幼馴染の彼女と映画のラブシーンで気持ちを高めあって

この体験談は約 4 分で読めます。

これは俺と嫁の初体験にまつわる話。
俺と嫁のMは、俗に言う幼馴染という間柄。
幼稚園の頃に知り合ったが、仲良くなったのは小学校高学年から。
中学に入ると疎遠になり、高校も別々になったが、毎日駅のホームで顔を合わせるうちに再び親しくなり、高2の春休み中から付き合うようになった。
Mはいわゆる高校デビューってやつで、ロングの巻き髪にカーディガンを腰に巻いた、すっかり今時の女子高生風な出で立ちに化けやがった。
中学までは、二つ結びに眼鏡をかけた地味系の女子だったのに・・・。

付き合いだしてから数ヶ月が経った頃からだんだんとMに対し、口では言い表せぬ悶々とした感情を抱くようになり、いつしか“彼女との初体験”を夢見るようになる。
しかし、両親や2歳下の妹がいないタイミングを見計らうも、なかなか思うようなチャンスは訪れなかった。

我慢に我慢を重ね、半年が過ぎようとした頃、ようやくチャンスの時がやってきた。
その年のシルバーウィーク中、両親は夫婦水入らずの温泉旅行に出かけており、受験を控えた妹も日曜以外は塾漬け。
Mとの初体験をする上で、最高のシチュエーションが出来上がった。
当日の前夜、俺はいつものように携帯で、『明日の昼2時に家へ来い』とMに約束を取りつける。
Mとの会話が終わり、携帯を閉じてからも初体験の段取りを入念に確認し、いつまでも眠れぬ夜を過ごした。

翌日、目を覚ますと、なんと昼の12時を過ぎており、大慌てのまま部屋を片付け、身なりを整え、Mを待った。
約束の時間10分前、部屋でそわそわして待っていると・・・。

ピンポーン!

インターホンが意表を突いて鳴った。
リビングにある画面を覗いてみると、そこにはお目当てのMの姿があった。
俺は何食わぬ顔をしたまま玄関を開け、そのまま自分の部屋へ誘導したが、動悸が止まらなかった。
付き合ってから何度も家に招いているが、いざこうして初体験を目論んでいると、異常なほど緊張してしまう。

必死に冷静を装いながら一枚のDVDを取り出す。
それはカップルが観るのに定番な恋愛もの。
案の定、Mの方も食いついてきたので、すぐさま上映を開始した。

肝心の内容については自分たちに重ね合わせ、“幼馴染のカップル”をチョイスした。
最初は笑えるシーンが多く、俺もMも会話を交えながら観ていたが、次第に口数が減っていき、中盤を過ぎたあたりでデッキに表示される時間を確認する。
浮き出たデジタル数字は、もうすぐ“例のシーン”に差しかかることを告げており、俺はかつてない緊張感を抱いたまま、静かに映画を眺め続けた。

そして・・・例のシーンはやってきた。
内容はこうだ。
俺たちと同じように、彼氏の家でいつものように遊んでいたカップル。
すると彼氏の携帯に1本の電話が・・・。
電話の相手は母親。
仕事の帰りが遅くなるから夕飯は自分で済ませてくれ、といったありふれた伝言。
しかし、その会話を間近で聞いていた彼女は急に俯き、彼氏も電話を切ると口を閉ざしてしまう。
短い沈黙の末、顔を合わせた2人は唇を重ね合わせ、そのまま勢い余って熱く濃厚な過ちを犯してしまうという、不健全なくだり。
下見をした段階から、(このシーンは使える)と踏んでいた俺は、そのシーンに差しかかった際の雰囲気作りを、前日から何度シミュレーションしたことか・・・。

そして、そのシーンに突入すると、Mの表情に変化が生じた。
俺の意図を察したのかどうか、映画に出てきた彼女と同じように俯き、気まずそうな表情を浮かべていた。
俺もMに同調して口を閉ざす。
数秒の間を空け、映画の彼氏みたくMの顔を覗き込むと、そこには・・・。
映画のヒロイン顔負けの潤んだ瞳をしていた。
その時の表情は明らかに、『何かを期待してます』と言わんばかりで、俺はそんなMの期待に応えることにした。

顔を向かい合わせ、そのまま徐々に距離を縮めていき・・・チュッと唇同士をタッチさせる。
ここまでは映画の流れとまったく同じ展開だ。
そして、このまま映画の内容を真似てみようと思った。
キスをした状態を保ちつつ、Mの両肩に置いた手をゆっくりと移動させ、彼女の胸にぶら下がっている柔らかな果実を掴む。
映画のヒロイン同様、身震いこそ起こすものの嫌がる様子はなく、その後も優しくパンをこねるように揉みしだいた。
映画のヒロインは微乳、よくて並乳といった程度だったが、Mはそのワンランク上の適乳であり、大きすぎず小さすぎずの胸は手のひらにすっぽり収まり、指に力を込めるたびに手のひらいっぱいに柔らかさが充満した。

その後、数分にわたり、唇と手のひらでMの温もりと柔らかさを味わい、心地よい気分になったところでベッドに押し倒す。
ペロッと捲くったスカートから、ピンク地のトリコットショーツが顔を出す。
中指で生地の上から割れ目をなぞり、指先に少し力を入れるとズボッと食い込む。
すると指先にほんのりと湿った感触があり、今度は直に触ってみることにした。
露出している下腹部に手を沿え、肌と下着の隙間からねじ込んでいく。
指の第二関節が入ったくらいでふさふさとした陰毛の感触があり、それを掻き分けて奥にある淫裂へ到達する。
突き立てた中指で丹念になぞると、先程とは比べ物にならないくらい、ぐっちょりと濡れた感触が指先に伝わってきた。

ここまで愛撫をたっぷり堪能し、前戯を済ませた俺たちはいよいよ本番へ移行する。
Mの着ていた秋物のブラウスとスカートを脱がし、下着姿となった幼馴染に感銘を受けながらも作業を続行する。
ホックを外してブラを身体から抜き取り、ずるずるとショーツを腰から足元へ下げていく。
身を守るものを失ったMの姿は妙に神秘的だった。
続けて俺も身ぐるみを剥いだ。

そして下着を脱いだ瞬間・・・、それまでずっと暴れくるっていた肉棒が姿を現し、ビーンビーンと元気よく反り返っていた。
そんな肉棒を握り締め、Mの膣口に宛てがう。
開いた股が晒すビラビラとした濃いピンク色の花びらは、とても刺激的に映った。
花びらの中央を肉棒でこじ開け、ズブズブと奥へ突き進んでいき、ついには根元まで飲み込まれてしまった。
締めつけられる肉棒に感じる果てしない快感。
それをもっと感じたくて、俺は本能のまま腰を振り続けた。
Mのことを気にかけながらも性欲には勝てず、結局そのまま精液が枯渇するまで行為は続いた。

それから8年。
俺たちは共に25歳となった。
高校卒業後、俺は専門学校、Mは短大に進学し、卒業後の21歳の時に結婚。
昨年末、第二子の次女が誕生。
一姫二太郎は叶わなかったが、男の子を授かるため、現在でも週5のペースで妻を抱いている。