お父さんの部下にお持ち帰りされた

この体験談は約 3 分で読めます。

女です!
持ち帰られました。
相手はお父さんの部下です。

仕事の新年会で飲み会があって、アットホームな職場なんで、「お前も来るか?」と聞かれて、かっこいいと思ってた人がいたから喜んで行きました。
あたしがその人をかっこいいって言ってるのは父からみんなに伝わってて、行くと社員のみなさんが、「ゆかちゃん(あたし)は竹村(その彼)の隣だよなー!」と言って隣に座らされました。

しばらくして盛り上がったところで、会社のコンピューターの何かにトラブルがあったらしくて、父が慌てて会社に行ってしまいました。
父はあたしに、「竹村君に送ってもらいなさい。あまり遅くならないようにな」と言いました。
それに加えて「避妊だけはちゃんとしろよ」と冗談を言って、店を後にしました。
父としては、あたしと竹村さんにくっついて欲しかったみたい。

父の他にも偉い人が数人いなくなって、だんだん場の雰囲気が崩れていきました。
竹村さんもあたしにイッキを勧めたりと、責任感のない行動をし始めました。

12時くらいになって人が少しずつ減っていって、5人くらいになりました。
竹村さんはあたしのあごを押さえて(無理やりじゃなくて)チューハイを飲ませたりと、だんだんあたしに触れてきました。
あたしも結構飲み会でハメを外して遊んでる方だし、もっと触れて欲しい気がしたので、竹村さんにされるがままに飲んでいました。

ゆかは21歳です。
竹村さんは31です。

竹村さんに見つめられて、「可愛いね」って言われてウットリしました。
肩を抱かれて、キスしそうなくらい接近しました。
今考えれば竹村さんはあたしを潰そうとしてたのかもしれませんが、次々とお酒を勧めてきて、立ち上がった時、足元がふらついて歩けませんでした。
記憶とかは結構大丈夫で、自分では酔ってないと思っていたんですが、足のふらつきと呂律が思うように回らないので、あたし酔ってるんだと感じました。
他の社員さんに、「ゆかちゃん顔真っ赤~、大丈夫?帰った方がよくない?」と言われて、「大丈夫ですよ~」と言ったつもりでしたが、恐らく「大丈夫れすよぉ~」的なノリだったと思いますw

みんなが「竹村送ってやったらー?」と言い始めたので、竹村さんに支えられて竹村さんの車に乗りました。
車の中で竹村さんが無言なのであたしは寝ちゃいました。
目が覚めるとベッドにいました。
まだ眠たくて目が閉じちゃいそうでしたが、そこがホテルだということに気づいて驚きました。
すると竹村さんがトイレから出てきて、「おはよう」と微笑みました。
あたしは眠い目を擦りながら、「竹村さんが連れてきたんですか?」と聞きましたが、竹村さん曰く、あたしは車を降りて部屋まで歩いてたし、しゃべってたとか・・・。
覚えてないなぁと思いつつ、とりあえず眠いのでまた寝ようとしました。

すると竹村さんが上に乗って首とか耳にキスし始めました。
眠いのと気持ちがいいのとで力が入らず、「やですー」と言いながらされるがまま状態でした。
あたしの上の服を脱がせてブラだけにして、何か話しかけられましたが、あたしは目を閉じて半寝のまま声が聞こえてるだけでした。
極端な寝不足と重なって、とりあえず眠かったです。
竹村さんが胸や首にゆっくりキスをする度に目が覚めて、気持ちよくて、(あぁ、このまま寝たい)と思いました。

竹村さんが服を脱いでトランクスだけになって、硬くなったあそこが太股の内側に当たって・・・。
目を開けるとブラもはずされていました。
鈍い動きで胸を隠すと、すぐに手をのけられて、右の乳首をクリクリってされて、乳首が敏感なあたしはマジで目が覚めました。
竹村さんは「目がウルウルしてる」と言って左の乳首をチュウチュウ吸いました。
酔っていたからか簡単に喘ぎ声が出ちゃって、涙まで出ました。
前戯は短くて、竹村さんはすぐにあそこを押し込んできました。
濡れてたんだけど、痛かった。

ごめんなさい、あたし眠い・・・。
いいとこなのにホントごめん。

後はご自由に想像してください。