姉さんはSM嬢

この体験談は約 5 分で読めます。

俺には7つ離れた今年33歳になる姉がいる。

25歳で結婚して、普通に2人の子供を持つ母親になっている。
盆暮れの年2回会う程度の繋がりで、普段は携帯番号を知っている程度のごく普通の姉弟だったと思う。
俺が中学3年生迄実家にいた姉は、すごく優しく控えめで、年の離れた俺を可愛がってくれた・・。
姉は背は高くないが美白で、母親譲りのグラマーなボディーラインは33歳になった今でも同じままだった。

俺は20歳くらいの時知り合った女性から、SMっぽい事を教わり、今ではすっかりその世界の快楽で射精しまくっている。
色々経験したが、やはり拘束羞恥プレイが一番のお気に入り。
アナルをガンガンペニスバンドで突かれ、女の子の様に喘ぎ悶え、ヨダレを垂らして射精する。
これは本当に気持ちがいい。

数ヶ月前、俺はいつものホテルに入り酒を飲み、SMビデオを鑑賞しながら、興奮と酔いを深め、いつもの出張SMクラブに電話した。
2ヶ月ぶりくらいかな??
そんな事を思いながら電話番に会員番号を告げると、

「◯◯様ですね、いつもありがとうございます。30代以上のグラマーなS女ですね!?」

やはり年下に陵辱されるのはどうも理性が飛ばない・・。
もう数年は使っているこのクラブでは様々な熟S女と遊んできた。
しかもここのSMクラブはS女も全裸OKで、相手が若いと、結構女も興奮して途中で激しくチンポハメてくる事もある。
それもそれで楽しかった。

しばらくしてチャイムが鳴り、ドアを開けた瞬間・・今回ばかりは絶句した!!
目の前が真っ暗なのか真っ白なのか・・死ぬほど動揺した。

そう、そこには黒い長袖ブラウスを来て大きなバッグ持った姉がいたのだ。

「武雄!!?」
「姉さん!!!」

お互い暫らくの間があった・・・。

「入るわよ・・」

姉の静かな口調にハッとした俺は「どうぞ・・」と言い放った。

イスに座ってバックを置いた姉が、「お店に電話しないと・・どうするの」伏せた顔、また静かな口調で言った。

俺は目の前のワイングラスの酒を一口で飲み干し、ゆっくりと姉に言った。

「いや、いいよ姉さんで・・だってもうバレちゃったし・・これも運命だよ・・」と言った。

姉は一つため息をつくと「そうね・・」と諦めた様な顔で言った。
携帯を取り、店との会話が始まる・・。

「さゆりです。今部屋に入りました。えっと時間は・・」

一瞬俺を見たので「120分・Mコース」と言った。

姉はそのまま携帯で復唱すると電話を切り、「あたしにもお酒ちょうだい!」と言った。

俺はワイングラスを用意すると姉の前に置き並々とワインを入れる。
姉はほぼイッキに飲み干し、大きなため息と共に、グラスをテーブルに置いた。
そしてグラスに手を掛けたまま、俺の方上目使いで、ギロッと見つめた。
姉は少し呟くように言った。

「どうしてなの?」

相変わらず鋭い視線でこちらを見つめている。

「何が?」

俺はまたワインをグラス半分イッキした。

「いつからこんな事してたのよ?」
「ずっと昔からだよ・・」

「ほんとに!?そうなの!?」

姉は顔に手をおきながら、またワインを深く飲んだ。

俺は自分のワインと姉のワインを注ぎながら、「姉さんはいつからだよ?」逆に同じ質問をした。

少しまた俺を鋭く見つめ直しながら、大きくため息をついて、

「大学の時M気の彼氏と遊んでいるうち目覚めたのかな・・。結婚して落ち着いたと思ったけど、3年ぐらい前から、自分の時間を取り戻し始めたら何となく思い出して・・・。この店の前のSMクラブに大学の同級生がいたのよ。今年から別の子の紹介でこの店に・・」

「じゃ知り合いのスナックの手伝いは嘘だったんだ・・」
「勇ちゃん(旦那)もずっと仕事忙しくて、最初の半年ぐらいかな・・気にしてくれたの・・今じゃ養育費も助かるって言って、いつ帰っても寝てるわよ。疑うどころか気にも留めてないわ・・」

そう言って姉はまたワインを深く飲んだ。

「この前呼ばれた時、あんたぐらいの年の子だったんだけど、ふとあんたを思い出したわ・・まさかそれが現実になるなんてさぁ・・」

ワイングラスをこっちに差し出し催促を促しながら・・。

「あんたはかなりの変態なの?」

薄笑い気味の顔で問いただしてきた。

俺はその姉の妖しい目つきに少し興奮する自分を感じ取った。

「かなりだよ。超どMだよ。アナル突きでヨダレ垂らして行きまくるよ」
「ふ~ん!そっかわかったわ!!あんたの相手するわよ!もう踏ん切りついたわ!容赦しないからね!!」

そう言い放つと姉は立ち上がり、腰に手を当てワインをまた深く飲んだ。
俺は姉のその言葉に今までに無い興奮を感じ取り、すでにチンポはビンビンに脈打っていた。

「実の弟をいたぶるなんて!・・最高じゃない!!ゾクゾクしてきたわ!」

その姉の妖しい目つきと服の上からも感じるいやらしいボディーラインに、俺は完全に理性よりも快楽の渦を感じ、チンポの先から出る汁を止める事が出来なかった・・。
お互い残り少なくなったワイングラスに、姉が立ったまま交互にお酒を入れると、2本あったワインが全て空になった。
この短時間で姉と俺で1本以上は空けてしまった事になる。

すると1つのグラスを俺に渡し「全部の飲みなさい!!」静かな命令口調で、姉は言い放った。

俺は全て飲み干しグラスをおくと、姉が腰に手を当てたまま、「そこに立ちなさい!」と大きな声で言い放った。

俺はまっすぐ立ちあがると気をつけさせてられていた。
ホテルのガウンを着ていたが、すでにギンギンに勃起したあそこは姉に隠しようが無かった。

姉は軽く下に目線をずらすと、軽く一度「フン」と鼻にかけ、「そのまま素っ裸になりなさい!!」と言い放った。

俺は体中が熱くなりつま先まで痺れるのが分かった。
普段の控えめな姉の表情と、今、目の前で命令を繰り返す姉の表情で、俺の頭の中は混沌としたままに、姉に言われた素っ裸になる準備をした。
すでにバレてはいるが、トランクスを姉の前で下ろし、完全勃起したチンポをいざ見られた時は思わず「姉ちゃん・・俺」と呟いていた・・・。

姉は「いいから!ちゃんと自分でチンポをシゴきなさい!」と言い、一度しゃがみ込み、バックから持ってきた全ての道具を出し始めた。

「もっとあたしの前で激しくシゴきなさい!!」

目線は俺から離さずに用意する姉・・。
黒のブラウスの上からほのかにブラと姉の胸の谷間が見える。
それを見ながらチンポを激しくシゴく俺・・。
思わず自然にうめき声が出てしまった。

「すごくいいオナニーするじゃない・・初めて知った。初めて見たわ・・あんたのオナニー」

俺は恥ずかしさより、姉にもっと見せ付けるように激しく腰を振りながら、ペニスをしごいた。

姉は片手にロープを持ったまま耳元で・・・

「いつからしてた?あたしの事でオナった事あるでしょ!?正直に教えて・・あたしはあんたをオカズにオナった事あるわよ・・覚えてるかな・・中3の時あんたの机の下に隠してあったエロ本・・あれ見つけた時にね、あんたの部屋でオナったのよ、お姉ちゃん素っ裸にもなってあんたの部屋でオナってたのよ・・あんたが1階にいるのにいつ上がってくるかドキドキしながら・・あんたがこのエロ本でオチンチンしごいているんだなぁーって部屋に戻っても妄想してずっとオナってたのよ・・実は・・フフ・・実はそんなお姉ちゃんだったのよ・・だから今あたしの目の前でいっぱい見せて!いっぱいしごいてよ!!」