俺の彼女は中出しオンリー

この体験談は約 8 分で読めます。

彼女と付き合い始めて半年。
28歳の彼女です。
今までの付き合った女の中で一番エッチが激しい女です。
激しいと言うよりか、淫乱そのもの。

俺、33歳の普通のサラリーマン。
彼女も普通の会社員。
合コンで知り合った。
元AVの並木優ちゃんぽい感じ。
結構可愛いよ。
スタイルも抜群、とまではいかないが、俺的にはベストボディです。
Dカップでくびれ腰&お尻も丸い。

しかし、付き合って1週間後の彼女との初エッチで驚かされた。
エッチ大好き過ぎ。
おまけにスキン大嫌い。
生挿入&中出しが絶対だった。

「ピル飲んでるから大丈夫」ってことなんだ。

いったい今までどんな男と付き合った?って思ったよ。
開発されまくり。

オマンコは、締まる!動く!ヒダヒダ!ツブツブ!ねじれる!と複雑な動きを見せる名器。
一度入れたら病みつきになる女です。
それでもってM。
やられるのが大好き。
激しくやればやるほどに燃え燃えになる。
俺のチンポを激しく突き入れると文字通り失神状態でイッちゃう。

最初のエッチの時は俺はワクワクした。
だってこんな可愛いのとエッチできるってなれば当然だよね。
最初の時は普通だった。
ノーマルなエッチでした。
ただ、スキンなしだったけど。

「克也君、スキンいらないよ。そのまま来て。ピル飲んでるから大丈夫よ」

「マジで?いいの?妊娠しないよね?」

で、生インサート&中に発射でした。
すんげー嬉しかった。
この子いい子だなぁと思った。

有紀の中は上にも書いけど、超絶オマンコだった。
恥ずかしいけど、1分持たずに発射してしまった。
童貞捨てた時と同じくらいに早かった。
普通なら5分は持続するんだけどね。

「もう出ちゃった?」

「ごめん・・・」

「ううん。いいの。何回もして?感じたいから。克也君の好きにして。たくさんしよう?」

最初の時は有紀をイカせられずに、俺だけ3回も中出ししてしまった。
もう有紀のオマンコから抜きたくなくて、終わってからも30分近く入れっぱ。
有紀の中が動くのをたくさん感じました。

1回エッチした以降、有紀が本性を出してきた。
やられることが一番の快感。
激しく突き上げられるのが大好き。
もっと過激にと要求が増しました。
さすがに俺もこんな女初めてだったから、興奮したし、(もっとやってやる!突きまくってやる!)って思ったよ。

ベッドに強引に押し倒して(半分突き飛ばし)、ミニスカートが捲れて白いTバックが見えた。
そのままショーツを毟るように脱がせて両足大開脚さ。
もう濡れてた。
あっという間にスタンバイ!
我慢できずにマングリ返しで、一気に根本まで突き刺した。
オマンコの動きが激しくて、快感&満足&達成感に浸ったよ。

「ああーーーーー!いいーーーっ!いいーーー!もっとぉ!!奥までぇ~!」

「いいのか?もっとしてやる!!」

ガンガンピストンしながら有紀の膣を攻めた。
根本まで密着するたびにクッチャ!クチャ!とオマンコから音が出る。
屈曲位でオマンコ見たら白くジュースが溜まって糸引いてた。
もう興奮!!

「ああ!あっ!あっ!・・・入れ・・・て!・・・入れて!」

有紀が声出して喘ぐ。
マングリ返しの結合してるとこ見ながらガンガン腰振った。
何度もオマンコに俺の恥骨がぶち当たるくらいに突きまくった!

「グッ!!ッターイ!痛い!・・・もっとぉーーー!いじめてぇ!!」

「いじめていいのかよ!マジ?」

もう有紀を屈曲位で羽交い絞めにしてパン!パン!音立ててピストン。

「アア~!・・・突いて!・・・突いて!・・・当たるぅ!当たるぅ!!」

とにかく悶え方が半端無い。
しかも可愛い声で喘ぎまくる。
お尻が勝手に動きまくる。
膣はうねるわ、締まるわ!!

「出すぞぉぉ!!」

最後に入口まで亀頭戻して、突き上げて押し付けて膣内射精した。
先っぽが奥(子宮)に当たってた。

ブシュッ!

強烈な射精になったよ。
頭のてっぺんまで快感が走って、最高じゃん!って思った。
インサートから3分ぐらい?
たったの3分!!

「ああああーーーー!ックーーーー!」

有紀も声あげて屈曲状態でエビ反ッてイッた。
俺の射精にあわせて下腹部を俺に押し付ける感じで動いた。
『もっと精子入れろ!』って感じだったよ。
凄いよコイツ!って思いながら膣内射精しまくった。
グッタリ抱き合ってると・・・。

「克也君・・・こ、今度はバックでして。あとね・・・入れながらお尻叩いて。スパンキングって知ってる?・・・う、うん。そう、外人がやるよね?それで、私のお尻思いきり叩いて」

俺焦った。
叩いたことなんかない。
スパンキングって。
やっちゃっていいんか?痛いんじゃないか?

再勃起してから根本まで入れて、そのままインサート状態で有紀をゆっくり転がしてバック体勢にした。
有紀はお尻をグイッ!と持ち上げて俺のチンポが奥まで入るようにした。

「有紀ちゃん、いいの?マジで?」

有紀は何度も頷いたよ。
もう一度根元までねじ込んで密着させた。
動かずにお尻を平手打ち。

パシッ!

その瞬間・・・。

(ウワッ!すごい!なんちゅう動きなんだ?)

締りながらのうねるって言えばいいのかな?
快感でパシ!パシ!お尻を叩いた。
ピストンしなくても気持ちいいったらありゃしない。
叩くたびに、「ああ!!いい!!いい!いいのぉ!」って喘ぎ声がデカくなる。

そろそろ動くか、ってことで突き入れながらお尻を平手打ち。

パシッ!
うぉぉ!!締まる!!

突き上げと同時に膣内全体がギューッ!って、なんだこりゃ?
パシパシ叩きながらパン!パン!音立てて激突きした。
・・・でも、俺が我慢できなかった。
あっという間に発射だ。
で、もう一度、奥に突き入れて止まった。
そのまま背面から有紀のおっぱいを両手で握って揉みまくった。
勃起乳首を指で摘んで強引に引っ張った。
(痛いかな?)と思ったが・・・。

「ヒィーーー!・・・痛いぃ!・・・でもいい!いいのぉぉぉ!」

乳首を引っ張ったままコリコリと指で強く摘んでみた・・・有紀絶叫!!

「イクゥゥーーー!!」

オマンコの中の締め付けがアップ!!
強烈な締めでした。
締めながらうねって俺のチンコ全体をギュウギュウとマッサージしてきた。
有紀のってすげぇ!!

「有紀ちゃん!俺も!」

射精感がこみ上げると同時に膣内に発射してしまった。
この時から有紀を過激に攻めるエッチが定番になりました。
ソフトなエッチは嫌がります。
有紀の淫乱さはどんどん増していきました。

休みの日。
有紀が遊びに来て、ソファに座ってコーヒー飲もうかってカップをテーブルに置いて有紀の隣に座った途端、押し倒された。
有紀が俺のGパン引きずり下ろすと、パンツからまだ勃起してないチンコを引きずり出して強引にフェラを始めた。

「ちょ!ちょっと待てって!何すんだって!」
「ジュブジュブ・・・溜まってるでしょ?1週間ぶりだし」

「お前さぁ・・・コーヒー冷めちまう」
「いいの。ジュル・・・ジュプジュプ・・・」

もう涎タラタラでチンコ咥えてフェラ開始。
舌の動きがえげつないと言うか、とにかくこんなの初めてだった。
過激な刺激で数分経たずに口内射精してしまった。

「ムーーーーーッ!」

有紀が呻いて吸引しながら迸る精液を全部口に溜めてました。
終わってチンコから口離して俺の顔見て薄っすら笑いながら・・・、ゴックン!!

(飲んじゃったよ!!こいつ!!)

「濃いねえ。溜めてたんだね?まだイケそうだわ」

小さくなったチンコを再度咥えた。
この時、俺は初めて男の潮吹き体験をした。
咥えながら片手で扱いてきた。
しばらくして違和感を感じたよ。
何かが出そうな・・・ションベンとも違う。

ビュッ!ビュッ!

何かが飛び出した!!
射精と違う快感だった。

「ん!!ん!」

有紀が呻いた。

「待てって!!出てる!なんか出た!!」

俺を見上げて構わずフェラ&激扱き。
何回出たか忘れたが、有紀の口に潮吹きまくってしまった。
ゴクンと飲んで・・・。

「潮が出たね?ちょっと休憩しようね?」

俺の隣に座ってコーヒー飲んだ。
俺、我慢できなくて、スカートの中に手を突っ込んでパンツの上から有紀のオマンコを触った。

「触りたいの?うん、いいよぉ。ずっと触っていいよ」

もう有紀の体にどっぷり状態。
その晩、2回発射して、有紀に被さって爆睡。
朝目が覚めて、トイレに行って戻ったら、赤ショーツ丸出しでうつ伏せ寝してた。
お尻の形がいいから赤ショーツがエロすぎ。
朝から勃起!!

「有紀ぃ~、立っちゃったよぉ」

「うーーん・・・オハヨッ・・・立っちゃったの?・・・うーーん、いいよぉ~」

そう言いながらケツを上げて、膝立ててバックスタイル。
上半身はベッドにベタ~。
エビ反りポーズだった。
眠いのか枕抱えてた。

「はい、どーじょ・・・中出しでいいよぉ・・・眠いぃぃ~」

「いいのか?じゃあ、入れちゃうよ」

「うーーーん・・・どうじょ~」

俺、有紀のケツに回り込んで真っ赤なショーツずり下げた。
オマンコを指で開いたら、もう濡れてた。
急いでパンツ脱ぎ捨てて勃起チンポ握って亀頭を膣口に当てた。
ズリューーーッ!って感じで一気に根本までインサート。

「うーーーん・・・ふぁ~(あくび)」

半寝状態だが、有紀の中はいつも通りの激しい動きでした。
パンパン突きまくって2回膣内に大量に射精した。
有紀は終わるまで枕抱えて寝てました。
起きないというか、まどろんでる感じ。
終わって、チンポ抜いて、有紀のショーツを持ち上げて穿かせてから、俺ももう一眠り。

「克也くーん・・・出た?・・・たくさん?」

「ああ。2回出した」

「そっかぁ・・・ふぁ~~~ぁ(大あくび)・・・寝よっ?」

有紀が俺に抱きついてきて、そのまま昼まで爆睡。
寝てて、俺は重くて少し目が覚めた。
有紀が俺の上に乗ってた。
乗ってただけじゃなくて、インサート状態で俺の上でグーグー寝てた。
あとで知ったが、インサート状態で俺は寝ながら有紀の中に2回発射したらしい。
朝から合計4回!!
有紀の赤ショーツが転がってた。
俺のザーメンでグチャグチャで気持ち悪くて脱いだ。
で、勃起してたからインサートして寝たって。

有紀はクンニが大好き。
俺も有紀の感じる顔、イキ顔を見るのが楽しくて、好き勝手にオマンコしゃぶって舐めまくってる。
有紀のオマンコは臭くない。
ってか、ほぼ無臭。
ダダ漏れのジュースも飲んでる。
すんげぇ喜んでくれる。
クンニ&指インサートで有紀は3回はイッちゃうし。

後はおっぱい。
吸われる。
噛まれる。
舐められる。
揉まれる。
全部が快感だって。
背中も性感帯。
お尻も。
もちろんクリトリス、ビラビラも。
全身性感帯みたいです。

ただ1ヶ所だけはNG。
それはアナル。
さすがに有紀はアナルだけは嫌って言ってます。
触ったりするのはいいけど、舐めたり、指入れはだめ。
もちろんチンポなんかマジ拒絶する。
有紀が言うには・・・。

「だってぇ、ここってウンチするとこだし、汚いでしょ?腸の中は大腸菌いっぱいだよ?克也君のオチンチンが汚くなっちゃうよ?病気になっちゃうよ?だからだーめ。それに痛いって聞いたことあるし。穴が裂けちゃうんだって!怖いよね?」

でも、それ以外なら何でもOK!!
フェラと言ってもイラマチオ。
根元まで咥え込む。
亀頭が喉に達してるのがわかるもんなあ。
そのまま涙流しながら吸って、しゃぶって、舌でチンポ舐めまくる。
有紀のフェラテクは尋常じゃない。
上手いとかそういうレベル超えてるよ。
根本まで咥えたまま発射!
ゴクゴク喉が動くのを亀頭で感じながら発射。
これ、はまるとやめられない。
普通のフェラの倍は気持ちいいし。
何より征服感だな。
有紀が生理期間はフェラ、イラマチオで俺のが勃起しなくなるまで発射させてくれる。
1時間近く咥えられて、ふやけてしまったことがあったしね。

一度、有紀に言ったことがある。

「有紀・・・あのさぁ、お前って俺の便所みたいな女だな?いや、恋人なんだけど俺の好きなように何でもさせてくれるじゃん?嫌がらないじゃん?なんで?」

じーっと俺見て・・・。

「え?・・・うん、便所だよ。私。克也君専用のね。おトイレ。だって好きな人なら何されてもいいもん。気持ちいいし。こんな私をたくさん愛してくれるなら何でもするし。だって大切な人だから。ん?変かなぁ?でもさ克也君も満更じゃないでしょ?この体。・・・あはは、またあ、おっぱい揉んでる。いいでしょ?これ?でしょ?私さ、克也君に触られるのだーい好き。だからいいの。気にしないの。わかった?」

珍しいってか、その台詞で俺、有紀に惚れ直した。
いつ求めても平気、嫌がらない。
逆にせがんでくるし甘えてくる。
可愛くってね。
こんな彼女と毎日いられたら・・・、きっと子供作っちゃうかもしれない。
と、時々思う。
妊娠させて俺の物にしたいってね。

「妊娠?あははは。それはさ、ほんとに克也君が結婚したかったらいいよ。でも、今はだめ」

「なんで?」

「ふふふ・・・」

有紀は笑って答えてくれなかった。
ちと不安。
もしかして他に男いるのか?二股?
聞いたら・・・。

「それはないわね?絶対にない。私そういう酷いことする女じゃないし。一人の人だけにこの体をあげたいし」

嬉しくって、むちゃくちゃ攻めてしまった。
4回中出し!!

これからも有紀とエッチを楽しみたいし、もっともっと色んなエッチしてみたいと思ってます。
いつまでも続けばいいなあ・・・。

初投稿なので、下手な文章ですみません。
読んでいただきありがとうございました。