マッチョなトラック運転手と日が暮れるまで車内姦

この体験談は約 4 分で読めます。

彼氏と別れて半年。
オナニーばっかりしてるのに飽きたので、出会い系で男を捜すことにした。

『すぐヤれて、後腐れなくて、しっかり避妊してくれるガテン系のマッチョな男の人いませんか?』

書き込みしたら、マッチョな人からもそうでない人からも、たくさんメールが来た。
20代後半から30代前半に絞り込んで、すぐに会えそうな男に返信する。
『顔と、勃起したちんぽの写メを送って欲しい』と書いたら、半分くらいの男がちゃんと写メを送ってくれた。
一番逞しい感じで、ちんぽが大きそうな男を選んで、これから会いましょうとメールすると、国道沿いのファミレスで拾ってくれることになった。

待ち合わせたファミレスに向かうと、途中でトラックにクラクションを鳴らされた。
振り返ると、写メ通りの精悍な男が運転席でにやけている。

「ともみちゃん?俺、トオル!とりあえず隣に乗って」

トラックの運転手さんだけに、ムキムキの筋肉と男っぽさがたまらない。
日に焼けた浅黒い顔も、汗臭い感じもすごくよかった。
誘われるままにトラックの助手席に乗り込んで、ラブホテルに向かってくれるのを待った。

「ともみちゃんはオナニーとかする?」

運転しながらトオルがいきなり聞いてきた。

「うん。今、彼氏いないから、結構オナニーしてるかも」

どうせ今日限りの関係なので、私は赤裸々に告白した。

「なら、そこでオナニーしてみせてよ」

ラブホテルに着くまで暇だし、オナニーしておまんこをほぐしておけば、すぐにちんぽを入れてもらえるかと思って、私はオナニーすることにした。
スカートを捲り上げて、パンティに手を入れて、自分の指でおまんこを弄る。
恥ずかしさと興奮で、おまんこがみるみる濡れてきて、愛液が指に絡み付いてきた。

「パンティ脱いで、足開いてくれないと、よく見えないよ」

「えっ、でも、外から見えちゃうし・・・」

トオルは私の膝に大きな手をぽんと置くと、「大丈夫だって。トラックは車高が高いから。ね!」とあっさり言った。
渋々パンティを脱いで、少し足を開くと、ちょうど信号待ちで停車した。

「そんなおしとやかな開き方じゃなく、こうやってM字開脚してみせて」

ぐいっと足を持ち上げられて、座席の上でM字開脚させられた。
おまんこがぱっくり開いて、丸見えになってしまう。

「やだっ!こんな・・・恥ずかしいよ!」

「オナニーしてれば見えないから、早くオナニーしなよ」

ニヤニヤと笑っているトオルの目が欲望でギラついていて、私は逆らえずにオナニーを再開した。
右手の人差し指でクリトリスを弄りながら、左手の中指を膣口からゆっくりと中に入れる。
興奮しているせいか、おまんこが愛液でヌルヌルになっていて、すんなり指が入ってしまった。

「ほら、もっと指を増やして。よーくおまんこほぐさないと、俺のちんぽ入れたとき、痛いよ?」

確かに、写メで見たトオルのちんぽはかなり大きかった。
一度おまんこから指を抜いて、二本揃えてしゃぶって濡らして、おまんこの中に挿入した。

「エロいね!ともみちゃんの愛液はどんな味?」

トオルにからかわれながらオナニーするのはすごく恥ずかしくて、イキそうなのになかなかイケない。
もうちょっとでイクっていうときに車が停まったので周りを見ると、定休日のホームセンターの駐車場だった。
てっきりラブホテルに行くもんだと思っていた私は、びっくりしてトオルを見る。

ズボンを膝まで下ろして、勃起ちんぽを剥き出しにしたトオルが私の腕を掴んで引き寄せた。
ハンドルに体を預けるようにもたれて、トオルの足を跨いで膝をつき、お尻を左右に思いっきり開かれるようにして後ろからクンニされた。
ぴちゃぴちゃと音が響いて、恥ずかしくてたまらなくなる。

「こんなところで・・・誰かに見られたら・・・」

「誰も来ないし。もし来たって見せてやったらいいさ、ともみちゃんのグチョグチョおまんこ!」

クンニされて太ももまで愛液とよだれが滴っているおまんこに、トオルの太くて長い指を入れられて、私は体を仰け反らせた。

「ああんっ!はぁっ・・・ああっ」

「ともみちゃんのおまんこ、まだちょっとキツいけど、もう俺も限界だから、ちんぽ入れちゃっていい?」

「コンドーム・・・つけてくれるなら・・・」

トオルはさくっとちんぽにコンドームを装着して、私の腰を落とさせた。

「自分でおまんこにちんぽ咥え込んでみて」

膣口をみちみちと押し拡げるように、トオルのちんぽが入ってくる。
するっとトオルの両手が私の服を脱がせた。
ブラジャーもはずされて、上半身裸にされてしまう。

「いやあっ!ダメっ!」

剥き出しになったおっぱいを両手で隠していたら、スカートまで脱がされて、完全に裸になってた。

「もっとおまんこの奥まで、しっかり咥え込んでよ!」

トオルの大きな手が私の腰を掴んで、ずんっと奥までちんぽを突き刺した。
後ろから強引におっぱいを揉まれて、おまんこの中のいいところを太いちんぽで擦られていると、体がふわふわしてきて気持ちよさに包まれる。

「あはっ・・・イイっ・・・奥までっ・・・ちんぽ気持ちいいっ!」

逞しいトオルは当然、一回の射精なんかでは終わらなくて、私達はとっぷり日が暮れるまでカーセックスを愉しんだ。
あんまり気持ちいいセックスだったから、今でも時々オナニーのおかずにしてるくらい。