伸ばしたようでしたが、僕にはバスタオルに隠れてどのように触っているのか見えませんでした。
ただ、母の会話が一瞬止まったことで僕の興奮はさらに進化しました。
上向きになってもそれは同じことの繰り返しでした。

~中略~

打ち合わせ通りの友人のサインで僕が「自室でパソコンしてくる」と席を立ちました。
家のマンションは角部屋で、ベランダがL字型に全室が繋がってます。
僕の自室は玄関側の部屋ですが、西側のベランダを使えば母がマッサージを受けてる和室の隣の部屋にも入ることができます。
予定通りリビングのドアを閉めて、自室にドアをあえて音を出して閉めて、ベランダを使って母のいる隣室に入って壁に耳をあてがいました。

~中略~

しばらくは僕がリビングにいたときと同じトーンの会話が続きました。
異変は5分後くらいからはじまりました。

会話の概略は・・・。

友人「ここをほぐすと血行よくなります」
母「うん」

友人「どうですか?」
友人「ここはどうですか?」

母「うん」

友人「ちょっと失礼します」

母「うん、えっ?あはは、そこは大丈夫」(笑い声)
母「ちょっ・・・(ちょっと)あはは」(笑い声)
母「いいって、いいって・・・まって」(ひそひそ声)
母「まってまって・・・」(ひそひそ声)
母「ハァ↑・・・ハァ↑」(あぁではなく声を抑えて)

友人「どうですか気持ちいいですか?」

母「・・・無言」(たまに「はぁ」は聞こえる)

友人「どうですか?・・・どうですか?」
友人「どう?気持ち良かったら言いなさい」(言葉使いがかわりました)
母「いるから(僕が)・・・いるから・」(ひそひそ声)

友人「終わりにしますか?」
母「どうもありがとうございました」(普通の声に戻った)

この間に自分は自室に戻りましたが、約20分くらいはの過去最高の興奮でした。
彼が僕の部屋に笑いながら入ってきた時は嫉妬と興奮で複雑な心境でした。

彼にはまた後ほど状況を聞くことにして、僕は母の態度を見たかったので落ち着いた素振りでリビングに戻りました。
母はさすがに歳の功か何事もなかったかのようにリビングの片付けをしてました。
母はジャージのままキッチンに洗い物を運んでましたが、友人はそれを手伝うかのようにキッチンに運んでいきました。

彼の行動が少し不自然に思えましたが、ソファーからはキッチンが独立してるので見えないけれども、食卓横の食器棚の鏡の反射を利用できるところまで移動すればある程度見えます。
1回目の往復に不自然さを感じた僕は、とっさに彼が運ぶ2往復目をその反射を利用して目で追いかけることにしました。

母がキッチンで洗い物をしているところに彼が運んでいくまでは単に親切な行動に見えましたが、彼はそれをキッチン台に置くなり母の尻をジャージの上から撫で回していました。
その彼の手に対して母はまるでどこも触られてないかのように洗い物を続けてました。
僕は頼みもしない彼の行動には腹立たしさを感じましたが、母の無抵抗なその姿に何か母が遠い存在になったような、寂しい気もしてきました。
友人から聞いた母への施術内容まで一気に報告するつもりでしたが、長くなりましたので一旦ここで終わりにします。

また時間があるときに書き込みます。

-未完-