清掃ボランティアのおばさんを口便器にした・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

近所の公園に常駐してるスゲーでしゃばりで有名なおばさんがいて、公園に犬連れて来るなとか、子供に遊んだら片付けろとか、水を使うなとか、地面に棒で絵を描くな、みたいなことを言うわけよ。
で、スゲー町内でも嫌われてるわけ。

あるとき、その公園が暴走族かなんかに荒らされて、トイレとかぶっ壊されてたのね。
でも俺はどうしてもその公園の近くでしょんべんを催してしまって、我慢できずに公園のトイレに入ったのよ。
そうしたらおばさんがいて、キレながら、ここは私がボランティアで片付けてるとか、綺麗に使えとか言ってくるわけ。
そんで今は壊れてるから使えないって言うのよ。

「いや、使えるでしょ?」
「使えないのよ」

「いやいや、町内会費も税金も払ってるんだから使ってもいいでしょ?」
「便器が壊れてるもの。見てみてよ、壊れてるから」

おばさんと男子便所へ。
確かに手前側の縁がバットか何かで破壊されてなくなっている。
しかし3つあるうちの中央のは比較的軽傷だ。

「これなら使えるでしょ?」

「あなたがオシッコこぼしたら私がボランティアで掃除するのよ」

「じゃあ絶対こぼさないようにやりますから見ててください。それならいいでしょ?」

きちんと相手の了解を事前にとる。

「こぼれるでしょう?」

「いいえ、大丈夫です!」

そう言いながら半立ちのイチモツを取り出してオシッコ開始。
よくおばさんに見えるように、「ほらできた」とか話しかけながら小出しにする。
おばさんの饒舌は止まって、俺のチンポを凝視している。

「・・・本当にねぇ」
「え?」

「トイレ壊すなんてねぇ・・・」
「ひどいヤツいますね~」

おばさんはそう言いながら小便器に近づいて俺の隣に来て、世間話でもするように言った。
もう完全に勃起していた。
目線は便器のほう。
チンポは指で摘んでいるだけだが興奮して困った。
おばさんは、私はこぼれないように見張ってるだけなのよ、という感じで自然にチンポを見ていた。
勃起したチンポ。
我慢に我慢を重ねたオシッコ。
細まってとぎれとぎれに、かなり長時間見られた。

勃起しすぎで巨大に膨れ上がった亀頭。
おばさんには目の毒だろう。
シコるわけにはいかないので、たっぷりと小便を切る時間を作っておばさんに見せつけた。
でもシコったらたぶん内心喜んで見てくれると思うけど。
俺が帰るとき、なんか引き止めそうになってたしw
おばさんは口には出さなかったが完全に興奮していた。
態度も最初と違って優しくなってたし。

またおばさんと公園で会ったので、トイレが直っているかどうか聞くと、まだ直してないという。
ここで話をそれとなく誘導。

「みんな、綺麗に使ってますか?」

「駄目ねえ、ちゃんと管理してないと」

「トイレ使ってもいいですか?」

おばさんの顔色が変わる。
この前のことを思い出しているんだろう。

「こぼさないようにね」
「見なくていいんですか?」

「見るっていうか・・・ゴニョゴニョ」
「ねえ、ここだけの話・・・」

俺も緊張して喉はカラカラ。

「本当は見たいんでしょ?この間もじっくり見てたし」

「・・・」

「大丈夫です。誰にも言わないし二人だけの秘密です」

おばさんは草刈用のカマを弄びながら(怖い)、「子供たちの下校時間が来るまでなら・・・」ということでトイレの個室に。

個室に入るときおばさんは、シーッと静かにのジェスチャーをした。
その顔は悪巧みをするノリ、俺も面白がってチャックを下ろした。
チンポをビョンと出すと、おばさんはブッと笑いそうになるのを口に手を当てて我慢していた。
シーッと、お互い静かにしようと注意しあう。
しかし、大便器にオシッコを開始すると我慢できなかったのかブフフっと声を出して笑った。
このとき、おばさんはちょっとだけチンコに触った。

続いてシコシコ開始。
おばさんの顔がマジになってきた。
前屈みになってチンポを至近距離で凝視する。
俺は30秒ほどで個室の壁に射精した。
凄い量だった。

「うわうわ・・・こんなにしちゃって」

おばさんが壁をティッシュで掃除した。
そして林に続く公園の奥側に二人で移動した。

「久しぶりに見たわ。最近の子は・・・あれね」
「あれって?」

「おっきいのねぇ・・・あはは、やだ」
「いやーそうですか?」

「こんなおばさんに見られてもいいの?」
「はい、また見てください」

そう言って、その日は帰った。

また公園に行った。
ただ、犬の散歩をしている人がいたので、おばさんと立ち話をして時間を潰した。
あたりに誰も居なくなったら、おばさんが俺の手を引いてトイレに。
もう恥ずかしいという感覚はないみたいだ。
勃起ちんこを出すと出すとまじまじと見つめられた。
みるみる我慢汁が先から溢れてきた。

「きれいでおっきいね、にいちゃんの」

小声でそう言った。

「また、イクとこ、見ててもらえますか?」

「うんうん」

シコシコ開始。
あまりぐずぐずしていると人が来るかもしれない。
いつもよりギンギンに膨れ上がったちんこ。
剥き出しの亀頭。
恥ずかしい。

「もっとよく見せて」

おばさんが顔をちんぽの目の前10センチのところに持ってくる。

「遠いと見えないのよ」

(老眼か?)

ちょっと上から見たり下から覗き込んだりして、色んな角度から凝視される。
また正面の角度に回って半開きの口元を亀頭に近づけてきた。
おばさんの頬が上気していて息が荒い。

(あ、咥えそう)と思ったとき、興奮が絶頂に達した。

「ああっ・・・」

俺がイキそうな声を出すと、おばさんはカラカラとトイレットペーパーを巻いて用意してくれた。
我慢汁を拭いてくれた。
ちょっと手でしてもらおうか迷ったが、やめておいた。
おばさんが、「ちょっと触ってもいい?」と言ったが我慢できずに放出。
おばさんが受けてくれたティッシュと手を汚した。

「早い早い!」

そう言いながら笑顔でチンコをギュッと強く握った。

「すいませーん・・・はは」

自分で精液を掃除。
ちんぽを仕舞うのが寂しい。
また見せる約束をした。
触ってもらうかどうかは迷いどころ。

またおばさんに見てもらうため公園トイレへ。
もうこのあたりは阿吽の呼吸であり、無言で行くのだ。
ジーパンからビンビンのちんこを出して見てもらう。
恥ずかしいが、手が自然にちんこをしごいてしまう。
パンパンに張った亀頭から我慢汁が。
はぁはぁ言うおばさんの興奮した呼吸に俺も興奮する。

「こんなおばさんに見られてもいいの?やって欲しい?やってあげようか?」

「いや、そこまでは悪いんで」

「いいのに。人にしてもらったほうがいいでしょう?」

おばさん、触りたいんだろうなと確信した。
しかし、自分ではっきり言わせたい。

「あっ、出る!」

おばさんは手でお椀を作って待ってる。

「あっ、紙とってください」

「いいからここに出しなさい」

しごきながらチンコをおばさんの手に宛てがう。
ビュビュッと音を立てておばさんの手にたっぷりかけた。
イッた余韻をおばさんの手になすりつけた。

いつものように公園のトイレに行く。
おばさんはトイレに入る前に手を洗面所で洗った。
『今日こそ触りますよ』ってことだろうか。
ちんぽをおばさんの目の前に突き出す。
おばさんは膝を抱えて座り、亀頭を穴が空くほど見つめる。
俺も見せつけるようにちょうどいい角度にする。
たるんでいる皮もグッと引っ張って、カリの裏まで見せつける。

そしてシコシコスタート。
なんだかいつもより健康的に膨張した亀頭をおばさんの口元に近づける。
おばさんの熱い鼻息がちんぽに当たる。

「手伝ってあげてもいいよ」

おばさんが妖しげな笑みを浮かべながら言った。

「あっ・・・だいじょうぶ・・・です」

「おばさん、気にしないから・・・」

俺はただしごき続けた。
しごきながらリズムをつけて腰を動かした。
おばさんはそれを見て、「はぁっ」と切なそうに息を吐いた。
口を少し開いて、ちょっとずつ顔をちんこに近づけてくる。
このままのリズムで腰を動かしたらおばさんの唇に挿入してしまう。
一回だけ、ちょんと軽くおばさんの唇をちんこで小突いた。

「あっ、すみません」

3センチほどストロークを引いて、また腰を振る。
おばさんはまた少し前に出てくる。
俺はそれに気づかないふりをしながら、またおばさんの唇をちんこで突く。
また腰を引く。
それを繰り返した。
おばさんは面白いようにちんこを追いながら迫ってくる。
おばさんの欲望をちんこの先に感じる。
イキそうになる。

「あっ、紙くださいっ」

「あっ・・・紙・・・?」

おばさんはトイレットペーパーに手を伸ばしかけて、やめて・・・。

「おばさんの手に出しなさい。おばさん、大丈夫だから」

おばさんは訳がわからないことを言いながら手でお椀を作った。
俺はAV男優みたいにおばさんの手の中にフィニッシュ。
大量に出た。
おばさんの手のお椀に精液がWとMみたいな文字を作っていた。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました