地味だが性欲を満たしてくれる熟女

この体験談は約 2 分で読めます。

同じ職場に勤める彼女は50歳手前で、もちろん人妻です。

普段は仕事熱心で、出しゃばることもなく、かといって決して美人でもなく、スタイルがいいわけではありません。
また、雰囲気も身体付きも肉感的というのは程遠い。
しかし、積極的では決してないけど、キスをすると、向こうからも舌を絡めてくるし、おっぱいを揉んだり、乳首を口に含んだりすると、必死で声を殺そうとするけど喘ぎ声を出している。
下半身の裸にして一つになろうとすると、自ら上も脱いで全裸になってくれる。
正常位で挿入すると自ら両足をM字に大きく開脚して、思いきり脚を顔の方まで待ちあげ、深い挿入が出来るようにしている。
それに挿入するときはいつもあそこはもう準備OKでびしょびしょに濡れており、ふとももまで流れている。
本当はすごく卑猥な女だと思う。

彼女の言葉だと20歳で初体験をして、しばらくその彼と交渉を持った後、5年間くらい使うことはなく、もっぱらオナニーだけだったそうだ。
その後、結婚して現在まで今の旦那だけで、月に一度くらい夫婦の交わりがあるとのこと。

あそこを舐めたり吸ったりするともう悶えっぱなしの彼女。
そんな彼女を問い詰めると、夫との性交渉は全く望んでいなくて、むしろ拒絶しているとのこと。
だったら身体が疼くだろうと聞くと、「実は、夫に内緒で太くて長いバイブを使っている」とのこと。
チンポの方がいいんではと聞くと、「夫のチンポは柔らかく、セックスの時でも半立ち状態でなかなか挿入出来ず、夫自ら手でしごきながら挿入しているが、腰を動かし始めるとすぐ抜けてしまう、すでに避妊手術をしているので中出ししても、全く感じなく、ほんのわずかしか精液は出ていない」とのこと。
イクなんてことは一度もないと。

じゃあ俺とのセックスはどう?と聞くと、「硬くて太いから入っているのがよく分かるし、長い時間気持ちよくさせてくれるから・・」。

フェラも要求すれば、精液もすべて飲んでくれる。

仕事が終わって、あるところで待ち合わせをして、車の中でセックスをして1時間くらいしたら別れている。
でないとあまり遅くなると旦那に疑われるからとのことだけど、週に3回くらいカーセックスを楽しんでいる。