筆おろしは優しいデリヘル嬢

この体験談は約 2 分で読めます。

20歳の時デリヘルで28のお姉さんに筆おろししてもらった。

ホテルで会った瞬間に「若いね~」と何度も言われた。
プレイの最中に「初めてはいつなの?」と聞かれて、「ど、童貞です」と答えると「えっ?」って3回聞き返された。

「ふ~ん、でも初めての相手は真剣に選びたいよねえ?」と言われたので、
「◯、◯◯さんがいいです」
「うれし~!じゃあゴムつけようか。お店には内緒だよ」と言ってことに及んだ。

いざ入れようとすると、急にナニが縮み始めてなかなか入らなかった。
それでも無理矢理しごいてナントカ入れた瞬間にイッてしまった。

「ご、ごめんなさい」
「謝らなくていいんだよ。気持ちよかったんだね」と慰めてくれた。

やさしいお姉さんだった。

筆下ろし後、3週間ほどしてまた同じお姉さんを呼んだ。
ドアを開けた瞬間ちょっと驚いて「また呼んでくれたんだね」と笑顔で言ったので「は、はい」と答えると「お姉さんのことが忘れられなかったの?」と言って俺の頭を抱えてお姉さんの胸でギュッとしてくれた。

プレイに入り、「今日もまた気持ちいいことしようか?」と言ってくれたのだが、興奮に慣れてしまったのかナニは縮こまったまま。

焦っているとお姉さんが「大丈夫」と言って、ゆっくりフェラしてくれた。

徐々に回復してくると、「あっ、大きくなってきた」と言ってさらにしてくれる。
しかしまだ完全勃起でないにも関わらず、射精感が急にこみ上げ暴発。

「ご、ごめんなさい」
「いいよ、気持ちいいってことだから嬉しいよ」

やさしいお姉さんだった。
この後、再挑戦し、騎乗位で挿入、30秒で暴発。