アナル好きなポチャり熟女にご奉仕させまくり

この体験談は約 3 分で読めます。

42歳ちょいポチャ他人妻とのプレイ。

部屋に入るなり、すぐキスを求めて来るが、俺はシャツだけ脱ぎ、腋の下を舐めさせる。

「いい匂い・・・」

とか言いながら両脇とも舐め続け、時には脇毛を咥えて引っ張ったりする。
その間に俺はファスナーを下ろしチンポだけ出して、彼女の口元に持っていき即尺。
しゃくらせながらEカップを揉むと、すぐ喘ぎ出す。
チンポと袋の間の匂いのきつい所もペロペロ舐める。
俺は袋まで出して、玉舐めをさせながらズボンとパンツを脱ぐ。
そして足を上げると、何も言わなくてもケツの穴を舐め始める。
今朝クソをした後、軽くしか拭いてないので「苦い」と言うが、構わず頭を掴んで押し付けると、M心を刺激されるのか、舌を肛門にねじ込むように舐めてくる。

服を脱ぐ様に命じると、嬉々として全裸になる。
腋毛は未処理、下はパイパンに命じてある。
パイパンの割れ目を弄ると、すでにぐっしょり濡れている。

「なんでこんなに濡れてんだよ?」

「舐めてたら興奮しちゃって」

ベッドに移り、チンポで割れ目の周りをなぞると、「あああ、早くぅ」とおねだり。
正常位で挿入すると、大声を上げてよがりだす。
ピストン運動中も俺の乳首に吸い付く。
ここで初めてキス。
待ってましたとばかり、舌を差し出して来る。
自分のクソの味がして少し萎えたので、「オマエにはコレで十分だ」と唾を垂らすと、喜んで飲み込む。

数分のピストンでとりあえず一回イカせる。
イッた後は緩くなるので、一旦抜いて顔面騎乗でアナルを舐めさせながら手コキ。
高まってから再挿入して高速ピストン。
ここで調子がいいと、さらに1~2回イク。

フィニッシュは、仁王立ちの俺の前に座らせて手コキ→舌の上に発射。
残らず飲まさせ、たっぷりお掃除フェラ。
これが一発目。

一発出した後はソファで一服。
女は前に跪き、靴下を脱がせ、蒸れた足の指を一本一本舐めて清めさせる。
(この為に俺は、一発目は全裸に靴下という情けない格好だ)
煙草を吸い終わると、四つん這いにさせ、前にローター、後ろはアナルパールで攻める。
それでもまだ半立ちにしかならないので、今度は俺が四つん這いになり肛門を舐めさせる。
もちろんローターとパールは入れたままだ。

俺は肛門を指でVの字に開き、奥まで下を入れさせる。
女は自分でクリを弄り、喘ぎながら俺の肛門に吸い付く。
それでようやく回復して、パールを抜いてアナルに生でチンコをねじ込む。
何も塗らないアナルに前と同じように強欲ピストン。
女は痛いのか気持ちいいのか分からないが、叫び声を上げる。
しばらくピストンを楽しんだ後、唾を垂らして滑りを良くする。
すると女は今度は本当にヨがりだし、「後ろでイッちゃう」と叫びだす。
直腸の壁越しにローターの振動が心地よく、俺もすぐに高まる。

「アナルでイケ、変態女!」

「あああアナルでイクぅ~」

俺も同時に直腸生射精。
抜いた後も女はクリを弄ってるが、肛門から垂れる精液を拭い、女に舐めさせる。
当然、薄っすらクソの付いたチンポもしゃぶらせる。

バスルームに行き、放尿して尿道を洗う。
放尿の先は女の口だ。
飲尿させ、一滴残らず飲ませる。
ここまでが2発目のセット。
その後、全身をカラダで洗わせながら、気が向いたら立ちバックで挿入などする。

風呂を出た後、俺はビールを飲んだりAVを観たりだが、その間もずっとカラダのどこか舐めさせてる。
今度は俺のアナルを責めたいと言い出したので、ちんぐり返しで、延々アナルを舐めさせる。
だいぶ緩くなったところで指を挿入してくる。
挿入したアナルの周りをペロペロ舐められると、俺は声を出してよがってしまう。
女は俺が声を出すと嬉しいらしく、抜いた指をまた舐めて挿入を繰り返す。
また抜いて緩くなった肛門を舐めさせたりもする。

そんな事を30分も繰り返すとチンポは回復して、バックから挿入。
尻をスパンキングしながらピストン。
今度はローターをアナルに挿入する。
三発目だというのに、すぐイキそうになってしまった為、正常位に移る。
自分でクリを弄らせ、女を軽くイカせる。

最後は両手を挙げさせ、「この腋毛ボウボウのど変態!恥ずかしくないのか!」などと言葉責めをしながら、「あーん◯◯の赤ちゃん欲しい!夫の子として育てます」と叫ばさせながら、生中出汁。

射精しながらも女が俺のアナルを弄くるので、いつまで経っても快感が収まらない。
チンポを抜いたら膣から零れる精液を眺めながらお掃除フェラ。

その後は、とっとと服を着て解散。
所要時間は3時間くらいか?
おばさんでも、ちょいポチャでも、ここまで出来るとなかなか離れられない。
コレの他に20代のセフレもいるんだが、それはまた別の機会にでも・・・。