清掃ボランティアのおばさんを口便器にした・後編

この体験談は約 8 分で読めます。

今まで特に書かなかったが、個室トイレでシコシコすると終わると汗だくになるので大変だ。
その日、おばさんは日除け用の帽子を被っていつものように掃除をしていた。
そして二人でトイレに行く。
やることはいつもと同じだ。
すでに勃起しているちんこをおばさんの前に差し出す。
うふっと笑うおばさん。

たっぷり楽しむために、あえて左手でしてみる。
おばさんは座らずに中腰でちんこに顔を近づけてくる。
恥ずかしい。
俺だけが恥ずかしいのは不公平なので、おばさんにはそろそろ積極的になって欲しい。
おばさんも女だから自分から言うのは嫌だろうが、ちんこが触りたいなら自分から触るように仕向けるつもりだ。

俺は今回もゆっくり腰をグラインドさせた。
おばさんが、はあっと息を大きく吐いた。
しばらくシコシコを続けると、おばさんが半開きの口をちんこに近づけてくる。
俺が腰を動かしているから、たまたまちんこが口に入ってしまったことにして女としてのプライドを守りたいんだろう。

おばさんの口がちんこに当たった。
俺は「あっ、すみません」と謝って、50センチほど下がって動作を続けた。
俺が下がるとおばさんも追うようにちんこに口元を寄せてきた。
おばさんの鼻下を亀頭でズンと突いてしまった。
また謝って、今度は後ろの壁まで下がって腰を振るのをやめた。
もうこれ以上下がれないわけで、今度おばさんの口がちんこに当たったら、たまたま当たったことにはならない。
腰も動かしてないから、おばさんの意思でちんこを口に当てていることになる。
おばさんは恥ずかしいだろうし、俺も意地悪しているような気もするが、どうしてもこうしたい。
おばさんは少し焦れったそうで、やはり半開きの口をちんこギリギリまで寄せてくる。

(あとちょっと!)

おばさんは少し俯き気味にちんこを見つめる。
ちょっと後頭部が邪魔でよく見えないが。(やばい、咥えそう)と思った。
ちんぽと左手におばさんの髪の毛と鼻息がかかる。
くすぐったい。
汗だくだし、二人とも息が荒い。

しごいている亀頭にざらっとした感覚がした。
たぶんおばさんの唇が当たった。
しごくわずかな振動で亀頭がちょんちょんちょんとおばさんの口元に当たっている。

“そんなにも若い男のちんこが好きなら、YOUもう言っちゃいなよ”という感じだ。

どこまでもちんこを追いかけて来るおばさんに追い込まれてる自分に興奮した。
後ろに逃げ場がない状況。
今にもおばさんにちんこを食べられちゃいそうな感じだ。

限界が来た。
あまり焦らしてるとおばさんが可哀想なので、サービスに5ミリほど腰を前に出した。
すると突然、「あはっ!」とおばさんが喘ぎ声をあげたのでビビった。
亀頭がおばさんの唇にちょっと挟まっている状態で、しごくと、ムチュ、クチュ、チュ、ビチュ・・・と音がした。
カウパー汁がべったりおばさんの口についてしまったはずだ。
すぐにまた腰を引いた。

「イク・・・」

そう言ってもおばさんは退かない。
このまま出してもいいのかなと思ったが、せっかく厚化粧しているのでやめておこう。

「イキます・・・」

そう言い直すと、おばさんが手のひらを俺の亀頭に被せた。
おばさんが新しいことをしてくれた。
びちゃっと精液を手の中に出した。
おばさんの手のひらの刺激のせいで、なんだか中出ししているみたいだった。
右手で受けて左手で亀頭の精液を拭ってくれた。
おばさんの笑顔が最高だった。
冗談抜きでキラキラと眩しかった。

その日は、トイレに入ってもしばらくちんこを出さなかった。
おばさんが、『ん?』みたいな顔するので、「まだ立ってないんで恥ずかしいです」って言ったら、チノパンの上から擦ってくれた。
ズボンの上から亀頭を探し出して指先でクリクリしてくる。
すぐに勃起してしまった。

「手でしてあげようか?」

聞こえるか聞こえないかの小声だったが、とうとうおばさんが言ってくれた。
俺は頷いた。
しごきやすいように腰を突き出した。
おばさんは乱暴に右手でしごき始めた。
俺は感じようとしたが、どうも気持ちよくなくて、みるみるちんこは萎んでしまった。
仕方ないので自分でしごいて大きさを復活させるが、おばさんが乱暴にしごけばしごくほど小さくなってしまった。

「おばさん、下手でごめんね」

みたいなことを申し訳なさそうに言った。

「久しぶりだからうまくできるかどうかわかんないけど・・・、ナメナメしたげようか?」

いたずらっぽい表情で言ってきた。

「久しぶりってどのくらいですか?」

興奮して聞いた。

「さあ、ずっと前」
「だいたいでいいから」

「さあ・・・」
「10年ぐらい?20年ぐらい?」

「20年なわけないでしょう」

おばあんが少し怒ったように言った。
怒った理由はわからない。

いつものように公園に行き、おばさんに挨拶する。
この頃は午前中のできるだけ涼しいときに待ち合わせている。

「もう行く?」と聞いてくる。

変な会話だなと思いながら、「お願いします」と言って先にトイレに入った。
俺に続いておばさんも個室に入ると、「はい、じゃあ出して」と言う。
半立ちのちんこを出す。
この頃は、ただちんこを出すだけで、あとはおばさんにお任せしている。

おばさんは指でちんこを摘んで皮を思いっきり剥く。
カリのところを眺めるのがお好きなようだ。
ちんこが大きくなると今度は亀頭にチュチュッとキスを何回もする。
これが結構気持ちいい。
亀頭を含んで唾液でグチュグチュとうがいをするみたいに刺激してきたり、カリを舌先でチロチロ舐めたりする。
俺が「うっ」とか「あっ」とか喘ぐのが面白いらしい。
おばさんの口から出たり入ったりする亀頭。
おばさんのニタニタした笑顔と勃起したちんこの取り合わせがすごく卑猥に見える。
俺が自分でしごき始めると、おばさんはそれを制して、またちんこを口に含んでペチャペチャ舐め始めた。

「イキたいです・・・」

「うん、わかった」

おばさんは人差し指と親指でリングを作ってちんこをしごきながら口に含んだ。

「おばさんをやらしい女だと思ったら駄目だからね」

息を切らしながらそう言った。

「はい?」

おばさんはそう言うと、少しだけ頭を揺すってフェラをしてくれた。
俺はそれまでの刺激のせいもあって、おばさんの口の中に射精した。
おばさんの顔が少し赤くなる。
動作が止まる。
ごくっと飲み下す音が聞こえた。
その後、おばさんはもう一度亀頭を舐めてくれた。
尿道の精液も吸い上げるようにチュッと吸い上げて、ふううと息を大きく吐いた。
俺も暑さとだるさで、ふううと息を吐いた。

「気持ちよかったでしょ?」

「はい」

「また来たらいいわ」

この日は公園でしばらく話して2回目を誘われた。
2回も無理と言うと、「また飲んであげるから」と言われた。
2回目はさんざん焦らされて倒れそうになった。
でも本当に飲んでくれた。

個室の中は暑いが、おばさんにちんこ舐められたりしゃぶられたりは気持ちいい。
気持ちよさを長く楽しみたいので、一度家でオナニーをしてから行く。
人気ゼロの午前中の公園。
おばさんは掃除用具をしまっているところだった。
喋りながらトイレに行った。

おばさんは、「遠慮せずに来たらいいし、もっとして欲しいこと恥ずかしがらずに言ったらええよ」みたいなことを言った。

俺は「わかりました」と答えた。

トイレに入ってチンポを出す。
おばさんが紫っぽい舌を亀頭に這わせてきた。
唇と舌でちんこの先を味わっている。
ひょっとこのように口をすぼめてしゃぶりつく。
ときどき照れたように、「ふふふ」と俺の顔を見て笑う。
ちんこを口から出して手でびょんびょんと揺らして硬さを確認したりする。
俺が「恥ずかしいからやめて」と言うと、余計やる。

おばさんは俺の後ろにまわり、腰を抱きかかえるように後ろから首を回してちんこをしゃぶり始めた。
頭の向きが逆になるだけで、刺激が新鮮で気持ちいい。

「イキそうです」と言うと黙って頭を速く動かした。

俺はおばさんから引き抜いて、「舌を出してください」と言った。
舌射をしてみたかったからだ。
手でしごきながらおばさんの舌を狙ったが、結局、口の中に勢いよく射精してしまってた。
射精し終わったちんこをおばさんはネバネバした口でちゅばちゅばとしゃぶってくれた。

ファスナーを上げようとしてもおばさんがちんこから離れない。
俺が消極的になるほど、おばさんは積極的になる。
結局根負けして、2回目もずっぽりとおばさんの口の中に搾り取られた。
気絶しそうになりながら汗だくで家に帰った。
おばさんは元気そうだった。

だいぶ暑さも落ち着き、人もまばらな時を選んでたまに公園をチェック。
たまたまおばさんがいたので声をかける。

「今日はおちんちんしてあげようか?」

おばさんも長い間ちんこと離れていて寂しかったと言った。
俺もその気だったのでトイレに。
個室の鍵を閉めてちんこを出す。
久しぶりなので興奮して猛っている。
おばさんの目の前でしごく。
おばさんが尖らせた舌で亀頭を刺激してくる。
気持ちが良かったので続けてもらう。
舌先で先、カリ、裏筋などを刺激してもらう。
先から滲み出るカウパーが糸になっておばさんの舌と繋がる。
自分でしごきながらおばさんの舌になすりつける。
大きく口を開けてちんこをぱくっと咥えた。
瞬間、舌を高速で動かして刺激を与えてくる。
初めての技に悶えてしまう俺。
2分ぐらいやられた。
きっとおばさんの口の中は俺の先走り汁で一杯だろう。

どんなに恥ずかしいことをしても、ちんぽに餓えて受け入れてくれるおばさん。
おばさんの頭を両手で掴んでもう一度口にちんぽをゆっくりと挿入した。
おばさんは舌と唇をぎゅっと結んで俺のちんこのために理想的な口性器を作ってくれた。
腰は動かさずにおばさんの頭の方を動かした。
喉まで入るほど深くちんこを入れた。
息苦しそうだったので入り口で楽しんだ。
ぎゅっと締まったおばさんの舌のザラザラした感触が亀頭に強く伝わり快感が強烈だった。
少し壁にもたれて自分の体勢を客観視する。
おばさんの頭が自分の股間にあるのがやらしくて興奮した。
おばさんは亀頭を強く吸った。
しゃぶりまくってた。
生かさず殺さず、また亀頭がふやけるほどしゃぶられる。

「おばさんがしゃぶり始めてから亀さんが大きくなったでしょ?」

俺は汗だくで返事できない。
おばさんは息も乱れていない。
おばさんの紫っぽい唇から出入りする俺の亀頭。
ヌメヌメして卑猥だった。
イキたくて仕方ない亀頭を焦らすように、舌をべったり亀頭に当ててべちゃべちゃ音を立てる。
頭を揺らして激しくフェラもする。
ガポガポと凄い音がしてひやひやする。

「口に出します・・・」

おばさんは顔色ひとつ変えずに頭を振る。
おばさんは俺の精液便所だ。
いくら口内射精しても自分から求めてくれる。
精液便所という言葉とおばさんがちんこをしゃぶる顔を重ねた瞬間、射精した。

ドクドクと射精するとき、おばさんは口をきつく閉めて射精の感触を楽しむ。
イキ終わったあとの敏感な亀頭にさらに舌を這わせて俺のリアクションを楽しむ。
その後もしつこく舐めていた。

俺が「帰ります」と言うと、「またね」と言った。
イッた後はいつもここに来たことを後悔する。

今日も天気が悪かったが、俺はおばはんに抜いてもらうために公園に向かった。
公園に向かう途中、色々妄想していると俺のちんこはすでにギンギンになっていた。
公園に着くとすぐおばさんを見つけた。
おばさんは俺の股間を凝視している。

「あらっ、今日はいきなりビンビンね。2、3回抜いたほうがいいんじゃない」

おばさんが耳元で囁いた。
そしていきなり俺の股間を触り始めた。

冬はさすがにおばさんも俺も外出はつらい。
一度公園で落ち葉を焼いているところを見たが、その時は会わず。
結局、12月のはじめぐらいに一度公園で会った。
そのときも落ち葉や木の枝を焼いていた。
俺は禁オナにはまっているので10日ぐらい射精せずに行った。
おばさんと焼却場で喋る。

10日射精してないことを言うと、「寒いからここでしゃぶろうか?」と言ってくる。

「人がいないからって、いくらなんでもここではちょっと・・・」

そう言うと、俺のジーンズに手を入れてチンコを弄ってくれた。
これなら人が見ても、並んで暖をとっているように見える。
かなり手の動きはもどかしくてイケないけど気持ちいい。
でも、乾燥したおばさんの手でちょっとチンコが痛い。
10日も我慢してるのでイケるかとも思ったけど無理。

結局ジーパンからチンコを出して、コートで隠して手コキ開始。

「久しぶりに見たわ」とおばさん。

手コキしながら2回ぐらい亀頭を舐めてくれた。
しばらくするとおばさんが手が疲れたみたいなので、おばさんの手ごとちんこを握って、ドラム缶製の焼却場に射精した。
精液が焼けて変色した。