フェラ上手なエロ妻に焦らしプレイをされながら

この体験談は約 3 分で読めます。

セフレが欲しかったので出会い系サイトを使ってみました。
自分はフェラをされるのが好きだったので、掲示板には『フェラの上手い方いませんか?』と書き込みました。
最初に登録したサイトはサクラばかりでどうしようもなかったのですぐに退会し、他のサイトに登録して同じように書き込んでみました。

登録して2日ほど経った頃、自称32歳の主婦という方から、『顔写真とあそこの写メ送ってもらえますか?』というメールが来ました。
早速、自分の顔とちんこを写メに撮って送ったところ、『私で良ければ会いませんか?』と向こうも写メを撮って送ってくれました。
エロそうな顔の人妻さんでした。

(この人とエッチできるんだ)と思うと、その場でちんこが立っちゃいました。

早速その次の週末に会う約束をしました。
もう次の日は仕事が手に付きませんでした。
その人にフェラされるのを妄想をして、仕事の合間に何度もトイレでオナニーしようかと思ったぐらいです。

で、待ち合わせ当日。
約束の場所に彼女はミニスカートに網タイツ、ハイヒールというセクシーな恰好で現れました。
僕はその場で勃起してしまいそうになりましたが、歩けなくなるのでグッと我慢しました。
人妻さんは僕が勃起を我慢しているのを知ってるのか、しきりとクスクス笑いながら今にも見えそうな胸を震わせてました。
もう僕はたまらず、「今すぐホテルに行きませんか?」と言うと、向こうもその気だったみたいです。
2人で近くのホテルに入りました。

部屋に入るなり、靴を脱ぐ前に彼女は僕の前にしゃがみ込んで、僕のズボンのチャックを下ろし始めました。
そして僕のズボンを下ろすと、パンツの上から僕のちんこを舐め舐めしたのです。
いきなりそんな事されるなんて思ってもいなかったので、パンツの上からでも分かるぐらいに勃起してしまいました。
まだ、ちんこを出してもいないのにこんなにすぐに勃起するなんて恥ずかしいと思っていたら、彼女が僕のビンビンのちんこを取り出して先を舐めました。

そのまましばらく舌先でペロペロ。
亀頭を口に咥え込んで口の中でさらにペロペロ。

彼女の舌はねちっこく僕の亀頭を舐め回しました。
それだけでもすごく気持ちよかったです。
そのままちんこの根本をペロペロされ、全体にゆっくりおしゃぶりし始めた頃、不覚にもイキそうになってしまいました。

「もう出ちゃうよ」と言うと、彼女は寸前で止めました。
ガマン汁がドクドクと垂れ、彼女はそれを美味しそうにすすりました。

「まだ出しちゃダメ」

どうやら僕はフェラ上手の人妻さんに焦らし攻撃をされているようでした。

僕はベッドに導かれて、人妻さんに押し倒されちゃいました。
そのまま人妻さんが僕の上に乗っかって僕の服を脱がし始めました。
もうほとんど逆レイプ状態。
僕はずっと勃起してました。

彼女は慣れた手つきで僕を裸にすると、僕の乳首をペロペロ舐め始めました。
そして舐めながら片手でゆっくりとちんぽを握ってきました。

「まだイッちゃダメだからね」

そう言いながら彼女は僕にディープキスをしてきました。
とにかくすべてがエロい動作で、もう僕のちんぽははち切れそうでガマン汁が止まりませんでした。

やがて彼女が再びフェラを始めました。
それも今度は、玉舐めをしながら肛門を指で弄ってくるのです。
風俗で働いていたのかと思う程の技でした。

彼女は僕の方をチラチラ見ながらちんぽを咥え込み、チュパチュパと音を立ててしゃぶりまくりました。
そのうち動きが激しくなり、もう僕の限界が近づいてきました。
ものすごく気持ちよくて、「出るよ」と言った途端、すごい勢いで彼女の口の中に射精してしまいました。
ドクンドクンと、大量のザーメンが彼女の口の中に。
彼女はそれを全部飲んでしまいました。